Keeping on drawing pictures saved my life part1

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

original thread; 絵を描き続けたら人生救われた

1 :華丸:2011/12/12(月) 00:29:06.57 ID:C73jG/nL0
まず、俺の簡単なスペックを。
現在21歳男
絵を描くことが大好きヲタメン。今は日常が熱い。
見た目はフツメン…なのかな?博多華丸(芸人)に似てるって言われるな。いわゆう濃い顔。
学生しつつ単発でイラストの仕事とかちょいちょいもらってる、駆け出しの絵描き。
通ってるのはフツーの一般私大。
初スレ立てでちゃんとできてるか凄い不安だけど
絵だけじゃなくて、今夢中になれてることがあるって人には是非聞いて欲しいな
とりあえず書きためてある分を書かせてもらいます

first of all, a brief description of myself
21 now, male
an otaku who loves drawing, now Nichijou is hot
average looking guy, I guess? they say I look like Hakata Hanamaru(comedian), so called chiseled face
an uni student and rookie illustrator doing some one off drawing jobs occasionally
go to an ordinary private collage
I’m really nerveous because this is my first time making threads but I want you to hear me out if you have something you’re really into, it doesn’t have to be drawing
I’ll post what I’ve written down first

2 :華丸:2011/12/12(月) 00:29:52.82 ID:C73jG/nL0
まず、話は高校時代までさかのぼる。
高校の時の自分は本当に平凡な学生で、よくも悪くも楽しく過ごしてた。
田舎の高校で田舎の高校生がフツーに学校に通ってる感じ。
部活のバレーボールが大好きで、ひたすらそれに打ち込んでた。
この時はまだ絵を描いていなかったよ

絵を描き始めるまでのエピソードがちょっと長いけど、すまん


first, it dates back to my high school years
was just an ordinary high school student back then, lived happily anyway
like a country high schooler going to a rural high school
really loved volleyball club, always playing volleyball
back then I didn’t draw pictures

it’s a litle bit long till the part I start to draw but please

4 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:31:25.43 ID:4iRQ6zU90
おらは読んでるズラ

I’m reading
5 :華丸:2011/12/12(月) 00:31:54.67 ID:C73jG/nL0
高2の冬だったか、近所の高校で仲の良い女友達ができた。
誰に似てるかって言われると難しいけど、モデルの田中美保…
に雰囲気似てたかもしれない。あくまでも雰囲気だけねw
そこまで可愛くはないよ

当時通ってる塾が一緒だったから、自分が部活休みだったり早く終わった日には
一緒に帰って塾の自習室に行ってたんだ
そのときの俺は童貞だしウブだったけど、彼女はサッパリした性格で一緒にいてすごく落ち着いた
でも好意はなかったと思う。


guess it was winter in my second year of high school, I made friends with a girl from a neighborhood high school
hard to tell who she looked like but maybe Miho Tanaka, a model…
I mean, just her atmosphere lol
not as cute as her
we went to the same cram school so when I didn’t have club activities or left early, we went to the study hall of the cram school together
back then I was virgin and shy but she was frank so it was really comfy being together with her
but I douted she liked me in a romantic way

6 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:34:21.19 ID:NvyJItUj0
さて、1にちょっとだけ付き合ってみるか‥

well, I’ll accompany you, OP…

7 :華丸:2011/12/12(月) 00:34:26.99 ID:C73jG/nL0
>>4 ありがとう
あくまで俺は友達って感覚でいた。男女関係って意識が薄かったんだと思う。
ある日いつものように一緒に塾に向かってる時に言われた

美保「ねえねえ、今日ウチ来なよ」
俺「え、いいよ。家行くって…おかしくね?」

俺は怪しいと思った。あくまでそういう関係と思っていなかったし、当然断った。
美保「今日親いないんだよ~近くだし、別に深い意味はないしさw勉強教えて欲しいし」
絶対行っちゃいけない気がした


>>4
thank you
I thought we were just friends, guess I lacked sense of relationships
one day, on our usual way to cram school, she said
Miho “hey, come to my place today”
me “what, no prob, going to your place…, isn’t it strange?”

