Keeping on drawing pictures saved my life part2

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

original thread: 絵を描き続けたら人生救われた

202 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:02:08.51 ID:C73jG/nL0
板尾「ならさ、そに子ちゃんも大学受験終わったら華丸と一緒に一度
ウチの美大おいでよ。色々楽しいよ」
そに子「ありがとうございます…!華丸さん、行こうね…!」

多分この時俺は顔真っ赤だったんじゃなかろうか。
だって、突然好きな子が隣にいて、自分の方見て話しかけてる
って状況になってるんだ。
メシ食べるのもなんか無理やり行儀よく食べようとしたりしてた。

Itao “then Soniko chan should come to my art university as well after exams, together with Hanamaru, things are fun out there”
Soniko “thank you very much…! let’s go together, Hanamaru san…!”

guess my face was all red that moment
I mean, suddenly side by side with my crush, her talking to me
that kind of situation
I even tried to eat with forced good manners

203 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:08:50.25 ID:C73jG/nL0
板尾「そに子ちゃーん、華丸のどこがいいのさー?」
は、始まった。板尾の悪ふざけタイムである。
昔からこういうお調子者気質な所が彼にはあるのだ。

テンパッてる俺を見て面白くなったんだろうなw
そに子「い、いえ…別にそんなわたし…」
板尾「そに子ちゃん実際学校とかでモテるんじゃないの?」
そに子「いえわたし女子高だし男子いないんで…w」

板尾は俺に気を使って場を盛り上げようとしているようにも見えた。
俺も頑張ってそに子に色々話しかけた。

そに子は終始笑ってくれていた。
とても楽しい時間だった。

でも俺たちの一日はまだまだ終わりではなかった。

Itao “hey Soniko, whta’s so good about Hanamaru?”
i-it’s on, Itao’s prank time
he was always like this, a naughty guy

guess he got excited seeing me losing my cool lol
Soniko “we-well, not really, I…”
Itao “aren’t you actully popular with guys at school, Soniko chan?”
Soniko “well, it’s a girls’ school so no boys out there…lol”

Itao seemed to try to keep up the conversation for me
I treied hard to talk to Soniko about various stuff as well


Soniko was smiling all along
it was a really good time

but our day was not over yet, not at all

205 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:12:58.49 ID:C73jG/nL0
俺は、このサイゼリヤで話したことは、今でもハッキリ覚えてる。

板尾とそに子と美大に遊びにいく約束をしたことも。
ただ、なんてことないものだと思っていた。

当然いつか実行できる約束だと思っていたし、何より浮かれていた。
この時交わしたこの何気ない約束が、のちのち俺の人生をまた微妙に変えてしまう。

this conversation at Saizeriya, I still remember it very well

and that we promised to go to Itao’s collage together with Soniko
I thought it was nothing importnt

I mean, I was sure it was something I’d be able to do someday, more than that, I was kinda excited and careless
this promise we nonchalantly made that day, I didn’t know it would make a little change to my life

207 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:20:19.03 ID:C73jG/nL0
そに子と、板尾の友人と別れて、
俺と板尾は故郷に向かう電車にのりこんだ。
少しだけ、長旅が始まる。

窓の外は真っ暗。一日の終わりだ。
板尾はなんだか静かだった。
板尾「ふう…今日一日マジで疲れたな!!本、完売してよかったわあ」
俺「だよね。本当、なんつーか最高の一日だったよ。
多分一生忘れない。」

after we parted ways with Soniko and Itao’s friend, we hopped on the train bound for our hometown
a litle journey began

outside the window, it was pitch black, the end of the day
Itao was awefully quiet
Itao “phew, it was an exhausting day wasn’t it? I’m really glad we are sold out”
me “yeah, really, what can I say? it was the best day ever for me
guess I wouldn’t forget this day forever”

208 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 19:23:18.07 ID:BpWp/WeD0
追い付いた!
>>1の絵見てみてぇ!
見届けてやるぜぇ

all the OP’s posts covered!
I wanna see OP’s pic!
I’ll be seeing you off

209 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 19:24:57.53 ID:yUkk6pvd0
俺も>>1の絵見てみたいw

I wanna take a look at OP’s pic as well lol

210 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:26:44.20 ID:C73jG/nL0
板尾「思えばさ」
俺「ん…?」
板尾「ここまで来るまで長かった」
板尾は泣いていた。
どうしてそうなったのかよく分からなかった。

板尾「お前が初めてトラウマの事話してくれた時、俺どうしようかって思った」
板尾「女性に関われないって悩むお前見て、本当にどうにかしてやりたかった」

板尾「俺は絵を薦めた。言葉とか励ましよりも、
とにかく何か夢中になれること見つけて欲しかった。」

俺「そうだったね。本当、絵描き始めて良かった」

Itao “come to think of it,”
me “what?”
Itao “it was a long way”
Itao was crying
didn’t know well why

Itao “when you first talked to me about how you were afraid of girls, I thought I had to do something”
Itao “seeing you having trouble interacting with women, I really wanted to be some help to you”

Itao “I told you to draw pictures, I thought things you needed most was something you really got into, not words or encouragement”

me “yeah, that was the beginning, I’m really glad to begin drawing”

211 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:29:19.15 ID:C73jG/nL0
>>208 >>209 期待しないほうがいい、絶対にw
話が完結したら簡単な絵をうpしてもいいかとは思うんだけど
うpろだとか、ここに絵をあげる方法がよく分からないのよね…w

>>208
>>209
you beter not have high hopes lol
when I’m finished, I can post it but don’t know how to upload pics… lol

212 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:34:12.90 ID:C73jG/nL0
板尾「お前に絵を薦めたことも、本当は良かったのかどうか
ずっと悩んでたんだ…昔言ったろ?
絵を描き始めてから華丸は人と距離を置くようになったって」
俺「確かに高校の時よく言ってたね」

板尾「絵を薦めたものの、それが本当に華丸にとって良く働くのか。
俺は無責任なことをしたんじゃないかってずっと悩んでた。」
俺「……」

板尾「でも、それが…」

Itao “I was always wondering if it was a right thing to tell you to draw pictures, didn’t I say it before?”
that you came to distance yourself from others after you started drawing
me “sure, you did a lot back in high school”

Itao “though I tould you to start drawing, I was not sure if it was really a good call for Hanamaru
like maybe I said something irresponsible? I had been troubled all long”
me “…”

Itao “but now…”

213 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:41:40.92 ID:C73jG/nL0
板尾「お前は絵を大好きになってくれて、今じゃ
こんなにコミケ一緒に出るくらいまで上達した。まぁまだまだ下手だけど…」
俺「泣きながらそれ言うかねw」

板尾「それでそに子ちゃんだよ。あの子が現れてくれて…
異性不信だったお前がまた女の子と普通に楽しく接せられるようになって。」
板尾「本当によかったよ…本当に。
お前あの子大切にしろよ…」

板尾はずっと顔を隠して泣いていた。
俺もだんだんつられて、涙目になった。
ずっと板尾に
「ありがとう、ありがとう」
って言ってた気がする。

Itao “but now you really love drawing
and you even got better enough to exibit works together in Comiket, well, you’re still not good enugh though…”
me “is that a line from a crying guy? lol”

Itao “and Soniko chan, she showed up for you and a guy who had gynohobia again began to get along with a girl”
Itao “I’m really relieved…, really,
you gotta take care of her…”

Itao was hiding his teary face the whole time
seeing that made me almost cry too
guess I was repeatedly speaking to Itao
“thank you, thank you”

216 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:49:01.86 ID:C73jG/nL0
このへんでとりあえずコミケ編は一段落。

俺は実家に帰った。
実家といえば天国、大晦日は紅白見ながらコタツにいれば
自動的に料理が出てくるw

俺はしばし実家を堪能することにした。
でも俺は肝心なことを、忘れていたんだ…
そう、あのメールを…

now the Comiket chapter ends

I went back to my parents’ home
it was almost heaven, on new year’s eve, lying in kotatsu watching Kouhaku(Kohaku Utagassen, Japanese music TV show, one of the most traditional programs aired on new year’s eve every year), your meals were automatically coming up for you lol

I tried to enjoy the time with parents to the fullest
but I had forgotten about something important…
you guessed it, that mail…

217 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:55:59.72 ID:C73jG/nL0
意外なことに、美保はあの
「久しぶり」
というメール以来メールをしてこなかった。

でもその音沙汰の無さっぷりが、逆に不気味に感じられた。
一体何が目的だったのか…大晦日の実家のコタツで、
俺は自分のケータイを見ながら悶々としていた。

surprisingly, Miho hadn’t made any contact with me after that it’s-been-a-while-mail

but how she kept her silence was all the more ominous
what was she trying to do…? on new yaer’s eve, fiddling with my phone in the kotatsu, I felt uneasy

218 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 19:59:10.75 ID:C73jG/nL0
そして年越しの瞬間。
おれはそに子や板尾たちにあけおめメールを送ろうと必死だった。
5,4,3,2…
俺「よっしゃ年越し!ジャンプ!!」
兄「うるせえな」

俺は毎年年越しの瞬間にジャンプをする。

and the moment the clock strikes midnight,
I was trying really hard to send happy new year mails to Soniko, Itao and the others
5, 4, 3, 2…
me “now, new year! jump!!”
bro “keep it down”

I jump at midnight of new year’s eve every year

220 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 20:03:58.19 ID:C73jG/nL0
「あけましておめでとうございます!!」
ウチは毎年年越しの瞬間はジャニーズのライブのテレビと決まっていた。
新年を迎えた。去年は色々進歩の年だった。
今年はいい年になるだろうか…

これから良い事なんて何一つ無いとは知らずに、
当時の俺はのんびりそんなことを思っていた。

年を越した瞬間、携帯にたくさんメールがきた。

“HAPPY NEW YEAR!!”
we made it a rule to watch the Johny’s live concerts(a live concert by Johny’s singers held on 31st December every year) on TV
the new year arrived, I made a huge progress last year
I wonder if this year would be a good one as well…

not knowing nothing good would happen,
I thought to myself nonchalantly

the moment it passed midnight, I got many mails

222 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 20:08:51.56 ID:3y9vRRh/0
何かいやな予感が。

I think this isn’t gonna be good

223 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 20:11:06.81 ID:C73jG/nL0
たくさんの新年メール。
メールはそに子に、板尾に、高校のクラスメイトに…

美保もいた。
なんとなく予想はしていたが…

もっと体調が悪くなると思ったが、実際そうでもなかった。
なんでだろう、今でも分からない。
年明けテンションなのか、なんなのか。
俺はそのメールに返信してしまった。

ただ、スルーしておけばよかったのだ。

tons of happy new year mails
from Soniko, Itao, friends from high school…

and Miho as well
I kinda saw it coming…

I thought I’d feel much sicker but it wasn’t the case actually
I wonder why, don’t know even now
maybe out of the new year elation or something
I sent back to her

I just should’ve ignored it

225 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 20:16:32.95 ID:C73jG/nL0
俺はそに子のおかげで異性不信もすっかり良くなっていた。
だから思わず気を許しちゃったんだろう。

送ってくるメールの内容もひたすら普通だったし、当時のことも
本当に悪いと思っているようだったから。
ただ、相手は自分を異性不信におとしめた根源だってことを、忘れてた。

正月ってヒマでしょ?割とみんな、社会人も。
だからメールとかすごいしちゃうんだ、無駄に。

美保とのメールで、
けっこうな事を話したと思う。今行ってる大学、美術部にいること…

thanks to Soniko, I completely came back from gynophobia
that’s why I let my guard down I think

I mean, her mails were nothing out of the ordinary and she seemed to be really sorry for what she did back then
but I forgot about how I suffered gynophobia thanks to her

you know, everyone gets some free time in Syogatsu(the first three or more days of the year, no work or school)
so you happen to spend much time on texting or something

in the text exchange with Miho, I talked a lot I guess, about uni, art club…

227 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 20:22:53.18 ID:C73jG/nL0
俺だってこの時は美保のこと基本普通な子だと思ってた。
だからきっとあの時は何かの間違いで、彼女もおかしかったんだ…
そう思ってた。というか、そうであって欲しかったんだと思う。

このメールしてた時は、
美保は普通な子だったんだ、だからあのトラウマももういいんだ、
っていう証明みたいなものが欲しかったんだと思う。

う~ん、わかりづらくてゴメン。
この時の心境は、自分でもよく分からないんだ。

this time, even I thought Miho was an ordinary girl
so back in high school, there was something wrong with her and she freaked out like that…
I thought that way, no, I wanted to think that way

when I was texting, Miho was just an ordinary girl, so just forget the old traumatic event, guess I wanted some ceartificate to put it behind

erm…, sorry it’s kinda hard to put into words
even I don’t know well how I felt back then

228 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 20:31:20.54 ID:C73jG/nL0
それから、またすっかり美保からの連絡は止んだ。
俺はほっとしていた。色んな意味で。

その頃だったか。
3月にまた美術部で割と小規模だけどまた展示会があることを聞いた。
さらに、板尾と二人で次の夏のコミケにサークル参加の申し込みもした。

よし、またお絵描き頑張ろう。
色々動き始めている気がした。なんていうか希望や展望に満ちてた。

then, Miho stopped texting me
I got relieved, in many ways

guess that’s when I heard they were gonna hold a little art club exhibition in March
plus I applied for summer Comiket as a circle with Itao

okay, I’ll work on drawing again
felt like many things were getting started, like it brimmed with hope or prospects

236 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:12:33.21 ID:C73jG/nL0
年が明けて、俺は生まれ変わったようだった。

色々やりたいことが見えてきて、ワクワクしてた。
まず、心配だったのはそに子の受験だった。私立なので2月に受験だと言う。

なので連絡もあまりとれなかったが、定期的に、本格的に勉強のことを
質問してくる電話がかかってきた。
一生懸命だし、頼ってくれるのはとても嬉しいことだった。

in the new year, I felt like I was born anew

with many things I wanted to do ahead of me, I was getting excited
what I was worried about was Soniko’s entrance exams, it was a private uni so she gotta take exams in February

so couldn’t contact her that much but she sometimes called me about exams
she was really diligent so I was really glad to be some help

237 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:16:14.55 ID:C73jG/nL0
そに子も頑張ってるし、俺も展示会に向けてまた絵を頑張ろう。
それからはそに子の心配をしつつ自分もひたすら絵を描く日々だった。

そに子が大学に受かっていれば、そに子も展示会を見にこれる。

前回は板尾に頼ってばかりだったけど、今回は自分一人で
描ききって、板尾をビックリさせてやる。

Soniko is working her butt off so I’ll do my best drawing for the exhibition as well
worring about Soniko, I was just drawing and drawing 24/7

if Soniko passed the exams, she would be able to go to the exhibition too

last time I was always relying on Itao but this time I’ll finish drawing myself and show him what I’ve got

238 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:19:29.82 ID:C73jG/nL0
2月某日。
俺の大学の入試の日だった。

俺は力になってやろうと思って、
キットカットを買ってスケッチブックを持って大学へ走った。
走ったと言っても電車に乗って行ったのだが。


on a certain day in February
it was the entrance exam day at my university

I wanted to help her in any way so bought Kit Kat(a chocolate snack by Lotte) and hurried to uni
that said, I just took a train though

239 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:24:19.51 ID:C73jG/nL0
先回りしようと俺は急いだ。
生活リズムのおかしかった俺は、久々の早起きで
息上がりまくり、貧血気味でフラフラだった。
そに子に電話した。
俺「はあはあ…今…どこにいる感じ?」
そに子「さっき駅出て…もうすぐ大学に着くよ」
俺「そっか…頑張ってね…」
(よし、このまま正門で待ち伏せだ…)

I tried to beat her to uni and wait for her
because I was keeping weird hours, getting up early for the first time in ages rendered me anemic and panting, I almost passed out
I called Soniko
me “*pant* *pant*, where are you now?”
Soniko “just got out of the station earlier, I’ll be at uni shortly”
me “really…, do your best…
(okay, I’ll ambush her at the main gate…)”

240 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:31:27.32 ID:C73jG/nL0
俺は前日までにたくさん絵を描いた。スケッチブック一冊くらい。
しかし、合格祈願とか、そういったイラストではなかった。
最初はむしろ渡すつもりも毛頭なくて、好きに落書きしていた。