I was suspicious, didn’t think we were in that kind of realationship so I turned down naturally

Miho “my parents are not around today~, I mean it’s not too far, plus it means nothing lol, also want you to help me study”
felt it was not okay to go, no matter what

10 :華丸:2011/12/12(月) 00:36:24.44 ID:C73jG/nL0
>>6 ありがとう。

別に本当に何もないと思う。でもここで行ったら関係が変わる気がした。

ちなみに俺は高校まで電車通いだったから、この時俺の家に行くって選択肢は自然と出てこないんだよね。


>>6
thank you

guessed it meant nothing, literally, but it felt like if I went, our relationship would change

just so you know, I trained to high school so it was only natural for her not to suggest an option of going to my place

12 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:37:55.47 ID:OgCUuOFE0
真面目な童貞はフラグを自ら捨てちまう

serious virgins discard romantic chances themselves

13 :華丸:2011/12/12(月) 00:38:24.55 ID:C73jG/nL0
「いや、行かないよ…」
美保「別にいいじゃんwあ、変なこと考えてる?いやいやないないw部屋の模様替えしたし見て欲しいだけw」
俺「まあちょっとだけ寄ってすぐ塾行くよ…」
俺は本当にちょろっと寄ってすぐ塾に行くつもりでいた。

でもこの判断が本当に間違いだった。この時のこの選択で、大袈裟かもしれないけど人生の道が少し変わってしまった


“no, I won’t”
Miho “why not lol, oh, you thinking about weird things? no way lol, just want you to see my room I rearranged lol”
me “well, I’ll stop by for a bit then go to cram school…”
was really thinking of going to cram school after a short stay

but this decision was realy wrong, this moment, this choice, maybe it’s just me blowing it out of the proportion though, it changed my path of life

15 :華丸:2011/12/12(月) 00:39:57.80 ID:C73jG/nL0
なんか質問とかあったら言ってね。


家には本当に誰もいなかった。平日18時すぎ…もうちょい遅かったかな。
家は真っ暗でガランとしていた。
なんか嫌な予感はしていた。
彼女は急に無口になって俺を部屋に誘導した。
女の子の家に上がるのは初めてのことではなかったけど、いやに緊張したのを今でも覚えてる。


ask me anything if you want


there was really no one at home, on a weekday, about 6pm, maybe it was a little bit later than that
it was pitch black and empty inside
thought it wasn’t good for some reason
she suddenly got awfully quiet and pulled me into her room
though it wasn’t my first time entering a girl’s room, I still remeber how I got really nervous

16 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:40:45.50 ID:NvyJItUj0
>>13
文才あるな。
この後どーなるんだwktk

>>13
skilled writing
what’ll happen next?

17 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:41:59.49 ID:4iRQ6zU90
美保とは塾で知り合ったのけ?

you met Miho at cram school?

18 :華丸:2011/12/12(月) 00:42:15.48 ID:C73jG/nL0
>>16 ありがとう。長くなりそうだけど付き合ってくれたら嬉しい

部屋に入ると彼女の目付きが変わっていた。
彼女はずっと黙っていた。
すると急に押し倒された、どエライ勢いで。
「な、何…?」
急に怖くなった。
美保「なんで…そんなんなのよ…」
「え…?」


>>16
thank you, I’m glad if you stay with me though it’s gonna be long

when I entred the room, her countenance had changed
she stayed silent
then suddenly pushed me down, with such massive momentum
“wh-what…?”
suddenly got cold feet
Miho “why are you so…”
“wha…?”