でも、この絵をそに子に渡したらどうかな…と脳裏によぎった。
合格祈願とかそんなんじゃなくて、
試験前とか休憩中に、俺の絵見たら少しはリラックスできるんじゃないかな
と思ったのである。

なので俺はスケッチブック一冊好きに落書きしたものを、当日そに子に渡そうと決心したのである。

I drew tons of pictures by the day, like a whole sketchbok
but it wasn’t about wishing for her passing tests or anything
at first I just drew random stuff to my heart’s content because I wasn’t intended to give it to her

but the idea of giving it to Soniko just crossed my head

so I decided to give the sketchbook full of graffiti to her on the exam day

241 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:37:42.44 ID:C73jG/nL0
俺「あ、そに子…」
そに子「うわ!華丸さん…どうしたの?」
俺「これ…あげるよ…頑張ってね」
そう言ってキットカットとスケッチブックを差出す。
そに子は怪訝そうな顔をしてスケブをまじまじと眺めた。

でもすぐに笑顔になって、
そに子「何これ、バカみたいw」と言って笑った。
俺「いいから、頑張れよ」
俺は少し恥ずかしかった。
そに子「ありがとう、頑張るね…」
そに子はそういって校門をくぐっていった。緊張が解けたようで嬉しかった。

me “hey, Soniko…”
Soniko “oops! Hanamaru san…, what’s up?”
me “here, you can have this, do your best”
with that, I gave Kit Kat and the sketchbook to her
Soniko flicked through the sketchbook with a suspicious look on her face

but she got her smile back soon and
Soniko “what’s this, it’s lame lol”, she was laughing
me “just do your job”
I was kinda embarassed
Soniko “thanks, I’ll do my best…”
then Soniko went through the gate, I was glad bacause she seemed relaxed

244 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:39:53.91 ID:C73jG/nL0
少々気付いてる人もいるかもしれないが、
俺は恋に落ちると好きになった相手しか見えなくなるフシがある。
そして少々やりすぎてしまうことがある。
この件もそうだった。

でもそに子は俺にひくどころか喜んでくれた。
本当に良かったと思う。

maybe you already noticed it, but I get kinda blind when I fall in love, like only the love interest in view
and I go too far
that was the case this time as well

but Soniko didn’t even get bothered, rather she smiled
I was really happy

245 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:43:47.99 ID:C73jG/nL0
この日はなんだか本当に楽しかった。
受験っていう緊張感もあったからか、なんだか非日常の世界にいる気がした。

たくさん絵を描いたのも、駅から大学まで走ったのも、そに子を待ちぶせたのも
全てが楽しかった。バカなことしてるなあと思った。

でも、そんな自分がなんだかかっこよく思えて、
そに子と自分だけの世界があるような気がした。
本当に恋してたんだと思う。

it was an exciting day really
probably because of tention of entrance exams, it was like I was in an extraordinary world

drawing many pics, dashing from station to university, and waiting for Soniko
everything was just fun, like I was doing something stupid
but me ding those thins even looked cool, I mean, I really fell in love with her, felt like there was a world where only Soniko and I were in

247 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:56:16.74 ID:C73jG/nL0
そんなこんなで、とりあえずそに子の受験は一段落した。
あとは神に祈るだけだった。

俺はといえば、3月に迫った展示会の絵に向かい合った。
途中経過を板尾に見てもらった。
板尾「まだ細かいとこはあれだけど、なんつーかすげえ気持ち篭ってるな」
俺「今回の展示会は賭けてるからね」
板尾「なんかいつもそう言ってないか…」

that’s how we spent the day and her tests ended
at that point all I could do was just wish for her

on my side, I gotta face the work ahead of the exhibition held in March
I asked Itao for some advice halfway through
Itao “you still gotta work on details but I feel your spirit, really”
me “yep, I’m betting on this exhibition after all”
Itao “you’re always saying that aren’t you…?”

248 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 21:58:41.72 ID:C73jG/nL0
板尾「次のコミケさは」
俺「うんうん」
板尾「二人で合同本にしよーぜ。なんか一つテーマを決めて。」
俺「あーいいねそれ。すげえ楽しそうじゃん」

板尾「金髪ツインテとかどうかなw」
俺「なんだそれwなら俺はショートヘアの女の子を推すw」

前回個人本だった俺たちは、次のコミケは合同本を出すことにした。

Itao “about next Comiket”
me “yeah, what?”
Itao “how about we publish a joint book? like we choose a theme and…
me “oh, sounds like a plan, it must be fun”

Itao “how about blonde pigtails lol”
me “what’s that lol then I’d go with short haired girls lol”

last time we pulished our own individual books so this time we decided to go with a joint work for Comiket

249 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:03:01.62 ID:C73jG/nL0
展示会も迫る中、そに子の受験の合否が出た。

そに子は見事俺と同じ大学に合格した。
そに子から電話があって
そに子「わたしやりました、やりました…うう…」
俺「あれだけ頑張ってたもんねえ」

もちろんどれだけ頑張っていたかは知っていた。だから自分のことのように
嬉しかった。本当に嬉しかった。

with the exhibition right around the corner, Soniko’s test results come out

Soniko did her best and passed my collage’s exams and got accepted
then I got a phone call from Soniko
Soniko “I did it, I really did…”
me “yeah, you totally deserved it”

of course I knew how hard she worked, so I was really happy for her, absolutely I was

250 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:06:04.85 ID:C73jG/nL0
これでそに子も展示会に遊びに来れる。
それどころか晴れて同じ大学に通えるんだ。

もうるんるんだった。
展示会の絵も筆が乗って、いい感じに進んだ。
展示会が楽しみで仕方なかった。

now she can come to the exhibition, more than that, she can go to the same collage as me

I was on cloud 9
my drawing went well too
couldn’t wait for the exhibition

252 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:11:40.33 ID:C73jG/nL0
そして展示会当日。
俺は去年の6月の展示会のようなヘマをすることは最早なかった。
力仕事もするし、部員たちとも男女問わずわりと打ち解けていた。

新部長「華丸よく働くねーw」
新部長は一個上の先輩でこれまた女性だった。
俺「まあ当然ですよねww」

俺にとって展示会はそに子会えた貴重な場だった。
だから展示会はすごくいい気分になれた。

しかし俺はこの展示会についてある一つのヘマをしたことを忘れていた。

and the exhibition day
I didn’t make a mistake like I did back in June last year
I had no problem doing manual labor or casually taklking with both male and female club members

new pres “such a hardworker, Hanamaru lol”
new pres was a year senior to me and a girl again
me “well, it’s only natural isn’t it? lol”

for me, it was the precious place where I met Soniko
so I got all comfy at the exhibition

but then I completely forgot how I had made a mistake

253 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:14:40.40 ID:C73jG/nL0
俺は正月のメールで、
美保に自分の現在の大学と、部活を教えていた。
そして美保も今東京の大学にいるらしかった。

そして、ウチの部は割と前からこの日の展示をサイトで告知していた。

当然、この時の俺がそんなことまで頭が回っているはずがない。

in a shogatsu mail, I told Miho where I lived and what club I joined
and it looked like Miho went to a university in Tokyo as well

plus my club made some online publicity for the exhibition for a while

of course that time, I was not smart enough to think about that

254 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:25:30.82 ID:jQoDNafF0
うあああ

NOOOOOOO

255 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:27:10.84 ID:trawTCJV0
くそっ…今日も寝れねぇ…

damn, another all nighter…

256 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:27:29.73 ID:C73jG/nL0
展示会一日目がスタートした。
俺はシフトと関係なくフラフラ街へ出たり、ギャラリーに戻ったりしていた。
俺のシフトは午後だった。
そに子は午前中のうちに来るというので、俺もそれに合わせることにした。

そに子が来て、俺とそに子はギャラリーの近所の喫茶店でぼーっとしていた。
二人でお絵かきしたりして、
なんというか、嵐の前の静けさだったんだろう。
本当にあるんだね、静けさ。

exhibiton day1 began
I went back and forth between the venue and town
my shift was in the afternoon
Soniko said she’d stop by in the morning so I matched her schedule

Soniko arrived then we hit a cafe nearby to kill time
like drawing together
how can I put it? it was the calm before the storm I guess
didn’t know you actually get the calm

257 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:30:16.74 ID:V7u3SwGI0
なんでもないようなことが幸せだったと思うんだよね

nothing special was often happiness in hindsight

258 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:33:44.40 ID:C73jG/nL0
もう少しで正午、ってとこだったかな。
突然、俺の電話が鳴った。
俺「なんだ、遠藤じゃないか…アイツまた女子に怒られたのか?w」
遠藤「あー、華丸?なんかさっきからお前はいないかって聞いてくる
女の子がいるんだけどさー お前またなんか捕まえたのー?w」

俺「あ…マジか…ちょっとわかんないって言っといて…」
(いや…まさか…そんなはずは…)

guess it was almost noon
a sudden phone call struck me
me “oh, it was Endou, I wonder if he again mede girls mad lol?”
Endou “well, Hanamaru? here we’ve got a strange girl asking where you are, you caught another lol?”

me “oh…, seriously…, just tell her you don’t know…”
(no way…, it can’t be…)

259 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:35:15.74 ID:0sUgdEzMO
こええええええ

scaaaaaaryyyyyyy
260 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:37:45.11 ID:C73jG/nL0
そに子「どうしたの…?」
俺「いや、わかんない…でもそろそろシフトだしとりあえず戻らないと、だね」

いや、だってまだ誰か分からない。
嫌な予感はしたけど、女性の知り合いが皆無というわけじゃない。
でも心当たりは一切なかった。
大丈夫…俺はそう思ってそに子とギャラリーに戻ることにした。

Soniko “something wrong…?
me “well, I’m not sure…., but I gotta go back for my shift, right?”

well, I mean, I’m still not sure
though it felt ominous, it wasn’t like I had zero female friends
but I couldn’t come up with any girl other than that one
it’s gonna be okay…, speaking to myself, I got back to the exhibition together with Soniko
261 :名も無き被験体774号+:2011/12/12(月) 22:37:48.74 ID:ze7E89Fc0
うええええ
怖すぎだろ

noooooooo
too scary
262 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:41:14.36 ID:LUAD+j/xO
見逃せないこの時間…

can’t miss this moment…
263 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:42:11.59 ID:C73jG/nL0
予感的中。
俺は頭が真っ白になった。
そこにいたのは紛れも無く美保だった。
少し大人びてはいたが。

さらにタイミングが本当に最悪だった。俺はそに子と二人でギャラリーに行った。
誰がどう見ても「一緒に来た」状態なのである。
まあその通りなんだが。

spot on
I went all blank
the girl out there was none other than Miho
she looked a little older though

and the timing was worst, couldn’t be worse really, I was there together with Soniko at the exhibition
any way you slice it, it was a we-came-here-together-situation
well, it was the case though
265 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:45:41.69 ID:C73jG/nL0
俺は明らかにおかしくなった。
膝が震えて、動悸が止まらないんだ。
いや、美保自体には最早恐れとかのたぐいは無かったんだが
「ここまで来ている」という状況が本当に怖かった。

なぜここにいるんだ?にわかには信じがたかった。
今だから冷静に分析して正月のメールとか、サイトの告知が…
とか原因は分かるが、
その瞬間はもう、何も分からなかった。

I went completely nuts
my knees shaking and my heart throbbing
no, I wasn’t afraid of Miho herself, but the fact that she was actually standing right there in front of me was horrendous

how come she is here? I couldn’t believe it
looking back now, I know it was because of the mails we exchanged in Shogatsu or pubicity on the websit but I was clueless at the point
266 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:51:14.87 ID:C73jG/nL0
俺「こ、こんにちは…」
美保「久しぶりだね、華丸…、
そっちの子は誰?」
そに子「あ、そに子って言いますハジメマシテ…」

まさに修羅。と思った。。
一体どうなってしまうのか…
でもそうでもなかった。
美保「そっか、可愛い子だね…華丸と仲良くね」
そに子「あ、はい…」

普通である。

me “h-hello…”
Miho “it’s been a while, Hanamaru…
who are you?”
Soniko “well, I’m Soniko, its nice to meet you…”

the very nightmare, I felt that way
what’s gonna happen to us…?
but it wasn’t like that actually
Miho “I see, such a cute girl…, please get along with Hanamaru”
Soniko “oh, I see…”

just an ordinary Miho
267 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:54:31.63 ID:C73jG/nL0
な、なんだ普通じゃないか。
俺はほっとひと安心した。
そう思うと急に馬鹿らしくなって、なんか楽になった。

俺がシフトで受付をしてるあいだ、そに子と美保はずっと一緒に展示を見たり、
近所の店にフラつきに行っているようだった。

sh-she’s totally okay isn’t she?
I got relieved
then suddenly I felt a fool for being a worry wart, a weight off my shoulder

during my reception shift, they seemed to go look around the exhibition or hit some shops together
268 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:55:37.24 ID:6KfVqkW/0
一緒にしたらこわい

you can’t put them together, it’s scary
269 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:56:00.25 ID:K/pfIAmg0
嫌な予感しかしない

what are we in for?
270 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 22:57:56.42 ID:C73jG/nL0
俺のシフトが終わる頃、
美保「じゃあね華丸、頑張ってね。」
とだけ言ってあっさり去って行った。一体何だったのか。

俺もシフトが終わったので帰ろうと思って、そに子に電話した。

俺「そろそろ帰るんだけど、一緒にマックでも寄ってこうよ」
そに子「うん…」
やけに暗い声だった。

around the time my shift ends,
Miho “see you then, Hanamaru, good luck”
with that, she left us soon, what was that all about?

because my shift ended, I called Soniko to go home together

me “I’m going home now, you wanna drop by McDonald’s or something together?”
Soniko “yeah…”
she sounded depressed
271 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 22:58:58.70 ID:6KfVqkW/0
ああ・・・

oh…
272 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:00:39.55 ID:g3IK/tkJ0
ひぃぃ

damn
273 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:01:15.23 ID:LUAD+j/xO
うわわわわわ
わわわわわわわわわわわわわわわっ!!!!!!!!

NOOOOOOO
NOOOOOOOOOOOO!!!!
275 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:02:52.19 ID:C73jG/nL0
俺「いやー腹減った。俺何たべよー。そに子は?」
そに子「………」
いやに静かだった。一体どうしたんだろう。

席につくと、そに子はカバンも下ろさなかった。
俺「へ…どしたの…?」
そに子「美保さんは…華丸さんの高校時代からの彼女さんなんですか?」
俺「は?」

me “phew, I’m starving~, what should I eat~, what about you Soniko?”
Soniko “…”
awfully quiet, what’s wrong with her?

when she sat on the sofa, she didn’t even drop her bag
me “erm…, something wrong…?”
Soniko “it’s Miho san, is it true she’s been your girl friend since high school?”
me “whaat?”
276 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:03:31.24 ID:zVjSiAs80
え???

huh???
277 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:04:02.45 ID:hf2xHnDj0
みほ恐ろしす…

Miho, a scary girl…div>
278 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:05:35.93 ID:0sUgdEzMO
メンヘラってあることないこと言いふらすからほんとめんどくせぇな

I hate how mental ill patients try to spread fake rumours
279 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:05:44.65 ID:LUAD+j/xO
胸が張り裂けそうな展開…

heartbreaking turn of events…
282 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:08:12.00 ID:C73jG/nL0
なんか知らんがボロボロ泣き始めてる。
そに子「今までわたし華丸さんとすごい仲良しだと思ってて…
私には華丸さんしかいないし、華丸さんもきっとそうだって勝手に」

いやいや、冷静に考えれば俺と美保が付き合ってないなんてすぐ分かるだろ。
どうしちまったんだこの子は。

俺「そんなの嘘に決まってるだろ…!?」

でもよく考えなくても俺はそに子に「好きだ」って一度も言ったことがなかった。
それどころか一緒にいるくせに付き合ってるって形でもなかった。
ただなんとなくいつも一緒にいただけなのだ。

気持ちをハッキリ伝えていなかったから、そに子がこの時こんな風に
なってしまうのは仕方のないことだった。

dunno why but she started crying with big tears down her cheeks
Soniko “until now I thought I got along really well with Hanamaru san…
I mean Hanamaru san was everything to me, so, like, same goes for him I thought…”

wait wait wait, when you think about it, you’d soon figure out Miho and I don’t go out right?
what happened to her?

me “it’s a lie duh…”

but it was only clear, I hadn’t told her my feelings
in fact, though we were always together, we didn’t even go out officially

because I didn’t express my feelings clearly, it was only natural for her to react to Miho’s words like this
283 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:12:46.58 ID:C73jG/nL0
そに子「わたし今日は先に帰るね…」
そに子は泣きながら笑顔を作って店を出て行ってしまった。

俺「いや、ちょっと待てよ…!?」
ああ、一体どんなこんなことを言われたんだろう。

辛いのに我慢して俺と一緒にマックまで歩いてきたのだろうか。
俺はこの時そに子に気持ちを伝えていないことを本当に後悔した。

Soniko “I’m going home alone today…”
Soniko left with tears and a smile on her face

me “no, wait…!!”
damn, what did she tell her?

I wonder if she walked along with me to Mcdonald’s when she was heartbroken…
at this time, I really regretted that I didn’t confess my feelings to her
284 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:14:14.81 ID:0sUgdEzMO
そに子…

Soniko…
285 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:14:55.97 ID:ECR1trN6O
こっちまで動悸してきたぁぁあああああああ

even my heart’s throbbing nowwwwwwwwww
288 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:18:12.67 ID:C73jG/nL0
そに子はこの日電話に出ることは無かった。
ある種また異性不信になりかけた。

詰んだ。と思った。
と、同時に美保に対して恐れではなく怒りが湧いた。
展示会は明日もある。
もしかしたら明日も来るかもしれない。そこで、ガツンと言ってやる。
そう決心したが、内心はすごい怖かった。

in the end, Soniko didn’t pick up the phone that day
you could say I got another gynophobia

I thought it was over
at the same time, instead of fear, fury against Miho rose up inside me
we have the exhibition tomorrow as well
maybe she will be here tomorrow too, I’ll make it clear to her there
despite the resolution, deep down, I was afraid of her
292 :名も無き被験体774号+:2011/12/12(月) 23:21:45.71 ID:ze7E89Fc0
あーあメンヘラって怖えぇわ


jeez, mentally ill people are literally scary
295 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:23:42.63 ID:C73jG/nL0
二日目。
俺はシフトもないのにギャラリーの隅っこで体育座りしたりフラフラしたり
アイス食ったりして時間を潰していた。
やるせない気持ちでいっぱいだった。

きっといつかアイツが来る…。
すると、ギャラリーの奥でぼんやりしていた俺を呼ぶ声があった。

day2
though I had no shift that day, I was roaming around, sitting in the corner of the venue holding my knees, or just eating some icecream trying to kill time
I was brimming with frustnation

I’m sure she’ll come here today…
then a vague voice calling out to me was heard from the other side of the gallery
299 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:32:36.58 ID:C73jG/nL0
部活の女子「ちょっと~華丸の彼女とか言う人きてるよ~」
は?
そこには美保が立っていた。
俺は流石に怒った。普段からビビリだけど。

俺「お前がいつ俺の彼女になったんだ!?」
俺「そに子に何を言った!?正直に言え!!」

もう全力だった。でも声は震えてたと思う。
美保「いや…別に華丸はわたしの彼氏だから、近寄るなってカンジに…」
美保「まあ、そりゃぁ嘘ついたけどね」

girl from club “hey~, your girl friend is here~”
what?
Miho was there
even I got rageous, I was chicken usually though

me “since when have you been my girl friend huh?!”
me “what the hell did you say to Soniko?! be honest with me!!”

I mustered up everything I had, but my voice was shaky I guess
Miho “well, it’s just she better stay away from Hanamaru cuz you’re my boyfriend, or something like that…”
Miho “well, you know, it was a lie though”
301 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:34:51.25 ID:g3IK/tkJ0
最低な女だ…

worst woman ever…
303 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:35:23.25 ID:dXnXFJs0O
ミホ最っ低!わなわなした

Miho the worst! I’m shaking
306 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:39:23.82 ID:C73jG/nL0
俺「もう…分かった…。もう二度と俺の前に現れないでくれ…
お前も俺も、関わったら良い事ないんだよ。分かるだろ?」
美保「でも、わたしはそれでも…」
俺「その気持ちだけでいいから…俺たちはダメなんだ、ごめん」

どれくらいの時間、何を話しただろう。
美保も案外悟ったのか、俺が予想を逸して怒っていたからか、
静かになって帰っていった。

とてつもないエネルギーを使った気がした。

me “enough is enough…, please, never ever show yourself in front of me…”
for both of us, we can’t be happy together, you know it don’t you?
Miho “but, even so…, I…”
me “I know how you feel, but we can’t be together…, sorry”

I wonder how long and what we talked about
I wasn’t sure if it was because she was more perceptive than I thought she was, or because I was unexpectedly furious, but she got quiet and left anyway

felt like I used up tons of energy there
314 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 23:53:59.69 ID:C73jG/nL0
全身全霊で美保を追い返した俺は、なぜだか泣きそうになった。
どうしたらいい?

そに子はもう2度と戻ってこないんじゃないかとも思った。
そに子に戻ってきてもらうためには、過去のことも、全部話さなければならないと思った。
話したところで信じてもらえるだろうか…?
離れたそに子の心を戻すためには、
やっぱり板尾の協力は絶対必要だった。

幸い、板尾とそに子は面識もあったし、普段からそに子に板尾の話をよくしていた。

driving Miho away with everything I had, for some reason, I almost started cryingwhat should I do?

I thought Soniko would never show up in front of me again
to get her back, I thought I had to tell everything to her including the past between Miho and me
I wonder if she’d buy my story…
to regain her feelings now away from me, Itao was definitely the guy I needed

fortunately, Soniko met Itao before, plus I always talked to him about her
315 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:55:26.19 ID:9Cas4Uon0
板尾が素晴らしいな
こんな友達欲しいと思うマジで

Itao a splendid guy, I really want a friend like him, seriously
318 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 23:58:57.32 ID:6KfVqkW/0
板尾に奪われる予感しかしない・・・

feels like Itao snatching Soniko is the only plot I can see coming…
319 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:03:44.02 ID:i8RmR7sP0
それからしばらくしてから、俺はそに子に電話をした。
もうすぐ入学式とかも近い頃だったろうか。なんとか入学式は
笑顔で一緒に過ごしたかった。

俺はそに子をファミレスに呼び出した。会って話すのが一番だと思った。
そこには板尾と、もうひとり、高校時代のクラスメイトである市原を呼び出した。
(彼は市原隼人に似ているので)
市原は板尾以外にトラウマのことや俺が絵を描いている経緯など唯一知っている友人だった。

after a while, I called Soniko
entrance ceremony had been around the corner I guess, so I just wanted to be with her smiling together on the ceremony day

I called her to a family restaurant, I thought talking to her in person was best
plus I told Itao and a high school classmate called Ichihara to attend the meeting(he looks like Hayato Ichihara(a Japanese actor))
Ichihara was the only guy other than Itao who knew I had a traumatic event in the past and why I came to draw pictures
320 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:04:15.57 ID:FJe15PSr0
>>318
タイトルみるにハッピーエンドらしいし、そんなことはないと願いたい

considering the thread title, it sounds a happy ending so hope it’s not the case
321 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:08:21.20 ID:i8RmR7sP0
この市原、なぜ今になって登場するのかと言うと、
特にストーリーに深い絡みはなかったからだ。
彼は絵を描かないし、そに子や板尾との絡みもない。

この話のあいだにも俺は彼の家に泊まったり鍋を食べたり彼の自転車をパンクさせたりと
色々やらかしている。
でもそんな彼は東大で研究者を目指しているというナイスガイなのである。

the reason this Ichihara guy shows up now is because he didn’t have much to do with the sttory until now
I mean, he doesn’t draw or hang out with Itao or Soniko either

but behind the scenes, I did a lot of things with him like staying over and eating hotpot at his place or having his bike tires go flat
but he was a nice guy at University of Tokyo(most prestigious university in Japan) aiming for a PhD degree there
322 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:11:34.01 ID:Y/3lvRKp0
市原かっけぇwwww
ってか寝れねええええ

Ichihara so coool lool
more importantly can’t sleepppppppp
323 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:11:56.03 ID:i8RmR7sP0
さらに、男だけで集まってみて、
板尾「いや、女の子一人に対して男3人もいたらビビるだろ…」
俺「あー…」

かくして市原は近所のゲーセンに格ゲーをやりに行ったのであった。
真面目な話、当日集まるまで気付かなかった。
市原本当にすまない。

and once the three of us got together, Itao “well, three guys v a girl would be scary…”
me “oh…”

that’s how Ichihara went to an arcade nearby to play fighting games alone
seriously though, I didn’t notice how suspicious it’d be until we actually got together
I sincerely apologize, Ichihara
325 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:13:12.83 ID:Bx0JYEVlO
市原ww
東大生居た方が説得力でるだろww

Ichihara lool
a student from University of Tokyo being there would be more convincing wouldn’t it? loool
327 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:17:03.35 ID:i8RmR7sP0
そして俺は、板尾と一緒に誠心誠意そに子に伝えた。
全て話した。
正直、この話自体するのもキツイのだが、女の子に伝えるというのも辛かった。

なんというか、板尾がいるおかげで話に説得力が出たと思う。

板尾「俺も相談を受けて…」
板尾がそう言う度にそに子は目に涙を浮かべた。

then together with Itao, I told Soniko everything wholeheartedly
I told her everything
to be honest, talking about the past in and of itself was tough, but talking to a girl about it was all the harder to me

I guess Itao being there made my story more convincing
Itao “he asked me for some advice then…”
everytime Itao said so, I could see tears welling up in Soniko’s eyes
328 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:19:44.06 ID:i8RmR7sP0
そに子「ごめん…わたしそういう事全然知らなくて…
ひどいことした…ごめんね…」
そに子は案の定泣いてしまったのだけど、
何より誤解が解けて、本当に安心した。

全てを話すことが出来て、新しく心強い味方ができたな、とも思えた。
俺にとってそに子はますますかけがえの無い存在になった。

Soniko “sorry…, I didn’t know about that kind of thing at all…
I did something awful didn’t I…? I’m sorry…”
Soniko cried as expected but I got really relieved that she undersood the situation correctly

spitting out everything to her, it felt like I got another reliable ally
then Soniko became more precious and priceless existence to me
329 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:22:44.68 ID:i8RmR7sP0
店を出る。市原を呼び出す。
市原「もう終わったの?キスした?キスした?」
東大生だけどまったく空気は読まない市原。

すると、
板尾「まあなんだ…お前もしっかり決めとけよw」
板尾がニヤニヤして言った。
市原もニヤニヤしだす。

got out of the restaurant, summoned Ichihara
Ichihara “it’s done? did you kiss her? did you?”
though he was a student at University of Tokyo, he couldn’t act accordingly

then,
Itao “well, you know, you gotta do it now lol”
said Itao with a grinning look on his face
Ichihara started to grin as well
331 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:25:15.09 ID:NL0cAPG6O
市原可愛いなwwwww
そに子の誤解が解けて本当に良かった

Ichihara cute loool
I’m relieved misunderstanding got cleared up
332 :名も無き被験体774号+:2011/12/13(火) 00:25:19.83 ID:tchx8SFt0
よかったんだな(^O^)

I’m happy for you
333 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:25:29.42 ID:i8RmR7sP0
俺「あのそに子さん…」
するとそに子はハッとしたようにこちらを見る。
両者ともに顔面真っ赤だったろう。
そに子「はい…」

俺「好きです、付き合ってください…」

そに子「はい、よろしくお願いします。」

me “well, Soniko san…”
then Soniko turned to me with a surprised look on her face
I guess we were both blushing hard
Soniko “yes…”

me “I love you, please go out with me…”

Soniko “yes, please”
335 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:26:40.50 ID:1DnG3Tnb0
きたあああ!

YEEEEESSSSSSSSS!
336 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:28:49.63 ID:Bx0JYEVlO
俺も絵描こうかなあああああああ

should I draw picsssssssssss
339 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:38:38.39 ID:uyz6H64JO
いいことあったんじゃないかああああああ

something good happened to you after aaaaaaaallllllll
341 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:42:07.43 ID:MvmiOFwsi
大学っていいなぁぁぁぁぁあ
俺専門んんんんんんんん
今無職ぁぁぁぁあああ

universities are really niiiiceeeeeeee
I graduated vocational schoolllllllll
then became a neet REEEEEEEEEEEEEEEE
342 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 00:43:57.12 ID:Bx0JYEVlO
>>341
ワラタwww

kek
346 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 00:56:39.81 ID:i8RmR7sP0
キタ!キタ!キタよこれ!
俺は心の中で連呼した。

俺はその場でそに子を抱きしめた。
そに子は小さい声で「ふふ」
って言った気がした。

この時、板尾たちはどんな顔をしてたのだろう。
ただ、市原の「マジかぁ~…」
って声は聞こえた気がした。
一体どんな感情なんだ、その言葉はw

YES! YES! YES! THIS IS IT!
I shouted inside my head endlessly

I embraced Soniko on the spot
“fufu” said Soniko in a small voice, or so I thought

I wonder what kind of look Itao and Ichihara wore this moment
at least I could hear Ichihara saying “seriously…”
, just my imagination maybe
what kind of feeling is that anyway? lol
348 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:00:40.31 ID:i8RmR7sP0
初めてまともに好きな人を抱きしめたと思う。
思えばあの時は有頂天だった。

板尾も市原も大笑いして「おめでとう!」って言ってくれた。
(市原は舌打ち混じりだったが)
本当に、嬉しかった、本当に。

でも、この喜びは、すぐにどっかいってしまう。

guess it was my first time holding someone I really love
looking back now, I was elated that day

Itao and Ichihara both celebrated us laughing out loud “congrats!”
(though Ichihara was tsk-tsking)
I was really happy, really I was

but this happy feelings were gone shortly after that
349 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:03:01.96 ID:W8iFGv99I
くそっ!!
大学にいるのに女の子と話してない(´Д` )
ぐぅー。

damn!!
I don’t talk with girls even though I’m a collage student as well
damn~
350 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:03:20.98 ID:Bx0JYEVlO
そに子かわええええ
市原はなんなんだよ東大生のくせにww

このままハッピーエンドだよな!…な?