20 :華丸:2011/12/12(月) 00:44:01.91 ID:C73jG/nL0
>>17
そう、塾で知り合った。だから近所なんだけど高校は違うんだよね。
塾の講義でたまたま近くに座って休憩時間に話して打ち解けて…
とかそんな感じだったと思う。

>>17
right, I met her at cram school, so we went to different high schools even though we were neighbors
in a cram school lecture, we happend to sit close then talked in breaks to become friends…
that was how things went I guess

21 :華丸:2011/12/12(月) 00:46:18.65 ID:C73jG/nL0
美保「いつも一緒にいるのに、どうして私をみないの?」
的なことを言ってた気がする。よく覚えていないんだが。
そのあと、彼女はすごい形相で俺の服をひき剥がした。
信じられない力に形相、抗うんだけどもう滅茶苦茶だった。


Miho “even though we are always together, why don’t you look at me?”
I think she said something like that, though my memories are hazy
then with an extraordinary expression, she started to tear up my cloths
unbelievable power and countenance, I tried to resist but it was all messed up

23 :華丸:2011/12/12(月) 00:47:46.33 ID:C73jG/nL0
そして目の前で俺のケータイを真っ二つに折った。
美保「こんなものがあるからぁ…私以外を見ちゃう」
正直もう何も分からなくなってた。
彼女は泣きながら自分も服を脱いで発狂したようにひたすら俺を押してきた。
ちょっとこれ以上は書くのが辛い…すまん
要は逆レイ○されてしまったってことです


then she broke my cell right in half before me
Miho “because you have this thinggg…, you look at someone other than me”
to tell tha truth, I couldn’t understand a thing anymore
she undressed herself and shoved me crying hard like freaking out
it’s a little hard for me to go on…, sorry
I mean, she raped me

24 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:48:34.56 ID:4iRQ6zU90
メン…ヘラ?

mentallt ill?

26 :華丸:2011/12/12(月) 00:49:16.19 ID:C73jG/nL0
>>24 メンヘラ…だったのだろうか。少し違うかもしれない…

>>24
I wonder if she was, maybe a little different…

27 :華丸:2011/12/12(月) 00:50:30.61 ID:C73jG/nL0
これだけ書くと羨ましいとか言う人もいそうだけど
当時の俺はこれが初体験…になってしまうわけでw
当時の俺はウブもウブ、男女関係にもっと綺麗な理想を描いてた。
この体験が、自分でも信じられないくらいトラウマになってしまった。
なにより信じていた異性の、あまりに猟奇的な本性を見てしまい、異性不信という状態に陥ってしまった。


maybe someone gets jealous of me just reading my posts
but for me this was supposed to be my first…lol
back then I was shy through and through, had my idealistic romantic relationship
this experience was unbelievably traumatic for me
I saw a truly insane instinct of the most trusted woman, as a result, I got gynophobia

30 :華丸:2011/12/12(月) 00:52:50.11 ID:C73jG/nL0
見てくれてる人いるかな?長くてごめん。

無論、美保とはその後一切連絡をとることはなかった。
ストーカーとかになったら怖いという感覚もあったが、それからは一切向かうからも連絡がなくなった。
通ってた塾も俺は辞めた。


anyone still watching? sorry it’s long

of course I didn’t make any contact with Miho ahter that
a fear of her turning into a stallker remained, but she didn’t contact me from then on either
I quit cram school as well

31 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:53:56.68 ID:LUAD+j/xO
満てます

I am

32 :華丸:2011/12/12(月) 00:54:57.90 ID:C73jG/nL0
>>31 ありがとう。

俺はこの日から3,4日メシが食えなくなって、点滴を打つために学校を休んだ
今思えば、どれだけショックだったんだろうなw
とにかく相談するにもこんなこと言うのも恥ずかしくて仕方がなかった。
体調が戻って久々に学校に行くことにした。
幸い、理数系の進学クラスみたいな所にいたので、クラスに4人くらいしか女子がいなかった。


>>31
thank you
from that day forward, I couldn’t eat anything 3-4 days and gotta have IV drips so didn’t go to school
looking back now, I wonder how shocking that was lol
I couldn’t bring myself to tell someone, it was way too embarrassing
then got recovered and decided to go to school for the first time in ages
luckily enough, there were only like 4 girls in my class beacause it was kinda elite course specialized in scientific subjects

33 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 00:56:19.33 ID:NvyJItUj0
>>30
見てるぜ。
長くてもいいよ。ゆっくり行こうぜ。夜は長いんだ。