Soniko so cuuuuteeee
what’s up with Ichihara? lol I mean he’s a student from University of Tokyo isn’t he? lool

now we can finish happily right? …right?
351 :名も無き被験体774号+:2011/12/13(火) 01:03:38.59 ID:tchx8SFt0
なんだ?なんだ?


what’s happening now?
354 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:05:20.19 ID:i8RmR7sP0
そに子の入学式も、俺はまるで親父のように見に行った。
それからは幸せな毎日だったと思う。

そに子は新入生で色々忙しくなるけど、俺が色々サポートして。
楽にとれる単位は?なんてよく聞かれた。

本当に板尾のおかげだったと思う。

俺は思っていた。
「ああそう言えば、去年のコミケで約束した、そに子と一緒に
板尾の美大に遊び行くって計画、いつやろうかな…」

I went to check on Soniko at the entrance ceremony like her father
guess I had good days from then on

Soniko getting more busy as freshman and me supporting her
any easy classes? she often asked me something like that
really, it was realy all thanks to Itao

I was thinking about something
“oh, so when should we go to Itao’s uni with Soniko? that promise we made at last year’s Comiket…”
355 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:05:45.27 ID:W8iFGv99I
このまま終わろうか

we better finish here
356 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:08:32.30 ID:i8RmR7sP0
俺は近いうちに行こうと思っていた。

俺「いつがいいかなあ。」
板尾「4月のうちは忙しいでしょう。まあそに子ちゃんも落ち着いたら
ゆっくり来なよw美大の中を巡るツアーをしてやんよw」
俺「まあ言うて俺は何度も行ったことあるがww」
板尾「まあねっw」

I was planning on going to his uni in the near future

me “when should I?”
Itao “you’ll be busy in April, when things get calm with Soniko chan, come over, I’ll show you around my art university lol”
me “well, that said, I’ve been there many times though loool”
Itao “tell me about it lol”
357 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:10:19.93 ID:i8RmR7sP0
この後また俺にとっては辛すぎる事が起きる。

書くのも正直辛いんだが、頑張るよ。
これを書くために立てたようなスレだったしね。

あれは5月のはじめだったろうか。GWだもんな。

after this exchange, something really tough happened to me again

to be honest, it’s tough just writing about it but I’ll do my best

like, this is what I made this thread for after all

that was the beginning of May I guess, yes, it was GW(golden week holidays)
358 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:12:19.18 ID:NL0cAPG6O
なんか涙でそう(´;ω;`)

I’m almost crying
360 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:16:14.07 ID:i8RmR7sP0
板尾が、GWに地元の山道でバイクで自損事故を起こした。

帰らぬ人になってしまった。
俺は信じられなかった。高校の連中からメールやら電話が来る中で、
俺は段々と事態を飲み込んでいった。

一体、何が起きているというのか?
まったく分からなくなった。

Itao had a single motorcycle accident on a mountain road

he passed away
I coudn’t believe it, with all those mails and phonecals from my high school classmates, I gradually understood what happened

what the hell is going on now?
I got no clue
361 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:18:20.17 ID:wTv1K6zv0
おいまじかよ・・・

seriously…
362 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:18:30.96 ID:dfZcR0h80
俺も軽くないてる

I’m crying, easily
363 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:20:29.44 ID:i8RmR7sP0
故郷の板尾の家に行って、式に出て、なんとなく何が起きているか分かった。
嘘だと思った。嘘なら良かったな、本当に。

俺が信じられないくらい泣きわめくので、多分周りにいる人ドン引きだっただろう。
どうしていいか分からなくなった。
俺はそれから一週間近く家を出なかった。
何も食えなくなって、ひげだらけになっていた。

going back to Itao’s parents’ home in our hometown then attending the funeral, I kinda understood what was happening
thought it was a lie, would’ve been nice if it was, really

attendees around me must’ve been creeped out because I was crying out like crazy
didn’t know what to do
then I got cooped up inside like 7daysunable to eat, my face got covered with a beard
365 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:23:29.02 ID:i8RmR7sP0
思えば、色々な事が脳裏をよぎった。

一緒に合同誌を出すって約束していたこと。

そに子と一緒に板尾の美大を巡る予定だったこと。

そして、板尾にいつか追いつきたかった……

すまんダメだ今俺もボロボロ泣いてる。
少し遅くなるかも、すおまん

come to think of it, many things crossed my mind

that promise to publish a joint work

our plan to go on a tour around Itao’s art university together with Soniko

and my ambition to catch up to Itao…

sorry, I’m done for, crying hard now
maybe it’ll take me a while
366 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:28:45.40 ID:1EaWOpnn0
無理すんな。待ってっから

try not to push yourself, we are waiting for you
367 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:29:10.69 ID:Bx0JYEVlO
ゆっくりで良いぞ

take your time
368 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:29:39.98 ID:H08lBggx0
板尾ーーー!!
俺も悲しい・・・

ITAOOOOOOOOO!!
I’m sad as well…
370 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:32:14.14 ID:i8RmR7sP0
思えば、俺は板尾がいなければ本当にダメだった
彼には感謝してもしきれない。
いや、もう感謝とかそんなんじゃなかったんだと思う。

アイツがいなかったら俺は、どうなっていたんだろう。
俺は板尾を見返すと同時に色々恩返しもしたかった。
いつか、いつか…と。

そんな存在が急に目の前から消えてしまった。
ポッと。突然、なんの前触れもなく。

looking back now, I would’ve been really hopeless without Itao
I can’t thank him enough
no, it wasn’t gratitude or anything I guess

I wonder what kind of life I would’ve led without him
I was trying to show him what I was capable of, that’s one thing, but at the same time, I wanted to repay his kindness
someday, someday I wanted to…

that kind of existence vanished right in front of me
with no trace of him left, with no sign at all
371 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:36:31.99 ID:oluGMeAzO
おいおいおいおい・・・

hey hey hey hey…
372 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 01:38:34.67 ID:i8RmR7sP0
それからしばらくは夢を見ているかのようだった。
この歳にして親友を失うとは、思ってもみなかった。

スカイプを開いて、つい板尾にチャットを送りそうになってしまう。
そうすると、途方もなく虚しくなる。
これは、今でもたまにやってしまうんだが…

after that, it was like I was daydreaming for a while
didn’t expect I lost my close friend at this age

almost acivated Skype to send messages to Itao
then felt overwhelmingly empty
even now I sometimes did this though…
373 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 01:41:47.03 ID:9zmDXbo5O
辛すぎる

way too tough
379 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 02:04:21.93 ID:PwZirlHL0
ズキッときた…
言葉もないわ

it’s stabbing…
can’t describe it
380 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 02:05:58.36 ID:yWsPPMD60
みてるよー!
自分も音楽だけどがんばってる。
続けるって難しいし大事だよな

I’m watching~!
it’s music for me but yeah it’s hard to keep going isn’t it?
391 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 02:40:16.25 ID:i8RmR7sP0
俺はこの時、本当に人生で一番落ち込んだ時だったかもしれない。
そに子いわく、俺はほとんど笑わなくなったらしい。

辛くて辛くて、もちろんそに子に弱音も吐いた。
そに子は全部受け止めてくれた。
この時も、そに子の存在は大きかった。

でも、それ以上に俺を助けてくれた奴がいる。
それが、市原だった。

this time, probably it was the most depressing period in my whole life
according to Soniko, I didn’t laugh at all then

it was way too tough, of course I whined to Soniko
Soniko heard everything
here Soniko meant much to me again

but more than that, there was someone more helpful this time
it was Ichihara
393 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 02:45:09.41 ID:i8RmR7sP0
恋人であるそに子が俺をケアしてくれたのは大きい。
それは俺にとって本当に生きる支えだった。

でもこういう時は得てして、男友達の支えというのも非常に重要だった。

メシとかを食べる気力を無くしていた俺を、市原は率先して自分の家に呼んだ。
そして市原鍋を振舞った。(白菜と豚肉をごった煮しただけ)
市原は高校時代3年間クラスを共にした男だった。

一緒にいると本当に落ち着いたし、楽だった。
市原の家に行くのは、自分の実家に帰るような感覚だった。


my girl friend Soniko helping me meant much, it was really a driving force for me to live on

but at times like this, you often need guy friends to hear you

Ichihara ernestly tried to invite me to his place when I was so depressed that I couldn’t even eat
then he prepared Ichihara hotpot(just a hotpot with Chinese cabbage and pork put together)
Ichihara was a guy I spent three years together with in the same class at high school
it was comfy and relaxing hanging around with him
going to Ichihara’s place was like going back to my parents’ home
394 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 02:56:16.01 ID:i8RmR7sP0
市原の家に行くと、市原はよくオレに夢を語った。
市原「俺は獣医学を専攻して、動物の研究をするのさ…」
俺「へー…それって面白いのか…?」
市原「面白いとか面白くないとかではないんだよ。それが夢なんだから。」

夢。よくよく考えたら俺の夢ってなんなんだろうか。

when I went to his place, he often talked about his dream
Ichihara “I’ll major in veterinary and become a zoology resercher…”
me “really, is that fun…?”
it’s not about fun or anything, it’s my dream after all”

dream, come to think of it, I wonder what my dream is
395 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 03:05:18.13 ID:i8RmR7sP0
板尾と夢の話をしたことは一度しかなかった。
まだまだ19の少年だったから、目先の事に頭が一杯で、将来の話をする機会はあまりなかった。
その時板尾はポロッと言った。
板尾「俺は美術教師になる、絵の楽しさをダイレクトに伝えられるから」

俺は夢なんてまったくなかったし、「すげえなあ」
くらいで流してしまった気がする。
夢。美術教師。

この頃からそんなワードが俺の頭をかすめるようになる。

I talked with Itao about dreams just once
we were just 19 yo boys, so with things right in front of us occupying our minds, we didn’t have many chances to think about the future
that time, Itao said
Itao “I’ll be an art techer, I mean, I can express how fun drawing is directly”

I didn’t have any dreams so just said “it’s admirable” and our coversation ended there
dream, art teacher

around this time, those words began crossing my mind
396 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 03:11:02.47 ID:i8RmR7sP0
6月になると、冬に板尾と一緒に申し込んでいたコミケの当落発表があった。
結果は落選。
なんということか。
俺はそに子と一緒に何か本を出すつもりでいた。

目的を失った気がした。
そこに、去年の冬のコミケで一緒にサークル参加した板尾の友人から連絡があった。

in June, the Comiket committee anounced the result of drawing I applied for with Itao
we didn’t qualify
what should I do?
I was thinking of publishing some joint work with Soniko

felt like I lost my goal
then I got a phonecall from Itao’s friend I joined the winter Comiket together with last year
398 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 03:15:57.05 ID:i8RmR7sP0
友人「コミケ、どうだった?」
俺「いや、落ちちゃったよ…ダメだった。」
友人「そっか…それなら前回と同じように僕のとこで本を出しなよ」

なんと、またしても板尾の友人が俺を助けてくれた。
これには俺とそに子は二人して大喜びした。
本が出せる。コミケで。

friend “about Comicket, how did it go?”
me “no luck, we failed…”
friend “I see, then how about you publish your book at my booth like you guys did before”

surprisingly, the Itao’s friend helped us again
I got delighted together with Soniko
we can publish books, at Comicket
403 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 03:27:38.12 ID:i8RmR7sP0
こんな感じで、6,7月はぼちぼち大学に通いながら
コミケに向けた絵を描いていく日々だった。

そに子は一緒に合同でイラスト本を出すと言っていたが、まだ
デジタルで彩色が上手くできないという事で駄々をこねられた。
なので、結局はそに子はコピーの折り本を、俺は個人誌を出すことにした。
彩色以外は、綺麗な線を描くし、正直俺と対して変わらなかったんじゃないだろうか…

あと、書き忘れてたけどそに子は俺と同じ美術部に入部しています。
でも、特に部活で書くようなイベントがなかったので割愛してしまいましたw

that was how, in June and July, I drew pictures for Comicket everyday while going to collage occationally

Soniko was supposed to publish an illustration book but she was still not good enough to digital color so she told me she didn’t want to
eventually she settled for orihon(a book stlye where letters are written on a long strip of paper folded in zig zag fashion) and I decided to go with an individual book
other than coloring, she was as good as me in terms of line drawing so I bet she could publish a joint work with me though…

and I forgot to tell you but Soniko had joined the same art club as me
I just omitted it because I didn’t have anything in particular to write about it lol
408 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 03:43:19.93 ID:i8RmR7sP0
板尾の死は、よくも悪くも俺を変えた。
もう自信作を描いても、「いいじゃんそれ!」
と言って笑う板尾はいないんだから。

コミケの原稿も一段落した8月の初旬、俺は美術部の合宿に行った。もちろんそに子も一緒に。
夏合宿。まあ、楽しいレクリエーションだ。

みんな夜通し語り明かしたりもする。
俺はこの合宿で相談したい相手が居た。

Itao’s death has changed me for the better or worse
even when I produce a work I put my best effort in, now, there’s no Itao laughing and saying “it’s good!”

in early August, after I was almost done with the Comocket work, we had an art club camp, of course together with Soniko
summer camp, well it was a fun event

like we talked through the night
at this camp, I wanted to talk with a certain person
411 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 03:58:59.57 ID:i8RmR7sP0
一個上の部長。
部長は、芸大受験の経験もある、かなりアーティストな人だった。

そう、俺はこの時決心していた。
東京学芸大の中等美術科に行って、美術教師になってやる…
そのためには大学を辞めることや仮面浪人もいとわなかった。
夢が、見えた気がした。

芸大や美大受験とはさすがに勝手が違うが、それでも部長の意見を聞いてみたかった。

club pres a year senior to me
pres was a literal artistic person who even experienced art collage exams
yeah, this time, I had made up my mind
going to Tokyo University of the Arts, middle school art department and become an art teacher…
to achieve that, I wouldn’t mind quitting uni or studying for exams while attending classes
felt like I found my dream

though it was different from aiming for art collages, I wanted to ask her for some opinion
448 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 17:17:03.74 ID:P1VUjXiJ0
夏合宿。
みんな浮かれ気味である。
俺たち美術部一行は、とある片田舎の避暑地に行った。

バスでは、俺とそに子は隣に座らなかったが、
それをひたすらにブーイングされた。
なんだかんだで遠藤と仲よかった俺は、何故か遠藤の隣だった。

遠藤「今年の一年女子をこの合宿で見極める…」
俺「がんばれよ」

でも遠藤は途中からバス酔いしたので静かで楽だった。

summer camp
everyone was kinda excited
we art club members went to a retreat in a certain countrysisde

everyone booed me the whole time for not sitting next to Soniko on the bus
I somehow sat next to Endou, we got along well with each other for some reason
Endou “I’ll test the new girls at this camp…”
me “do your best”

but Endou got car sickness halfway through so he was quiet
451 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 17:23:52.54 ID:P1VUjXiJ0
夏合宿では海に行くか高原に行くか半々くらいだった。
女子が多い部活。
俺は正直海に行きたくて仕方なかった。

でも行き先は高原だった。
俺「着いた~バスって楽しいねえ修学旅行みたい」
遠藤「水…水…」

コテージ?ログハウス?なんて言うんだろうそんなとこに皆で泊まる。
でも管理人の老夫婦がいたし民宿にも近いのかな。

beach or highland, we were separated on the two destinations
a club with girls dominant in number
tbh I really wanted to go to the beach

but we settled for the highland

me “we are here~, a bus ride is fun, almost like a school trip”
Endou “water…, water…”

cottage? or log house? don’t know what it’s called but it was a facility like that
it had housekeepers so maybe you could say it is a B and B
452 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 17:28:27.22 ID:wOY4TWvF0
遠藤www

Endou loool
453 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 17:30:06.93 ID:P1VUjXiJ0
俺「すごいなここ、バドミントンとかバスケ、テニスで自由に遊べるのな」
遠藤「バスケしようぜ~」

近くには牧場もあったり、自由にスポーツできたり。
緑が綺麗でとてもいいところだった。

そに子「華丸さんバドミントンしようよ~」
俺「遠藤、そういうことだから。」
遠藤「いやいや混ぜてくれよ」


me “it’s amazing, you can play badminton, basketball, and even tennis here”
Endou “wanna play basketball~?”

you can enjoy sports and a farm nearby too
with its beautiful nature, it was a good place

Soniko “let’s play badminton Hanamaru san~”
me “Endou, I gotta go”
Endou “wait wait, count me in”
456 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 17:44:21.59 ID:P1VUjXiJ0
夜。自由時間。

夕飯も終わってみんなマターリタイムである。
俺は建物の外でまだ吸い始めたばかりの煙草を吸っていた。

そうすると、部長がきた。
部長「くさいよ、それ」
俺「あ、すいませ…部長相談があるんです。」

部長「何よw 改まっちゃってw」
俺「俺大学多分やめます」

at night, free time

finishing dinner, everyone got into relaxing mode
I was smoking outside the building

then press came to me
press “smells bad”
me “oh, excuse me…, I wanna ask you for some advice”

press “what’s with the sudden formality? lol”
me “I’m gonna quit uni probably”
457 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 17:48:47.53 ID:P1VUjXiJ0
部長「何トンチンカンな事言ってんの?」
俺「いや、だから…俺は美術教師になりたいんですよ、はい…」

部長「初めて聞いたな」
俺「そのためには、今の大学じゃ絶対無理じゃないですか。
やめて、今から美大は厳しいですから、学芸の中等美術科に…」

部長「うんうん、分かった分かったちょっと待って。」
俺「はい…」
部長「華丸は中高で美術部の経験があった?」
俺「いえ、まったく…高校では一度も美術の授業すらなかったです…」

press “you kidding me?”
me “well, I mean, I wanna be an art teacher, yeah…”

press “it’s news to me”
me “I can’t get what I need here right?
aiming for an art collage after quitting would be hard so I’ll go for the middle school department of University of the Arts…”

press “now now, wait a little bit”
me “yes…”
press “you had any experience back in middle or high school?”
me “no, not at all…, didn’t even take an art class in high school…”
459 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 17:56:43.53 ID:P1VUjXiJ0
部長「じゃあ、美術の先生がどんなことするか、どんな人かも分からないんだね」
俺「まあ…そうなります…」

部長はいつになく真剣だった。部長はスタイルがよくて、
ハキハキしていて、出来る女性って感じだった。だから尚更気迫があった。

部長「華丸がなんで急にそんなこと言い出したのかは分からない。
まあ、なんとなく察しもつくんだけど…
よく考えた方がいいよ。そんなに甘いもんじゃないよ。」
俺「で、でも…」

部長「こんな言い方してごめんね。でももしそれで大学やめて美術の先生になれなかったら?
なれたとして、一生続けられるかな。」

部長は芸大受験に何回か失敗してからうちの大学に来ていたから、
学年一個上とは言え、歳は離れていた。

press “then you don’t even know what kind of things an art techer does or what kind of job it is eh?”
me “well, that is the case…”

press was more serious than ever, she had a good figure and spoke clearly which mede her a role model of a career woman, so she was even more imposing then

press “I don’t know why you are telling me all this, well, I kinda know it, but you better give it much thought, it’s not gonna be any easy”
me “b-but…”

press “I hate to break it to you, but what if you quit yet couldn’t become an art teacer? even if you became one, do you think you can keep the job for the rest of your life?”
press failed art collage exams a few times before coming to our uni so she was a few years older than me though she was just a year senior to me
460 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:06:26.23 ID:P1VUjXiJ0
俺はもしかしたら、「頑張れ」とか「応援してる」とか
そういう言葉を期待していたのかもしれない。

学芸の受験自体は、実技がそこまでできなくても
勉強をめっちゃ頑張ってセンターでいい点をとれば可能性はあるかもしれない
ということも分かっていた。

だから部長みたいな人に背中を押して欲しかったんだろう。
俺は落ち込んだ。
一歩踏み出す、きっかけを与えて欲しかった。

maybe I expected something like “go for it” or “I’m rooting for ya”

I knew if I worked my butt off for written tests, I didn’t have to ace practical exams to pass

so I wanted some push from someone like press
I got depressed
just wanted somethig that makes me go forward
461 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:13:38.06 ID:P1VUjXiJ0
そんなこんなで、期待していた夏合宿は終わりを迎える。
俺はここで心機一転するはずだったのに…と落ち込んでいた。
完全に他人に頼っていたと思う。

でも俺は挫けなかった。
夢を追えなかった板尾のことを思うと、美術教師は諦められなかった。

この時の俺は本当に取り憑かれたように美術教師になる、って言ってたんだけど
それが本当の自分の気持ちだったのか、
板尾に対する自分の想いだったのかは、未だによく分からない。

after all the events, the summer camp I had high hopes for came to an end
I tried to start anew here but got depressed instead
guess I really wanted someone to help me

but I didn’t give up there
thinking how Itao couldn’t fulfill his wish, there’s no way I gave up on becoming an art teacher
that time, I was always talking about being an art teacher like a possessed man but even now I’m not sure if that’s because it was my true feelings or it was just for vengence for Itao
462 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:20:28.64 ID:P1VUjXiJ0
合宿が終わると、
助けを呼ぶ声があった。
コミケで本を置かせてもらうことになっている板尾の友人だった。

友人「華丸君、今ヒマかな?原稿がやばいんだよ、手伝ってくれないかな…」
俺「おお、いいよいいよ。そんなにやばいんか。」

夏のコミケの締め切りギリギリ。まさに友人は修羅場状態であった。
そして、この一本の電話が俺にとって大事な分かれ道だった。

afer the summer camp ended, there was someone in need
it was a friend of Itao I was supposed to join Comicket together with

friend “Hanamaru kun, you free now? can you help me with manuscripts? it’s way behind schedule”
me “oh, I will, is it that serious?”

just a few days away from the dead line for summer Comicket, Itao’s friend was in the very pit of hell
and this phone call was an event that has changed my life for good
463 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:26:23.55 ID:P1VUjXiJ0
俺は美大近くの友人の家に行った。

友人「ごめんねー手伝わせて」
俺「いいよいいよーそれより聞いて欲しいんだけど」
俺たちは作業しながら会話をした。

友人「どうしたの?」
俺「今から、学芸行って美術教師になりたい、それって難しいのかな」
友人「そんなことないんじゃないー?」

軽い。予想外の反応だった。

友人「俺の友達で学芸とか教育系の美術科?受けてここに来た子とかいるよー」
俺「え、本当に?」

I went over to the friend’s place near the art uni

friend “sorry I roped you into this”
me “no prob really, by the way…”
we talked woking on the manuscripts

friend “what?”
me “I wanna go to University of the Arts and become an art teacher, is it difficult?”
friend “I don’t think it is the case~”

no seriousness, an unexpected responce

some of my friends came to my uni after taking exams for University of the Arts or art department of some educational schools”
me “what? really?”
464 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:32:19.08 ID:P1VUjXiJ0
友人「その子、板尾とも仲良かったよ?もしかしたら会ったことあるんじゃない?」

俺は記憶の糸をたぐりよせた。確かに去年はよく板尾の美大に潜り込んで、
色んな人と関わった。

俺「なんて子?」
友人「石田だよ、石田。」
俺「あ、俺その子知ってるよ……」

その子は石田ゆり子にちょっぴり似ているので石田と呼ぶ。

friend “that girl was one of close friends of Itao’s, maybe you met her before”

I tried to jog my memory, indeed, last year, I infiltrated Itao’s uni and befriended many people there

me “what’s her name?”
friend “she’s Ishida”
me “oh, I know her…”

that girl is a little bit like Yuriko Ishida (a Japanese actress) so that’s what I’d call her
465 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:42:41.74 ID:P1VUjXiJ0
そもそも、石田さんとはそに子と初めて会う前から面識があった。

大学1年の5月くらいにもう会っていた気がする。
板尾が美大の連中を色々紹介してくれた時に、その中にいたって感じだった。

まだまだ異性に距離を置いていた時だったし、
もちろん連絡先も知らなかった。会ったことも4,5回あるくらいだった。

美大に遊びに行った時に、構内で出くわせば、「あ、ども…」くらいの感じだった。
それでもだんだん慣れて話すこともあったが、とにかく「板尾ありき」の存在だった。

板尾が亡くなってからは会ったことはなかった。

in the first place, I met her before meeting Soniko for the first time

guess I met her in May of my first collage year
like when Itao introduced art school people to me, she was one of them

back then, I still distanced myself from girls so didn’t even know her number, it’s just we met 4-5 times

like when we passed by each othe at uni, just a word exchange “oh, hello there…”
that said, we got closer over time and sometimes chatted, but it was like a relationship based completely on Itao

after Itao passed away, we hadn’t met each other
466 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:46:41.49 ID:P1VUjXiJ0
ただ俺は板尾が紹介してくれた美大の連中のことはほとんど忘れていた。
この友人を除いて。

顔くらいは覚えていたが、名前までハッキリ覚えている人なんてほとんどいなかった。
ただ、俺は石田さんのことは覚えていた。

俺は石田さんを初めて見た時から、なんとなく「可愛い」とは思っていた。
好きとかそんなんじゃなく、外から傍観する感じで。

だから記憶にも割と残っていたのだ。

I had forgotten about art school guys almost completely, other than this person

I remembered their faces but basically forgot their names
Ishida san was exeptional to me

since I first met her, I’ve found her kinda pretty
not that I liked her, but just as bystander

so memories about her kinda lingered
467 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 18:51:17.51 ID:P1VUjXiJ0
友人「じゃあ原稿一段落したら、美大に来なよ。
石田も呼んで、話聞く?そのついでにさ、ほら、美大の中色々見たりする?」

俺「それはいい考えだね。じゃあそに子も連れてくるよ。」

友人「きっと彼女も色々話聞きたいかもねwできるだけ友達呼ぶよw」

そう、板尾の友人は、俺とそに子と板尾が美大巡りの約束をしたことを
知っている唯一の人間だった。
あの時の計画が、こんな形で実行されるとは。

でも俺は楽しみだった。そに子もきっと喜ぶだろう。

friend “then when we’re finished, come to uni, you wanna talk with Ishida as well? you can look around uni too”

me “sounds like a plan, then I’ll bring Soniko as well”

friend “I’m sure she’d wanna talk with Ishida, I’ll invite as many friends as possible lol”

yes, he was the only person who knew we made a promise to go on a tour around the art uni
to think the plan was carried out this way
but I was looking forward to it, was sure Soniko would be happy too
469 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 19:13:35.18 ID:P1VUjXiJ0
書くの遅くてゴメン…

お盆にあるコミケの後にするか、前にするかで、悩んだ。
でも善は急げだって言って、コミケの前に行くことにした。

そに子にも話すと、
そに子「え、今なのww でも嬉しい、すごく」
と言ってくれた。そに子も、板尾の死にはショックを受けていたから。

そに子「どうしよう。スケブ持ってくよね?あとは…」
そこまでワクワクしてくれると、こっちも嬉しい。
良かった。

そして美大に行った。俺はそに子と二人で向かった。
正門の前に友人が立っていて手を振った。
友人「こっちこっちー」



sorry I’m a slow writer

we were not sure if we should go after/beofre Comicket which was in Obon period
but the sooner the beter so we decided to do it before Comicket

when I told Soniko,
Soniko “what, now? lool but I’m really happy”
said Soniko, Itao’s death was shocking for her too
Soniko “what should I do? we need sketchbooks right? and…”
I’m happy when you are that excited
I’m glad

and off we go to art uni
I waved at the friend at the gate
friend “this way this way”
470 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 19:18:46.94 ID:P1VUjXiJ0
友人「みんな来てくれるかと思ったけどねーwさすがに夏休みだし予定がw
でも石田は来てくれたよー良かったね」
石田「久しぶり!」
二人はニコニコしてなんだか楽しそうだった。

俺「久しぶりだね。今日はありがとう。」
自分でも分かるくらいもう女性に対しての苦手意識はなくなっていた。
俺はとにかく早く学芸受験の相談も聞いて欲しかった。

friend “thought everyone would come though~ lol you know it’s summer vacation, they all had their plans lol but Ishida is here, good for you”
Ishida “it’s been a while!”
with big smiles on their faces, they looked delihted

me “it’s been a while, thanks for today”
even I myself felt my gynophobia was gone
I just wanted her to hear me about taking entrance exams for University of the Arts
474 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 19:26:55.44 ID:P1VUjXiJ0
友人「長期休暇中だからねー、ほとんど建物の中入れないけど
色々見てまわろうかー」

美大の中を歩いていると、色々思い出した。
よく板尾に案内してもらった。
一緒に歩いた、去年のコミケのことも思い出された。
この計画も本当は…なんて思った。

なんだかとっても辛くなった。
そに子がずっと笑っていたのが救いだったかもしれない。

板尾のおかげでこの子にも会えたし…
そんな感傷モードに浸っているうちに美大探訪は過ぎていった。

friend “it’s a long vacation, so we can’t enter most buildings but let’s get this started”

roaming around inside uni took me back
Itao often showed me around
I also remembered the Comicket venue I roamed around together with Itao
this plan was originally…

it was kinda tough, really
maybe Soniko smiling the whole time was a bit of help

it’s thanks to Itao that I met Soniko…
the art uni tour passed while I was in a sentimental mood like that
475 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 19:33:07.89 ID:P1VUjXiJ0
支援ありがとう。ごめんなんだか書くの辛くて少し遅くなるかも。許してくれ。


友人「ほんじゃ、そろそろゆっくり話とかもしたいし、
俺の家に行ってゲームでもやろうよ」
友人はゲーム好きだった。
確かにゆっくり話もしたいとこだったし、家に行くってのはみんな賛成だった。

石田「あたしなんか作るねー」
そに子「わ、わたしも…手伝います…」

そに子は実家暮らしなのでそこまで料理はできなかった。
俺は、女性陣は可愛いなあ、なんて心のなかで思っていた。

thanks for reading, I’m sorry but it’s kinda tough to write about it, maybe it slows down, please


friend “then let’s go to my place, I mean we wanna take some time to talk, and video games too”
he’s a video game lover
indeed I wanted to talk with Ishida san so I agreed and eveyone did

Ishida “I’ll whip up something~”
Soniko “I-I’ll help you too”

Soniko lived with her parents so she couldn’t cook
girls are cute, I thought to myself
477 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 19:39:47.02 ID:P1VUjXiJ0
友人の家につくと、石田さんが料理を作った。
そに子も少しは頑張ったらしいw
美味しかった、なんか感動した。
同級生の女の子が作った料理…

その後そに子は友人とゲームを始めた。
俺は色々と石田さんに話を聞くことにした。

after we made it to the friend’s place, Ishida san made dinner for us
looked like Soniko did her best too lol
it was delicious, I was kinda impressed
meals a girl my age made for me….

after that, Soniko started to play video games with the friend
I decided to talk with Ishida san about various things
478 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 19:52:06.23 ID:P1VUjXiJ0
俺「実は自分、学芸に行って美術の先生になりたくて…」
石田「らしいね。聞いたよ。あたしも受けたよ~学芸」

石田「現実的に考えるなら母校の高校の美術の先生とかにも相談したら…?
あたしも高校の時は受験のために美術の先生と仲良くなったよw」
石田「田舎だから予備校も長期休暇とかしか行けなかったし」

俺「なるほどなあ。」

この日話していて分かったんだが、石田さんと俺は
地元が一緒だということも分かった。これには本当に驚いた。

me “to be honest, I wanna go to University of the Arts and become an art teacher…”
Ishida “yeah, I heard it, I did take exams for the uni as well~”

Ishida “realistically speaking, you can go take some advice from your art teacher back in high school, you know I got friendly with an art teacher when I took entrance exams for art school lol”
Ishida “I mean it’s a rural area so I couldn’t go to a cram school other than long vacations”

me “I see”

in this conversation, we noticed we were from the same city, it was really surprising
479 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 19:56:30.34 ID:P1VUjXiJ0
石田「華丸君はきっと頭いいんだから、まず勉強頑張ればセンターで差がつくし
受験は大丈夫。あたしは応援しちゃうな~」

これが美大生の思考なのだろうか。迷わず応援してくれた。
俺は自分の補って欲しいところを補ってくれるような、
そんな存在が現れた気がした。

石田「華丸君絵を描くの好きなんだね。板尾も上手かったもんね」
話は板尾の話にもなった。

同じ地元に受験、板尾の話…共通の話題が尽きることはなく、
石田さんとは本当に長い時間話している気がした。

Ishida “Hanamaru kun is smart so you can make some gap via Center tests(a Japanese equivalentce of SAT), you’ll be okay, I’m on your side~”

so this is how art collage students think huh? she backed me up without hesitation
it felt like someone who made up for what I lacked finally showed up

Ishida “you sure love drawing, Itao was good too you know”
we talked about Itao as well

same hometown, entrance exams, and Itao, we had so many things in common, felt like we were talking forever
481 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:02:22.31 ID:P1VUjXiJ0
その日はそんな感じで過ぎた。
そに子に帰り道でちょっとすねられた。ずっと話していたせいだ。
そに子「でも学芸受験のこと相談できる相手できてよかったね。
わたしはそういうの全然分からないし…」

あんたはエライ子だよ。

そして、このすぐ後にコミケが来る。
楽しみ半分、不安半分。
去年のことが懐かしく感じられた。

that’s how we spent the day
Soniko got a little bit sulky beacuse I was talking with Ishida san the whole time
Soniko “but it’s good for you that now you have someone to talk with about entrance exams, I mean I don’t know a thing about it…”

you are an admirable girl

then it was Comicket right after that
excited yet nervous
it reminded me of the previous one
482 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:05:26.39 ID:P1VUjXiJ0
この時までは、本当に失うものが何もなかったんだと思う。
夢を追おうが、捨てようが、自分の選択次第だし、自由だった。

この時までの自分はある種幸せだったなあと思う。
悩んで、苦悩して。

色んな人に迷惑かけてみて。

until then, I think I had nothing to lose, really
either chasing after my dream or giving up on it, it was all up to me, I was free

you could say, in a way, I was happy then
struggling and bothering many people
483 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:09:11.22 ID:P1VUjXiJ0
そして、夏のコミケが来た。
夏コミは青春って感じがして、ほんとうに楽しい。
あくまで個人的感覚だが、若さと情熱で溢れている。