I’m watching
I’m okay with it being long, take your time, night is long after all

34 :華丸:2011/12/12(月) 00:57:33.92 ID:C73jG/nL0
>>33 ありがとう。

その女子たちは勉強熱心で仏みたいな人たち(見た目も)でほとんど喋らないので、学校生活には思ったほど支障がなかった。
これが本当に救いだった
ただ後になってクラスメイトに聞いた話によると、久々に来た俺は本当に無口で人が変わったよう、だったらしいw


>>33
thank you

because those girls were dilegent and like Buddha(even their appearances were), didn’t talk much, there was no big trouble in my school life unexpectedly
this was really helpful
but afterwards, my classmates told me I was totally speechless and it was like I had completely changed into someone else lol

35 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:00:12.31 ID:NvyJItUj0
女子4人しかいねぇってw
工業系?

only 4 girls in class lol
technical school or anything?

36 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:00:22.98 ID:Ufg55zYZ0
追いついたお

みてるよー

finished reading your posts

I’m watching you~

37 :華丸:2011/12/12(月) 01:01:04.98 ID:C73jG/nL0
>>35 いやいや、理数系の特進クラスみたいなとこだったから、クラスには女子が4人だった。
学校自体には普通に女子いたよ。

>>35
nah, only 4 girls because it was a scientific prep class
we had a fair share of girls in other classes

38 :華丸:2011/12/12(月) 01:02:07.75 ID:C73jG/nL0
放課後部活に行くと、同級のキャプテンがすごく心配してくれた。
今まで皆勤で、部活も休んだこと無いおれが4日も学校を休んだのですごく心配だったらしい。
ちなみにこのキャプテンは板尾創路に似ているので、板尾と呼ぶことにする。
クラスは別のクラスだ。
部活終わり、皆帰ったあとの部室。
板尾「お前何かあったのか…声もあんまり出てなかったし」
「い、いや…」


when I went to club after school, the club pres in the same year as me tried to cheer me up hard
looked like he got really worried about me because I was absent from school 4 straight days in spite of the fact that I hadn’t even taken a day off from club
just so you know, this captain looked like Ituji Itao(comedian) so I’ll call him Itao
he was in a different class
after club, in the club room everyone left
Itao “something wrong with you…? I mean you didn’t project”
“w-well…”

39 :華丸:2011/12/12(月) 01:03:46.21 ID:C73jG/nL0
>>36ありがとう

板尾「絶対何か落ち込むことあったろ?わかりやすいぞw
この板尾先生に言ってみなさいww」
板尾はこんな感じのノリの男だった。本当にいいやつなのだ。
それでいてけっこう女遊びもやんちゃなヤツで、そういうこともよく知っていたw
だから相談するなら絶対板尾だろう、と俺は思っていた。


>>36
thank you
Itao “I’m pretty sure something bad happened to you, like an open book lol
tell me, I, Mr. Itao will hear you out lool”
Itao was like this, really good guy
and he was also a naughty student playing with many girls, knew well about that kind of things lol
so if I had to tell someone, I thought Itao was the guy

41 :華丸:2011/12/12(月) 01:06:50.54 ID:C73jG/nL0
俺は板尾に全てを話した。
板尾は何も言わなかった。ただ、泣いていた
俺も泣きながら話していたからだろうか。
この話で男二人して泣いてるって今思えばすごくおかしいんだけどw
高2のガキにとってはそれほどショッキングなことだった。


I told Itao everything
Itao didn’t say anything, just cried
I wonder if that was because I cried talking to him as well
now that I think about it, it’s really funny, two guys crying together lol
but that was how shocking it was for 11th graders

44 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:11:15.42 ID:pCukTpXSO
みてるよ
続きはよ

I’m reading
go on

45 :華丸:2011/12/12(月) 01:11:16.29 ID:C73jG/nL0
それからは、ただひたすらに部活に打ち込んだ。
すごく部活が楽しくて、色々忘れられた。

ただ、異性不信が思った以上に深刻で自分でも驚いた。
女子と顔合わせられなくて、話そうとすると動悸がして、吐き気が出るようになってた。
ただ、女子が好きという気持ちはもちろん強く生きていた。
だから恋もしたかったし、女の子とも当然話したかった。当たり前だよね。


after that, I frantically did club activities
club was so fun I could forget about many things

but I was surprised how my gynphobia was way more serious than I expected
couldn’t look straight at girls’ faces, my heart throbbed when trying to talk, even felt nousea
but of course I still liked girls
so I wanted to enjoy romance and talk with girls, it was only natural was it?