俺は友人のスペースで、そに子と友人と一緒に、本を売った。
前回同様、マッタリとだが本ははけてくれた。

すると、予期せぬ人が訪ねてきたのだ。

and the summer Comicket arrived
summer Comicket is really fun because it feels like adolescence
just my two cents but it brims with youth and passion

at the friend’s booth, I sold my books with Soniko
just like the previous Comicket, it was being sold slowly yet gradually

then a unexpected person dropped by
484 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:13:37.25 ID:P1VUjXiJ0
来たのは、石田さんだった。
石田「よ、頑張ってるねー」
友人「おっすー」

俺「あーおつかれー」
正直、ドキッとしてしまった。
純粋に、来てくれたことを嬉しく感じた。

この時、そに子はどんな風に思っていたんだろうか。

it was Ishida san
Ishida “hey, you a hardworker”
friend “hi there”

me “oh, what’s up?”
to be honest, I felt my heart raced
I was just glad to see her

I wonder how Soniko thought about things that time
485 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:16:48.03 ID:P1VUjXiJ0
その後は特にイベントもなく
コミケ終わった後
石田さん含めて俺たち4人でメシを食べに行った。

俺は、その最中も石田さんに受験関連のことを聞き続けた。
石田さんに少し惹かれていたのか、
「美術の先生のなるんだ」ってことばかり考えていたのか。
両方だったと思う。

そに子はどう思っていたのだろうか。

no notable event after that
we the four of us including Ishida san went out to have dinner

even during that I kept asking her for advice related to exams
either I found her attractive or just wanted to become an art teacher that bad, probably both I guess

I wonder how Soniko thought about it
486 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:19:37.07 ID:P1VUjXiJ0
その後、定期的に石田さんから連絡がくるようになった。
俺はそれが悪い気はしなかった。
もちろん、そに子への好意は全然生きていたし、
石田さんとの関わりは自分でもよく分からない感情だった。

でも9月に入ると、そんな寝ぼけたことを言ってられない
大きな壁にぶち当たる。

from then Ishida san came to contact me periodically
didn’t find it bothering
of course my felings towards Soniko was still unwavering but I wasn’t sure what kind of feeling that was when I talked with Ishida san

but when it hit September, I crashed into a huge wall that woke me up
487 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:23:24.35 ID:P1VUjXiJ0
母の体に癌が見つかった。
元々俺の家は片親だった。
母と、社会人の兄。稼ぎ手も二人いたので、経済的に困ったことはなかったが。

兄に一度帰ってくるように言われた。
母は入院したらしい。

「これからどうなるんだ?」
「母さんは、どうなるんだ?」
混乱した。とりあえず実家に帰ることにした。

my mother got diagnosed with cancer
she was a single mother in the first place
with income from mother and my brother, we were not in trouble in terms of money but my bro told me to go back home once
looked like my mother got hospitalized

“what’ll happen from here?”
“what’s gonna happen to mom?”
totaly confused, I decided to go back home anyway
490 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:29:40.85 ID:P1VUjXiJ0
母は手術をした。
手術は上手くいった。しかしリウマチを発症した。
リウマチとは、手足がかたまって、時期に動かなくなる病だ。
それに進行の早いものだったらしい。

兄「母さんはなんとか大丈夫だったけど、分かってるよな?」
俺「うん…もう働けないし、段々世話も必要になる、ね…」

兄「お前大学辞めるとか言ってたけど」
兄「今まで俺たち散々母さんに迷惑かけてきたんだから」

俺「……」

兄「諦めろ。母さん生きているウチに自立して、立派なとこ見せるんだぞ」

この時俺は号泣していた。
どうしてこんなことになってしまったんだろう?
自分が世界で一番不幸なんじゃないか、って思うくらいだった。

mom underwent surgery
operation went well, but she got rheumatism
rheumatism is a desease where joints gradually get harder to move then completely fixed eventually
plus it was developing fast

bro “mom was somehow okay for now but you know what to do right?”
me “yeah…, she can’t work anymore and will need more help in the future…”

bro “you told me you were gonna quit collage but you know we caused her so much trouble until now”

me “…”

bro “just give up, while she is still alive you gotta secure a job and show her you are okay”

this moment, I was crying
why would this happen to me?
it was so tough that I thought I was the most tragic guy in the world
491 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:36:48.85 ID:P1VUjXiJ0
夢が敗れた気がした。
夢を追いたい、でも今から大学に一から行き直したら…
母が生きてるうちに、立派な社会人になりたい…

母にはどれだけ迷惑をかけたか。
幼い頃から、俺たち兄弟をずっと育ててくれた。
いつか恩返しをする。

そして、俺は人一倍人の死に敏感になってた。
板尾を失った時のことを思い出して、どうしようもなくなった。

諦める。そして真面目に就活して、絵は趣味にする…
そう、決心した。

felt like my dream got tossed and blown
I wanted to chase my dream, but if I reentered another uni…
I also wanted to work to help my mother

I wonder how much trouble I caused for her
she’s raised us since we were kids, someday I’ll repay her kindness
plus back then I was really sensitive to death
it reminded me of Itao’s death and I got more depressed for that

giving up and getting a job while drawing just for fun…
I made up my mind
492 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 20:38:03.72 ID:/qSLdoGG0
波乱万丈すぎわろた・・・

lol it’s too eventful…
493 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:44:14.84 ID:P1VUjXiJ0
母が退院するまでしばらく俺は実家にいて、
兄と協力して車を出したり、病院に行ったりしていた。

地元にいると大学の友だちと会えなくて辛かった。もう授業も始まっていた。
でも、俺はこの「諦める」と決心した時、
まず最初に石田さんにメールした。泣きながら。

特に深い意味はなかったと思う。今まで散々学芸受験の相談にのってもらったし、
諦めるなら、はやくそのフシを石田さんに伝えるべきだと思った。
もちろんそに子とは電話とかたくさんしていたし。

俺は石田さんに細かい経緯とかも伝えた。
今思えば、石田さんにはそんなに込み入った事情まで言うべきじゃなかったって反省してる。

でもこういう時って、本当に誰かに話したくなるんだよな。
俺辛い、辛いんだよ~って。

I stayed at my parents’ home for a while until my mom got discharged to give a lift or visit hospital

it was tough I couldn’t meet my friends, classes already started too
but when I decided to give up, I first texted to Ishida san, while crying

no particular intention there I guess, I mean, I took so much advice from her, if I’d give up, I thought I had to tell her first
of course I already talked a lot with Soniko on the phone before that

I told Ishida san all the details
looking back now, I shouldn’t have told her all those private things
but at times like this, you’d want someone to hear you realy bad, like I’m really suffering now~
494 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 20:51:17.46 ID:9RSbwjTk0
あぁ…あぁ…(´・ω・`)

no…, no way….
495 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:54:00.76 ID:P1VUjXiJ0
話ももう佳境です。八割くらいきたと思います。
今日中に終わることを目標にします。ごめん、長くて。


それから数日経った日の夜、石田さんから、
「〇〇駅に来て」とだけのメールが来た。
その駅は俺の実家の最寄りだった。

駅に行くと、石田さんが笑ってベンチに座っていた。
田舎の駅だから、平日夜でも人はまばらだった。

it’s nearing the climax now, 80% covered I guess
wanna finish it today, sorry for a lengthy story


a few days later, Ishida san sent a message to me at night
it just said “meet me at OO sta.”
the nearest station to my parent’s home

when I got to the station, Ishida san was sitting on the bench smiling
it’s in a rural area so I didn’t see many people out there even though it was a weeknight
496 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 20:56:04.00 ID:rM5uJZI6O
がんばれ…!
見てるぞ!

I’m rooting for ya! I’m watching…!
497 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 20:58:11.18 ID:P1VUjXiJ0
石田「ちょうど私も地元に帰ってきたからさー、元気かなと思って」

明らかに嘘だった。こんな時期に、大学生が帰郷なんかするか?
まあ本当に何かあったのかもしれないが。

俺「そうなんだ」
石田「直接話したかった…元気かなって。無理してるんじゃないかって」
石田さんはきまり悪そうに笑った。

なんて言ったらいいか分からなかった。
上手く話せなくて何時間くらいそこに座っていたんだろう。

Ishida “you know, I happened to come back as well, so just wanted to check on you”

it was an obvious lie, this time of year, what kind of collage student would go back to a hometown?
well, maybe she actually had something to do though

me “is that so?”
Ishida “just wanted to talk with you in person… I wonder if you were okay, like maybe you were pushing yourself…”
Ishida san made a bitter smile on her face

didn’t know what to say
couldn’t talk casually, I wonder how long we were there sitting on the bench
498 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 :2011/12/13(火) 20:58:59.10 ID:4TssC4Oe0
毎日見に来てる。もうすぐ終わりか…

I kept coming here to see your posts everyday, it’s almost finished huh…
499 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 20:59:20.44 ID:6aQ8JacdO
波瀾万丈だけどかなりのリア充だな
ちょっと絵を書いてくる

your life sure is eventful but with some good romance
I’ll go draw some pictures
502 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 21:04:06.78 ID:P1VUjXiJ0
今思えば、石田さんは真っ直ぐな人だったんだろう。
一瞬美保を想起したが、それは考え過ぎだった。

石田「華丸くんはさ…そに子ちゃんが大事だよね。」
俺「誰よりも大事だと思うよ。」

石田「わたしはさ…ダメかな、ダメかもね…」
俺「……」

嫌な予感はした。告られたらリア充とか言われそうだが、
この時の精神状態で、誰かを振るというのは、きつかった。
なにしろ石田さんとの関係性は失いたくなかった。

looking back now, I think Ishida san was a straightforward person
she reminded me of Miho fleetingly, but it was just my imagination

Ishida “Hanamaru kun…, Soniko chan means a world to you…, right?”
me “more than a world I guess”

Ishid “I…, I’m not good enough? no, I’m not, maybe…”
me “…”

I kinda saw it coming
probably you’re gonna say it’s a good thing to get asked out but it was tough to dump someone in such a mental condition
more than anything, I didn’t want to lose relationship with Ishida san
503 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 21:06:07.55 ID:OdZOWMJl0
あああああああああ

NOOOOOOOOOOOOOOO
504 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 21:06:27.45 ID:KTrBpjk70
石田さんずるいぞーこのタイミングはずるいぞー

Ishida san you cheeky, the timing just cheeky
506 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 21:07:46.30 ID:P1VUjXiJ0
石田「あたしはね…華丸くんが好きなんだ…」

嬉しいことである。とても嬉しい。
でも、今言わないで欲しかった。もっと別に仲良くやっていく方法もあったはずだ。

俺「ありがとう…でも…俺は…」

石田さんは強かった。表情一つ変えなかった。覚悟もしていたのかな。

石田さんは笑って、
石田「じゃあさ、儀式しようよ!」
と言い出した。

俺「儀式…?」

Ishida “I, I like you Hanamaru kun…”

such an honor, I’m really glad
but why now of all times, there had to be other way to get along

me “thank you, but I…”

Ishida san was strong, no expressional change, maybe she was prepared

with a smile on her face,
Ishida “then let’s perform a ritual!” she said

me “ritual…?”
509 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 21:14:21.47 ID:P1VUjXiJ0
石田「わたくし、石田ゆり子は、博多華丸のことが、大好きです。
良かったら…付き合ってください!」

俺「ありがとう、ごめんなさい…」

石田「ふられちゃった」
石田さんはニシシとばかりに苦笑いした。

正直、その時俺は気持ちが持って行かれるんじゃないかと思った。

石田「恋人がいる人に告白するなんて、あたし卑怯だー」
石田「そに子ちゃんはいい子だもんね、あたしもがんばる」

何も言えなかった。

Ishida “I, Yuriko Ishida, love Hanamaru Hakata, would you…, go out with me?”

me “thank you, but I’m sorry I can’t…”

Ishida “now dumped”
Ishida san smiled awkwardly

to tell the truth, I thought I almost fell in love at this moment

Ishida “asking someone out when he has a gf, it’s not fair~”
Ishida “Soniko chan is a good girl isn’t she?, I’ll do my best as well”

couldn’t say anything
511 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 21:17:31.10 ID:P1VUjXiJ0
石田「華丸君は頑張りすぎないでね」
石田さんはそう言って改札をくぐっていった。

最後まで何も言わなかった気がする。
遠くで手を振られて、ただ振り返すしかなかった。

あまりに叙情的な景色だったから、ハッキリと覚えている。
自分でもなんだこの状況?ってなった。

心にぽかんと穴が開いたみたいだった。

Ishida “don’t push yourself too much, okay? Hanamaru kun”
then Ishida san went through the ticket barrier and left

I guess I didn’t say anything till the end
seeing her waving at me, all I could was just wave back at her

it was such a lyrical scene that I remember well
even I myself wondered what was going on there

like a big hole opened up on my heart
513 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 21:19:38.74 ID:6aQ8JacdO
俺石田ゆり子大好きだからマジでうらやましいわ

I’m a big fan of Yuriko Ishida so I’m literally jealous of you
514 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 21:20:00.99 ID:OdZOWMJl0
俺も辛いわこんなの

too much, even I get depressed
525 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 22:45:23.32 ID:k5nURN93I
泣きそうだ
石田は俺が拾おう

I almost cry
I’ll take in Ishida
526 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 22:45:45.48 ID:P1VUjXiJ0
石田さんとの時間は、夢を見ているかのようだった。
まるで、中学生に戻ったかのような、そんな青臭い自分を感じた。

家に戻ると兄が玄関にいた。
兄「女か。」

昔から兄は鋭かった。
母の病院に行かない夜は何があってもいいように
一緒に家にいて、二人で格ゲーをやっているのが普通だったからだ。
遅い時間に帰ってきたから不審に思ったんだろう。

兄「地元の友達にでも会ってきたのか」
俺「ま…そんなとこ…」


spending time with Ishida san was like a dream
like going back in time to my middle school era, I felt my young self

when I got home, my brother was standing at the hallway
bro “woman huh”

he’s always been perceptive
when we didn’t go to hospital, we stayed home playing fighting game in case of any emergency, so I think he found me suspicious when I came home late

bro “you met some local friend or something?”
me “well, sort of…”
528 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 22:52:33.79 ID:P1VUjXiJ0
俺は、次の日かかりつけの眼科に行った。
思えば、小さい頃はよく母と病院にきたものだ。
この眼科もそうだった。

俺は診察の時先生に言った。
俺「実は母が…」

先生「そんなことがあったのか…華丸君が小さい時から知ってたからなあ
辛いけど、今はそばにいてあげて」

先生は初老のじいちゃんだ。
これが田舎の地元のいいところだ。

地元に戻れば、家族みたいな人がたくさんいる。
俺は元気をだそうと思った。

next day, I went to see my eye doctor
come to think of it, I often visited many hospitals with mom as a kid
this eye hospital was one of them

I told doc in the examination room
me “actually, it’s my mother…”

doc “didn’t know that happened to her…, I’ve known her since you were little so it’s tough for me as well, but please stay by her side now”

doc is an elderly person
it is a redeeming quality of rural areas

you can see many family like locals there
I decided to move on again
529 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 22:58:29.16 ID:P1VUjXiJ0
このじいちゃんにも、半年に一回の受診でしか会わないのに、
こうやって心配してくれるんだ。
石田さんだって、心配だったんだろう…

母のことで鬱屈としていた俺は元気をだそうと思った。

じきに、母は退院した。癌の方は一旦おk、ということになったようだった。
これからは自宅で、クスリで再発防止の抗がん治療をするようだった。

しかしリウマチがあったので、しばらく自宅で療養することになった。

あまり大学を休み続けるわけにもいかなかったので、俺は実家から戻ることにした。

doc was worried this much about mom even though he just saw me once in every 6 months, I guess the same goes for Ishida san as well…

I was depressed with things around mom, but I thought I had to move on

soon my mother got discharged, looked like cancer wasn’t a pressing matter for now
from then on, she was supposed to fight and cancer at home through taking medicines preventing it from recurring

with rheumatism atill around, she had to stay home for a while

I couldn’t skip classes so long so I decided to go back to my place
530 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:05:12.39 ID:P1VUjXiJ0
久しぶりにもどってきた。
大学、絵、何もかもが久しぶりに思えた。

そに子がすごく心配してくれた。
なんだかほっとした。

だんだんと、日常をとりもどしていく気がした。
できる限り、実家のことを思い出さないようにしていた。

逃げていたのだろう。向き合うのが辛かった。

it had been a while since I last went to uni
campus, drawing, everything lookes like old friends

Soniko cared much about me
I kinda got relieved

felt like I gradually got my daily life back
I tried my best to not think about situations my family was in

I think I was looking away, facing it was tough
531 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:08:14.48 ID:P1VUjXiJ0
目的を失った俺はどうしたらいいか分からなかった。
夢…就活…
この頃絵を描くのがすごくつまらなくなった。

なんで描いているんだろう?
分からなくなった。
板尾がいたらなんて言ってくれたろう。
なんでアイツはあんなに絵を描くのが好きだったんだろう。

俺は分かって気になっていたが、分かっていなかったんだ。

having lost my goal, I didn’t know what to do
dream…, job hunting…
around this time, drawing got really boring for me

what’s the point of drawing?
I didn’t know anymore
I wonder what Itao would say
I wonder why he loved drawing that much

I thought I knew it, but actually I didn’t
534 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:14:57.61 ID:P1VUjXiJ0
そもそも、俺が絵を描くきっかけだったのは板尾。
板尾がいなくなって、俺は板尾の代わりに夢を追うような、
そんな気持ちで居たのかもしれない。

異性不信を克服するため、また恋ができるように、落ち込んでいた俺を板尾が
変えるために絵を薦めた。

今ではすっかり異性不信もなくなったし、
そに子がいた。

絵を描く意味が分からなかった。絵を描く必要があるのか。
そう考えだした。

in the first place, Itao was the reason I began drawing
after he was gone, maybe I was trying to realize the dream for him

to get over gynophobia and love someone again, it was him who told me to draw pictures

now I don’t have any trace of gynophobia, and Soniko is here

I didn’t know why I had to draw, any point in drawing?
I started to wonder
535 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:18:46.30 ID:P1VUjXiJ0
そんな俺に、そに子が言ってきた。
そに子「冬のコミケの当落、もうすぐだね~」

コミケ…?
俺は夏にそに子と一緒に冬コミの申し込みをしたのだった。
と言っても、そに子が張り切っていたので、全部そに子に任せていたのだが。

俺「コミケ…ね。一人で本出すってのでも…いいんじゃない?」
そに子「…え?」

俺「いや…絵を描ける気がしないし、本出せないわ、絶対」

when I was at a loss like that, Soniko talked to me
Soniko “the result of winter Comicke drawing is right around the corner isn’t it?”