46 :華丸:2011/12/12(月) 01:12:46.42 ID:C73jG/nL0
>>44 ありがとう。書くの遅くてすまん

女の子への想いは強まるのに、関わることができない。
その状況をどうにかしたかった。
板尾に相談した。
実はこの板尾という男、ナイスオタクで絵描きであるという一面もあった。

板尾の絵はすごい上手くて、デッサンからイラストなんでもできた。


>>44
thank you, sorry I’m a slow writer

my desire for girls got stronger yet couldn’t get involved
wanted to do something with that situation
asked Itao for some advice
actually this guy called Itao was also a nice otaku and illustrator

literally skilled guy, capable of everything from line drawing to illustration

48 :華丸:2011/12/12(月) 01:14:46.41 ID:C73jG/nL0
板尾は俺にとんでもないことを言い放った。
でもこれが今の俺の、支えになってる。この一言が。
板尾「絵描こうぜ?一緒に。楽しいからさ」
「絵?いやお前が絵が好きなのは知ってるけど…」
板尾「お前の理想の女の子をさ、紙の中に落とし込めばいい」
板尾「青春の形なんて人それぞれだ。現実が今は無理なら、とりあえず絵の中に女の子を描いてみるってのはどうだ?」
非常にめちゃくちゃな事を言われた気がしたw


Itao told me a crazy thing
but the words have made me what I am today, his words have
Itao “let’s draw pictures, together, must be fun
“drawing? I know you love drawing though…”
Itao “your ideal girl, put her onto the paper”
Itao “adolescence comes in different shapes, if it’s impossible for you to deal with real girls now, why not draw girls instead?”
felt like he said really absurd things lol

49 :華丸:2011/12/12(月) 01:16:48.70 ID:C73jG/nL0
板尾「女の子を描いていくうちに、色々気付くこともあるかもしれない。
絵はひたすら自分の描いてるものと向き合うことだから。それで徐々に慣れていけばいいよ。そしたらいつか実際の女の子とも向き合えるようになるさ」
きっとこれは、板尾なりの優しさだったんだと思う。
きっと描いてる本人が一番絵の楽しさを知ってるから、俺も楽しめると思ったんだろう。


Itao “while drawing girls, maybe you can notice various things
drawing is all about facing what you draw, you can gradually get used to it, then someday you’ll be able to face real girls”
I guess that was how he expressed his kindness
probably because he himself knew how fun drawing was, he thought I’d enjoy it as well

51 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:18:02.05 ID:VLeCO/dZ0
寝れなくなったわ
支援

can’t fall asleep
bump

52 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:18:56.91 ID:LUAD+j/xO
……そんなことが

…quite a story

53 :華丸:2011/12/12(月) 01:20:00.38 ID:C73jG/nL0
みんなありがとう。


正直最初は面食らった。
絵を描くなんて思ってもいなかったからだ。
俺はまったく絵に関心がないというワケではなかった。
幼い頃はカービィとか描きまくってたし、
中学の時は授業中にヒカルの碁とかドラゴンドライブとかを模写して遊んだりもしてた。
でもやっぱり人間を描くのは難しくて、高校に行ってからは
まったく絵を描く習慣はなくなっていた。


thank you guys


be honest with you, at first I was dumbfounded
I mean, I didn’t even imagine me drawing pics
it was not that I had no interest in drawing
you know, I was always drawing Kirby as a kid
when I was a middle schooler, I used to copy Hikaru’s GO or Dragon Drive during classes
but drawing humans was difficult after all, after I became a highschooler, I stopped drawing

54 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:21:41.75 ID:NvyJItUj0
もしかして>>1って今はけっこう有名な画家とかだったりして?

maybe OP is a kinda famous painter now?

55 :華丸:2011/12/12(月) 01:25:24.15 ID:C73jG/nL0
>>54 いやいや、そんなことはないよw
あんまり言っちゃうとストーリーのネタバレになりそうで現在のことは
あんまり言えないけど、どこにでもいる萌え絵描きだよ

>>54
nah, no way lol
because answering the question would spoil the story I can’t say much now but I’m just a generic moe illustrartor you can find anywhere

56 :華丸:2011/12/12(月) 01:26:30.24 ID:C73jG/nL0
板尾に、たくさん教本をもらった。
特に良かったのは「スーパーマンガデッサン」
これを元にひたすら絵を描き続ける日々が始まった。
描き始めは楽しくて仕方なかった。
上手くいかないことも多いけど、女の子を描くことはただ、ただ楽しかった。
蜜を舐めるかのように、どんどん絵を描くことにハマっていった。


Itao gave me many textbooks
“super manga line drawing” was especially good
I began drawing pics day in day out following guidance by this book
at first drawing was way too fun
though most of the time things didn’t go my way, drawing girls was just fun
like licking nectar, I got more and more into drawing

58 :華丸:2011/12/12(月) 01:31:35.17 ID:C73jG/nL0
高3の夏になって、板尾も俺もバレー部を引退した。
板尾は美大を目指す、と言ってその勉強を始めた。
俺は特進クラスにいたので、美大を志望にすることはできなかった。
とは言え絵のレベルもまったくそのレベルに達していなかった。

とにかく部活がなくなってある種空っぽになってしまったので
ひたすら絵を描くことを楽しんだ。
学校終わって某進衛星予備校行って受験勉強して、そのあと家で夜9時~午前3時まで絵を描く
そんな生活をしていた


in the summer of 12th garde, Itao and I both retired from club
Itao was aiming for an art collage so he started to study
because I was in prep class, they didn’t let me go to art collages
that said, my drawing didn’t reach that quality at all

I got kinda empty after I lost club activities
so enjoyed drawing frantically
left school then went to a certain popular cram school and studied for entrance exams, then drew from 9pm to 3am at home
I led that kind of life

59 :華丸:2011/12/12(月) 01:35:46.99 ID:C73jG/nL0
異性不信はと言えば相変わらずの状態だった。
学校ではできるだけ他のクラスの女子に会わないようにしていた。
絵を描き始めて気持ちは晴れたが、板尾いわく
前より人に距離を置くようになったと言われた。

そんなこんなで板尾は美大受験、俺は絵を描きつつ受験勉強。
そんな感じで高校時代は過ぎていった。

but my fear of women still remained
I did my best to avoid girls at school
starting to draw made me feel better but according to Itao, I tried harder than before to distance myself from people

Itao working on art collage entrance exams and me studying for entrance exams while drawing
that’s how we spent the last days of our high school years

60 :華丸:2011/12/12(月) 01:39:50.21 ID:C73jG/nL0
俺は東京のフツーの一般私大に進学し、
板尾は東京の私立美大に進学した。
俺は大学に行ったら新しい環境で異性不信も減るだろう
と思っていたが、それが甘かった。

新生活でみんな浮かれているが、その波に乗り切れない。
異性と話すのは相変わらずダメで、部活やサークルもどうするかすごく悩んだ。


I got into a generic private collage in Tokyo
and Itao to a private art collage in Tokyo
my gynophobia would die down, I thought like that but I was just naiive

everyone was walking on air but I couldn’t feel the same

talking with girls was still impossible for me so I had a big trouble choosing clubs

61 :華丸:2011/12/12(月) 01:43:20.53 ID:C73jG/nL0
誰か見てるかな?書くの遅くてすまん。

その時、大学でたまたま美術部のビラを見つけた。
「美術部か…」
もともと板尾だって俺が実際の女の子にまた向き合えるように絵を描くこと
を薦めてくれた。
同じ絵を描くことが好きな人達とだったら上手くやれるかもしれない。
そう思って俺はとりあえず美術部の部室を目指した。

anyone still watching? sorry I’m a slow writer

then I happened to see a flyer of art club
“art club huh…”
originally Itao told me to draw pics to face girls again
maybe I can get along with people who love drawing like me
so I headed for the club room anyway