Comicket…?
I applied for winter Comicket together with Soniko in summer
that said, it was Soniko who was all fird up so I left everything to her

me “Comicket…huh, maybe publishing all by yourself isn’t bad is it?”Soniko “…what?”

me “I mean, I don’t think I can draw anymore, I won’t be able to publish one, no matter what”
536 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:23:25.78 ID:P1VUjXiJ0
そに子「絵…描かないの?」
俺「もう、描かないかもね…わかんね」

そに子「そんなん嫌だよ…そんな華丸さん嫌だ」
俺「なにが?」

そに子「なんで…絵楽しいって言ってよ、一緒に楽しく絵描こうよ」
俺「うるさいなあ、お前に何が分かるんだよ」

そに子「なんで?急に?絵描くでしょ?描かないなんて言わないでよ!」
俺「描かないもんは描かないんだよ、大体こんなもんなあ…!」

珍しく、大喧嘩だったと思う。

Soniko “you’re not drawing?”
me “maybe…, I’m not sure”

Soniko “I hate it…, I hate Hanamaru san not drawing”
me “what do you mean?”

Soniko “why…, just say drawing is fun, let’s draw together, it’d be fun!”
me “just leave me alone, you know nothing about me”

Soniko “why all of a sudden, you are drawing aren’t you? don’t say you are not!”
me “I won’t, it’s final, what’s the point of that in the first place…!!”

a big fight we rarely have
539 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 23:31:50.51 ID:LFxA0/Vs0
そに子かわいいな

Soniko cute
540 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:33:35.79 ID:P1VUjXiJ0
そに子は泣きしだした。
そに子「どうしちゃったの…嫌だよ、こんなの嫌だ…」

俺「俺だって分からないんだよ、なんで絵を描くのか。
絵を描いて夢を追う、それが全てだったんだよ。それがなくなった今意味なんて…」

そに子「絵を描くことに意味なんているの?楽しくて描いてたんでしょ?」
俺「板尾がいた時は楽しく描いてたよ…わかんねえんだよ俺も…アイツがいないと、描く意味ないんだよ…
夢を追ってれば俺の中で板尾がい続ける気がしてたんだよ…」

そに子「そんなの全部言い訳にしか聞こえないよ!そもそも、板尾さんの夢は板尾さんだけの夢じゃないの!?」

そに子は珍しく感情むき出しだった。

そに子「逃げないでよ!現実から!受け止めてよ…夢を諦めたって、
華丸さんが絵を描き続ければ板尾さんは生き続けるでしょ!?板尾さんが華丸さんに絵を教えてくれたんでしょ!?
そこで描くのやめてどうするの……?」

Soniko started crying
Soniko “what’s wrong with you…, I hate it, it’s not okay…”

me “even I don’t know anymore, why I draw pictures, drawing and persuing my dream, that was everything for me, now that it’s gone, there’s no point…”

Soniko “do you really need any reason to draw? haven’t you been drawing because it’s fun have you?”
me “when Itao was still around, it was, but I don’t know anymore without him…, when I was chasing the dream, it felt like Itao was still there…”

Soniko “stop making excuses! Itao san’s dream has always been Itao san’s dream in the first place right?!”

it was rare to see Soniko acting this emotionally

Soniko “stop runnning away! from your problems! accept it, even if you gave up on the dream, as long as you keep drawing, Itao san lives on inside right?! it was Itao san who told you how to draw right?!
you can’t just stop drawing now…”
541 :名も無き被検体774号+:2011/12/13(火) 23:35:28.76 ID:X11mg6lS0
そに子ほんとにいい子だな…
大事にしてやってくれまじで…(´;ω;`)

Soniko a really good girl…
make her happy really…
542 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:37:38.68 ID:P1VUjXiJ0
もう、ボロボロだった。

そに子「それに、私は華丸さんの絵が好きだもん…
わたしだけじゃないよ、きっと、今まで本を買ってくれた人も、PIXIVを見てくれる人も…
そういう人たち、みんな寂しい想いするんだよ…」

最早聞き取れないくらいに泣いていた。

俺「……」

俺はあっけに取られて、何も言えないでいた。

she was all battered

Soniko “plus, I like your drawing…
not only me, probably all the people who bought your books and watched your PIXIV…
all those people, they would be sad as well…”

she was crying so hard I almost couldn’t hear her

me “…”

I was left there completely speechless
544 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:46:47.23 ID:P1VUjXiJ0
そに子がこんなに泣いている。
俺は、俺は……

そに子「絵を描くのは…好きでしょ?」

俺「……好きに決まってるだろ」

絵を描くのは好きだ。だから今までずっと描いてきた。
下手なりに、もがきながら、見てくれる人たちがいたし、
ひたすら描きたいものを描いてきた。

思えば、絵を通してどれだけの人に出会い、どれだけの人に支えられたのか。
板尾もそう、そに子もそう、遠藤や石田さんだってそうだったろう…。
コミケで俺の本を買ってくれた一人一人の顔も覚えてる。
あの日、完売した俺たちに拍手をしてくれた隣のスペースの人たちのことも…


気づけば俺もボロボロだった。

俺「…描いて…みるわ…」

そに子「わたしより可愛い女の子、描いてよ」

俺「…それはどうかな…w」

泣きながら笑っていた。よく分からなかった。

Soniko crying this much
I, I…,

Soniko “you…, you love drawing don’t you?”

me “…, of course I do”

I love drawing, that’s why I’ve been drawing this whole time
while struggling, even though I’m not good enough, I have someone looking forward to my pictures so I frantically kept drawing what I wanted to

come to think of it, I wonder, thorough drawing, how many people I met and how many people helped me
Itao, Soniko, Endou and Ishida san too…
I even remember each and every one of their faces who bought my books at Comickets
and the people at the booths around ours clapping when we were sold out as well…


then I found myself all battered too

me “…I’ll try then”

Soniko “a gril cuter than me, okay?”

me “I’m not sure of that…lol”

I was smiling while crying, it was a weird feeling
545 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:53:00.75 ID:P1VUjXiJ0
俺は、この年の冬コミに全力でぶつかることにした。

と言っても、普段通りに描くだけだったのだが。
普段通りのページ数で、普段通りの絵で、普段通りのイラスト本。

一緒に一冊作ろうと思っていたが
俺はこの一件で怒られたので

そに子「どっちが早く完売するか勝負する!」

と言われて結果個人本を描くことになった。
頑張りつつも普段通り。

それが楽しかった。絵を描くのが、楽しかった。


I decided to fece this year’s winter Comicket with everything I had

that said, I just drew like I always did
usual amount of pages, usual pictures, and usual illustration book

at first I was thinking of publishing a joint work but beacuse of this incident she got mad at me so

Soniko “let’s see if which will be sold out first!”
with that statement of hers, we decided to publish individual books after all
working hard yet nothing special happening

it was fun, drawing pictures was fun
547 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/13(火) 23:56:49.11 ID:P1VUjXiJ0
俺は板尾に昔言われたことを思い出していた。

「理想の女の子を紙におとしこめよ」

やっぱりそれが楽しかった。そに子には悪いが。

吹っ切れてからは、絵を描くのが楽しくて仕方なかったなあ。
本当に楽しかった。

でも俺にはもう時間がなかった。

I remembered what Itao told me

“put your ideal girls onto paper”

it was fun after all, I’m sorry for Soniko though

after snapping out of it, drawing was a whole lot of fun

it really was

but I didn’t have much time left
548 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 00:00:49.84 ID:4Zy5y0AY0
本にして出版できるレベル

余裕で買うわ

it was worth publishing

I’d buy it, with no hesitation
549 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:01:16.94 ID:sGeGsGTv0
このままいけば今日中に完結できそうです。みなさんよかったらお付き合いください…


そして、晴れて冬コミの日がやってきた。
俺もそに子も、もうワクワクが止まらなかった。

もう、存分に楽しんでやろう、そう思ってた。

そに子「ひえ~…相変わらずすごい人…」
俺「毎回サークル入場だと、なんか申し訳なくなるな…w」

ビッグサイトのやぐら橋前には、相変わらず信じられない数の人がいた。

at this rate, I’ll be finished today, please keep me company if you want


and finally it was the winter Comicket day
Soniko and I couldn’t hold back our excitement

I’ll enjoy myself to the fullest, that was my plan

Soniko “woah, tons of people as always…”
me “I feel kinda sorry for always joinning as a circle…lol”

unbelievable amount of people in front of the Yagurabasi bridge as usual
550 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:05:24.26 ID:sGeGsGTv0
コミケは、始まる前も楽しい。
そに子も俺も、相変わらず自分の本を見ると、
興奮が止まらなかった。

知り合い、憧れの作家さんに挨拶に行って、
前回のコミケの話とかしたり。

見本誌提出するのにテンパったりw

始まる前のワクワク感、ってのは言葉にできないものだ。

Comicket is fun before it even starts
Soniko and I were all excited just looking at our own books just like we were at previous Comickets

greeting my idol authors, talking about previous Comickets, and getting nervous when turning in sample books lol

can’t describe this excitement before it starts
551 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:10:56.19 ID:sGeGsGTv0
「これよりコミックマーケットを開催いたします…」

ぱちぱちぱち…!

そに子「ああ、始まった…」
そに子は相変わらず顔真っ赤だった。

俺「たまんないよな…この瞬間」

そに子はオンデマンドフルカラーで30部、俺もオンデマンドフルカラーで50くらい。
決して冒険をした部数ではなかった。

「新刊一部、ください」

この言葉を聞くたびにこう、体が熱くなるのを感じた。

「ありがとうございます!!」
絵を見てくれる人に実際に向き合って本を渡す喜び。

この日そに子も俺もそれを肌で感じた。
去年の冬コミくらいの感動が、あった。

“now we declare the beginning of the Comick Market”

*claps claps claps*

Soniko “oh, it’s started”
Soniko was blushing hard as always

me “too exciting, this moment…”

Soniko with 30 and me with 50 copies of on demand full color books
it was not challenging numnbers in any way

“one latest issue please”

every time I heard this word, I felt my body heating up

“thank you for your patronage!!”
joy of passing books to readers in person

that day we experienced it firsthand
it was as impressive as the last year’s winter Comicket
552 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:14:39.46 ID:sGeGsGTv0
「絵を描くのって楽しい…」

「描いてて良かった…」

そんなことを感じていた。

そに子も俺も、午後に本は完売した。

そに子「ど、どうしよう~」
そに子は案の定半泣きだった。

俺「頑張ってよかったね。」
これは去年の冬に板尾が言っていたことだ。

そう、頑張って良かった。絵を描いててよかった。

笑ってはいたが俺も泣きそうだった。
これからもずっと、絵を描くぞ…

ただ、俺にはもう時間がなかった。

“drawing is fun…”

“I’m glad I have kept drawing…”

we were both sold out in the afternoon

Soniko “wh-what should I do~”
Soniko was half crying as expected

me “it’s worth your effort”
this is what Itao told me back in winter

right, it’s worth our effort, I’m glad I’ve been drawing

though I was smiling, I almost cried
I’ll keep drawing like I have…

but I didn’t have much time left
553 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:19:53.51 ID:sGeGsGTv0
俺は、去年と同じように、冬コミが終わったら実家に向かった。

母のこともすごく心配だった。
母は、手は動かしにくそうにしていたが、案外元気そうで安心した。

良かった。
俺「母さん、俺絵めっちゃ頑張ってんだぜ。たくさんの人が見てくれてさ。」
母「そりゃよかった…。母さんこんなんだから、好きなことあんまりできなくてごめんね…」

俺「そんなことないよ!!絶対に、ないから。俺は大丈夫だからw」

母「はいはい、じゃあちゃんと就活しなさいねw」
俺「えー…w」
兄「俺がしごいてやるよw」

俺はこの時幸せだった。
この先、平凡に、でも幸せに生きていける、そう思った。

I went back to my parent’s home after Comicket just like last year

I was really worried about mom
though it looked she had some trouble moving her hands, she seemed better than expected, I was relieved
me “mom, I’m working really hard on drawing, many people liked it”
mom “I’m happy for you, I’m sorry you can’t do what you want because of me…”

me “that’s not the case, not at all, I’m okay lol”

mom “I see, I see, then you gotta do job hunting right?”me “nooo lol”
bro “I’ll train you thouroughly lol”

I was happy then
I thought I could lead an ordinary yet happy life
555 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:24:19.64 ID:sGeGsGTv0
そに子もいたし、家族も仲良かったし、絵も益々楽しくなってきた。

最高の正月だなあと思った。
三が日が過ぎて、俺は半年に一度お世話になってる眼科に向かった。
成人式の前に、通院は済ませておこうと思った。

そうだ、眼科のじいちゃんにも教えてやろう、母さん大丈夫だよって。

俺はそんな風に思っていた。

Soniko was there, I got along with my family, and drawing got more and more interesting

thought it was the best Shougatsu ever
after the first three days of the calender year, I went to see my eye doctor for a biannual check up
I thought of finishing the check up tour before the coming of age ceremony

yeah, I’ll let my eye doc know it, that my mom was okay

I thought so
556 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:26:00.94 ID:sGeGsGTv0
眼科のじいちゃん「………」

俺「どうしましたか…?」

眼科「眼圧高いね…。視野検査しようか。」

俺「は、はあ…」

「まあ、たまにあることだし、大丈夫だろ。」

doc “…”

me “what’s the matter…?”

doc “your eye pressure, it’s high…, I’ll perform a visual field test”

me “y-yes…”

“well, it sometimes happens, I’m gonna be okay I guess”
557 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 00:26:47.34 ID:5cNFxBpX0
え…?

no way….
558 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 00:27:38.53 ID:0JXu81GB0
やめろ俺の予想どうりになるなよ

stop it, hope my prediction is off
559 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:29:21.06 ID:sGeGsGTv0
眼科「左目が…若干きてるな…始まっちゃったか。」

俺「あ、あの…?」

眼科「華丸くん、冷静に聞いてね。」

眼科「左目の視野が欠け始めてるんだ…緑内障が発症してしまったんだよ。
一度欠けた視野は、今の技術じゃ戻せないから…」

俺「え?」

眼科「しばらく眼圧を下げる治療をするよ。大学は向こうだっけ?紹介状書かないとだね…」

俺「は?」

doc “your left eye isn’t good…, guess it’s started”

me “we-well..?”