62 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:43:38.16 ID:NvyJItUj0
大学デビューも失敗か。

so you filed to make a flashy debut as collage student

63 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:44:13.53 ID:sDG6mLASO
見ているよとアピール。

I’m watching, notice me

64 :華丸:2011/12/12(月) 01:48:32.26 ID:C73jG/nL0
「俺はいつからこんな人が苦手になったんだ?」
と色々なことを悩みながら。
部室棟の階段を登って美術部を目指した。

…結果から言って、想像しているのと違った。
新入生の女の子も一杯いたが、ウマが合わなかった。
ショックだったが、展示会を頻繁にやっているそうなので、籍だけ入れた。

しかし、この展示会のために籍を入れたのが、本当に、本当に、良かったんだ。

“I wonder since when I’ve been this bad with people”
thinking about different things, I went upstairs and headed for the art club room

I’ll cut to the chase, it was not what I expected
tons of new girls out there but didn’t get along
was shocking but looked like they often held exhibitions so I registered my name anyway

but this decision was actually good, really

65 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 01:51:25.69 ID:LUAD+j/xO
みてるよ

watching now

67 :華丸:2011/12/12(月) 01:53:47.53 ID:C73jG/nL0
>>63 ありがとう。

大学の美術部における展示会っていうのは
部内で有志を募って作品を集めて
いい感じのギャラリーを借りて展示会をする感じ。
俺は当然同人活動もするつもりでいたんだけど、展示会にもすごく興味があった。

なので籍をいれておいて、展示会には作品をだそうと思った。
結果的に、人付き合いは避けたってことになるんだけどね。

>>63
thank you

exhibitions for a collage art club were like collecting works from club members and holding exhibitions at comfy galleries we rented
I was thinking of doujin(secondary works of official manga or anime) activities but was also interested in exhibitions

that’s why I joined them and tried to exhibit my works
it meant as a result I avoided people after all

69 :華丸:2011/12/12(月) 01:58:25.81 ID:C73jG/nL0
>>65 ありがとう。

そして最初の展示会は6月だというので、それに向けて
さっそく作品を描くことにした。
最初の展示会だし、気合入れてみんなをビビらせようとも思った。

これと並行して、板尾のいる美大にも何度も潜りこんだ。
不思議と美大の連中とは楽しくやれる気がした。
板尾に人体デッサンとかパースみてもらって、ボコボコに言われたりしたw


>>65
thank you

they said they were gonna hold the first gallery so I soon decided to draw for it
it was the first exhibition for me so I thought I had to work my butt off and surprise them
during that period, I secretly went to Itao’s collage many times
strange enough, I thought I could get along with guys from art collage
sometimes I showed my human body line drawing or perspective to Itao then he used to talk shit about it lol

72 :華丸:2011/12/12(月) 02:02:18.80 ID:C73jG/nL0
大学デビューの4月5月にこんな感じだった。
みんな浮かれて、楽しんではっちゃける所だろう。

俺はといえばろくに自分の大学のヤツとは親しくならず
家に篭ってひたすら絵を描くことを繰り返し

美大に潜ってそこの連中と仲良くなったりしていた。
今思うとヒドイと思う。
自ら青春を放棄した感じもするが、この時はそんなこと忘れるくらい楽しくもあった。
またそれ以上に板尾がとても良い奴で、板尾と絵を語るのが楽しかった。

April and May as freshman were like that

generally freshmen would feel elated and enjoy themselves to the fullest

but I didn’t get friendly with guys at collage, just went home and shut myself in my room drawing nonstop
infiltrated the art collage and got along with people out there
looking back now, it was awful
feels like I threw adolescence away myself but had so much fun that I didn’t think about it
and more than that, Itao was a really good guy and talking with him about