doc “Hanamaru kun, take a listen carefully”

doc “the vision field of your left eye is getting narrower, I mean, it’s glaucoma
once lost, your vision field will never come back through current technology…”

me “what?”

doc “I’ll do my best to reduce your eye pressure for now, your collage is outside this city right? I gotta write a referral letter…”

me “what?”
560 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 00:30:00.64 ID:Mmc4faYc0
いやあ…

jeez…
561 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 00:31:05.53 ID:z6T1oMQT0
嘘だろ・・
もう止めて
泣くわ

you gotta be kidding…
I’ll cry
563 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 00:32:22.41 ID:Q6SuflKYO
まじかよ…

seriously…
565 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:34:49.32 ID:sGeGsGTv0
眼科「でもまあ、今すぐどうのこうのってレベルじゃまだないから…」
眼科「二ヶ月目薬打ち続けて様子みようか。どれくらいの進行度かもまだ分からないしね。」

俺「もしかして、失明とか…」

眼科「何とも言えない、一生失明しない人もいるし、手術でよくなる人もいるし…
とにかく様子を見てみよう。今は眼圧をさげるしかないね…」

俺「絵とか描いたり…目に負担とかって…」

眼科「基本関係ないけど、できるなら目を酷使するのは辞めたほうがいいかな…」

doc “well, it’s not like anything is happening soon so….”
doc “how about a two month eye drops first, I mean we still don’t know how serious it is”
me “maybe, will I get blind…”

doc “can’t say anything for now, some don’t for their entire lives, and some get better gradually with surgery…
anyway let’s see what’ll happen, all we can do now is reduce eye pressure…”

me “what about drawing pictures or anything using my eyes…”

doc “basically it has nothing to do with those, but I guess you might wanna refrain from any activities that involve much load on your eyes…”
569 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:37:51.48 ID:sGeGsGTv0
俺は幼い頃から眼圧の高い子だったらしく、
そのため定期的に眼科に通っていた。

でも全然大丈夫だったし、一生平気だと思っていた。

緑内障の原因は、正確には分かっていない。
確かに俺は幼い頃から目も悪かった。

ここにきて、発症してしまったのだった。

looks like I’ve been a kid with high eye pressure, that’s why I had to visit eye hospital periodically

but I was always perfectly okay and thought I would be

still no detailed mechanism of glaucoma discovered
but indeed my vision was not good since I was a kid

now it’s getting started
571 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:40:51.22 ID:sGeGsGTv0
それからは、もう呆然とした。

ただ呆然。毎日に覇気なし。
今まで当たり前の事が当たり前じゃなくなる?

どうしようか、落ち込んだ。
そして、思った。

絵がもう描けなくなる。

途方に暮れた。

from then on, I was distressed

just spacing out all day, no spirit in daily life
things I took granted are going away?

completely depressed, I didn’t know what to do
and I thought
I wouldn’t be able to draw in the future

I was at a loss
573 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:44:32.32 ID:sGeGsGTv0
俺は二ヶ月間様子を見た。

目立った病気の進行はなかった。

眼科「よかった…これならしばらく目薬の眼圧治療でどうにかなりそうだ」

俺「失明とか…ないですか?」
俺は知っていた。日本で一番目か二番目に多い失明の原因は緑内障だ。

眼科「分からないね…ただしばらくはもつと思うよ。でもね、
病気の兆候が出たってことはいつどうなるか分からない。一生大丈夫かもしれないし、
来年だめかもしれない。 向き合っていくしかないんだね…」

I waited two months to see how things turned out

no sign of deterioration there

doc “thank godness, looks like you’d be okay with just eye drops reducing eye pressure”

me “no possibility of losing sight?”
I knew that the most or second most common cause of losing eyesight is glaucoma

doc “I’m not sure, but you’d be okay for a while I think, but once a symptom arose, you don’t know what would happen, maybe you are okay for the rest of your life, maybe you’re not next year, you gotta face it anyway…”
575 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:49:46.84 ID:sGeGsGTv0
しばらくは良かった…現状維持…。

家族にも打ち明けたし、
そに子にも相談した。
母は泣いていた。見ていられなかった。


そに子は泣かなかった。
こういう時に、泣かないんだ。強いと思った。
大切にしたいと思った。

でも、もし俺が失明した時、一番迷惑をかけるのはこの子なんだよな…

そんなはざまで揺れていた。

I was okay for a while, kept the status quo

told my family and Soniko too
mom was crying, couldn’t see her then


but Soniko didn’t cry
so she doesn’t cry at times like this huh, I thought she is strong
I thought I wanted to treasure her

but if I lost my sight, it’d be her who suffered most…

I had that kind of dilenmma
577 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:52:00.78 ID:sGeGsGTv0
話がとんで申し訳ない。でももう書くようなこともないんだ。

夏が終わり、秋に差し掛かった10月頃。
つい最近だね。
俺は左目に自分でも分かるくらいの違和感を覚え始めた。

目薬治療で落ち着いてたと思っていたから、驚いた。
俺はすぐに地元の眼科に走ったよ。
急いでね。

I’m sorry I went here and there, but there are not so many things I want to write about anymore

summer ended and it was almost autumn, around October
it’s just a few months ago isn’t it? I felt this weird feeling in my left eye

I was surprised because I was okay for a while with eye drops
I immediately went to see my eye doctor
in a big hurry that was
578 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:53:54.40 ID:sGeGsGTv0
緑内障は、案の定進行していた。

眼科「これは、まずいな…クスリを強くしたいけど、そうなるともう内服薬とか…あるいは手術…」

俺「そうなりますよね」

俺はもうある種覚悟していた。
ちなみに、緑内障は手術での回復はあまり見込めない。
俺の緑内障の場合は、かもしれんが。

glaucoma was deteriorating as expected

doc “this is not good, I wanna go with a stronger medication than eye drops, but it means I gotta rely on some medicine or surgery…”

me “yeah, right”

you could say I was prepared already
just so you know, it’s unlikely that you can treat glaucoma through surgery
at least that’s the case for my glaucoma
580 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 00:59:06.31 ID:sGeGsGTv0
そして、より強いクスリを服用することにした。

手術はその経過次第。可能性としては手術もあるだろう。

家族は泣いていた。でもきっと応援してくれるだろう。

そしてそに子に話した。
「大丈夫だよ。きっと、なんとかなる。なんとかなるんだよ。」
それはそに子の口癖だった。

なんだか色々思い出した。

俺はずっとこの子を見ていたいし、守りたいと思った。

絵もずっと描きたいな。絵が大好きだ。

そに子と話していると、本当に色々なことを思い出す。

そして現在に至るわけだ。

then I decided to take stronger medicines

surgery depends on how it goes, still a possible option for me

my family were crying, but I’m sure they’d be rooting for me

and talked to Soniko about it
“you are okay, I’m sure everything is gonna be okay, everything is”
that’s her word of wisdom

that kinda reminded me of many things

I thought I wanted to stay by her side and protect her for the rest of my life

and I want to keep drawing, I really love drawing
talking with Soniko, so many things are coming back to me

and here I am
581 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:00:43.35 ID:sMp5VkO00
こんなこと聞くのあれかもしれないけど・・・

今年の冬コミはどうなの?
辛い質問だったらごめん

this would be a tough one for you…, but what about winter Comicket?
sorry if this is hard to answer
582 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 01:02:01.29 ID:sGeGsGTv0
もしかしたら失明するかもしれない。

俺はもっと焦ると思った。
どうしようもなくなって、自殺も考えるかと思った。

でもちがうんだよ。俺は落ち着いてるよ。

今まで絵を描いてきて、色々な人に出会って、色々楽しいことを経験できた。

何より、描いた絵を残すことができた。
楽しい楽しい、って言って描いてきてよかったよ。

きっとこれからも、俺の描いた絵は残るし、誰かの心に残る。

もし、絵を描いていなかったら…そう思うと。

maybe I could lose my eyesight

I thought I’d be more upset
I thought I’d freak out and think of killing myself

but I got it all wrong, I’m okay now

I’ve been drawing this whole time, then met many people, and experienced many fun things

more than anything, I left my pictures

I’m glad I kept drawing while enjoying myself

probably from now on out, they’d be kept in someone’s memory

if I hadn’t drawn pictures….
583 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 01:06:37.16 ID:sGeGsGTv0
もし、絵を描いていなかったら俺はどうなっていただろう。

何もできないまま、この歳で緑内障になっていたら、それこそ…

今、こうやって自分の事を振り返ってみて思ったんだ。確信した。
だからこんなんでもスレにまとめようと思った。
絵を描く人、何かに夢中になってる人に伝えたいって思った。

俺は好きなように絵を描いてこれた。
たくさんの人に俺の絵を届けて、見てもらえた。

だから、今すごく落ち着けてるし、
もしも目が見えなくなっても他のことで頑張ろうって、前向きにいられるんだよ。

だから、俺は絵を描き続けて救われた。
こんなまとめ方ですまん。

絵を描き続けて、本当に良かったよ。



if I hadn’t, what would’ve happened to me?

getting glaucoma with nothing I’m passionate about at this age, that’d be really…

looking back on my past self now, I’m 100% sure of it
so I wanted to write about it in this litle thread
I wanted to tell illustrators or people with their dreams

happily enough, I kept drawing as I wished
thankfully, so many people looked at my pictures
that’s why I can stay calm and positive about future now, I mean, even if I were to lose my vision, I think I can work on other things

that’s how keeping on drawing saved my life
sorry this is how I finish

I’m really glad I kept drawing
585 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:07:33.80 ID:U0F0JAtG0
がんばれ

hang in there OP
586 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:10:38.59 ID:yoQ+O1CcO
>>1お疲れさま。。緑内障進行しないことを祈ってます。

good work OP
I hope your glaucoma is not deteriorating
587 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 01:11:27.33 ID:sGeGsGTv0
今は、母は、リウマチが進行してるけど、割と元気でやっているよ。

兄は、働いてる。立派な社会人。

そに子も、元気にやってる。ある種この子とも絵を描いていなかったら出会えなかったね。

俺は…これからどうなるか分からない。
でも絵を描き続けた日々を忘れないで、病気に立ち向かおうと思う。

いつかその日がきてしまっても、また新しく夢中になれることを探すよ。

now, though rheumatism is getting worse, my mom is doing well

my bro is an admirable working member of society

Soniko is fine as well, in a sense, I couldn’t have met her without drawing

don’t know what will happen to me
but I’m tinking of fighting illness with the memories that I kept drawing

even if I really lose my vision, I’ll again find something I can be passionate anout
588 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:11:38.26 ID:eTD+pYIQO
>>1の絵を見てみたいな


wanna see OP’s picture
590 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 01:15:52.89 ID:sGeGsGTv0
こんなにも長い話をここまで聞いてくれてありがとう。
途中、色々関係ない話とかもあって紆余曲折したけど、読みにくくてごめんね。

もし、今何か夢中になってることがあって悩んでいる人がいるなら、
1つだけ、聞いて欲しい。

偉そうなことは言えませんが、

とにかく続けてくださいね。続ければきっとそれはアナタにとって大切なものになるはずです。

これにて、この話はここで完結です。
本当に最後までありがとう。

thank you for reading this lengthy story of mine
I’m sorry it has many off topic things halfway through and it’s not well organized

if any of you are into something and have some trouble, I wanna tell you one thing

I don’t wanna wax all condescending, but, just keep on, if you do, I’m sure it’ll be your treasure

here this post marks the end of the story
I thank you for reading all the way down to her
591 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:16:27.01 ID:0JXu81GB0
お疲れ様
とても心に残るお話をありがとう

good work
thank you for such an unforgivable story
593 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:18:05.01 ID:lVhsj3yw0
いい話だった
ありがとう

nice story
thank you
595 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 01:18:38.31 ID:lqXFPAD80
>>587
お疲れ様です。
あとは、絵さえ見れれば寝れる・・・!w
だめですか?

>>587
good work
I’ll go t sleep if you post your pic…! lol
no?
598 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 01:20:58.89 ID:sGeGsGTv0
絵の要望が多いようなので、サラっと描いてうpしようかとも思います。
見て、ガッカリされるのも怖いですが…w

ここまで見てくれたなら、そりゃ気になりますよね。
今から描くので、下手したら1時間くらいかかりますが、それでもよろしければ、
のちほどうpしますね。

looks like everyone wants to see my pic so I think I’m gonna post one
I’m not sure if I can live up to your expectation but there’s no wonder you guys want it after reading all the way here
I’ll draw from now so maybe it takes like an hour but I’ll post if you want
609 : 忍法帖【Lv=28,xxxPT】 :2011/12/14(水) 02:00:28.61 ID:IvdIXzHz0
毎日ずっと見に来てたけどやっと終わった…お疲れさま。>>1の絵楽しみにしてる!!

I kept coming to watch this thread but it’s finally done
I’m looking forward to OP’s pic!!
612 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 02:20:51.93 ID:FBhRkphuO
wktk

wktk
616 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 02:53:33.37 ID:Wfny+YLhO
>>1を尊敬するよ

I adore you OP
617 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/12/14(水) 03:26:07.21 ID:ZJyq8GyH0
いま追いついた

いろいろ大変そうだ。

僕は大好きな音楽を頑張るよ。

それと、そにこは大切にな!

I’ve read all the posts

things must be tough on you

but I’ll work hard on music too

and live happily with Soniko!
618 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 03:35:38.41 ID:VZUiLg4P0
最後まで読んだ。
ありがとう。やる気出てきた。
僕も持病をもっているけど、そに子の言う通りだよ。


I finished reading
thank you, it’s inspiring
I have illness as well but yeah, Soniko is right
620 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 03:40:06.89 ID:sGeGsGTv0
遅くなってごめん。
とりあえず描いたよ。
思えば、久しぶりに紙に絵を描いた気がする。やっぱり描くのは楽しいね。

スレのイメージが崩れるかもしれないから、
見たくない人はきっと見ないほうがいい。


一応、俺の大切な人を描いたよ。あんまり、似てないけどねw
sorry I’m late
I drew one anyway
come to think of it, it’s been a while since I last drew but drawing is fun after all

maybe it’s not what you thought it was
so you better not see it if you don’t wanna


I drew my precious person anyway, it’s not that similar to her though lol
621 : 忍法帖【Lv=13,xxxPT】 :2011/12/14(水) 03:41:32.18 ID:ZJyq8GyH0
>>620
うまい。

これからも楽しんでください。
楽しんだもの勝ち

>>620
you’re good

please keep enjoying yourself
you’re victorious as long as you enjoy yourself
622 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 03:41:40.43 ID:oDPJW+UtO
プロじゃん









ふぅ…

you’re a pro aren’t you?




phew…
623 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 03:42:33.79 ID:rByj432Y0
幸せになって欲しい。
私は見てるよ。

I hope you’ll be happy
I’m watching over you
625 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/14(水) 03:44:55.69 ID:sGeGsGTv0
みんな、本当にありがとう。
絵も上げたし、これでもうこのスレは本当に完結だね。

絵を描いててよかったなあ、楽しかった。
これからもしかしたら描けなくなっちゃうかもしれないけど、
それまでまたたくさん描くよ。

みんな本当にありがとう。
最初は迷ってたけど
このスレ立てて良かった。

thank you everyone
now that I’ve posted a pic, we can end this thread really

I’m glad I kept drawing, it was fun
maybe I wouldn’t be able to draw in the future, but I’ll keep drwing as much as possible until the bitter end

thank you everyone
I was on the fence about if I should make a thread but it was worth it
626 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 03:47:32.72 ID:VZUiLg4P0
>>620
保存した。


saved
627 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 03:47:36.58 ID:ZYShpa9+0
>>620
うまいな、そに子可愛いww
>>1には幸せな人生を送って欲しい

>>620
you good, Soniko is cute lool
I hope your life will be a happy one
634 :名も無き被検体774号+:2011/12/14(水) 03:53:55.39 ID:+CAPB43z0
>>620
うまい!!
そに子かわええ!!!!

良いスレだった。ありがとう。


Soniko cute!!!!

good thread, thank you



PREVIOUS THREAD: Keeping on drawing pictures saved my life part1

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *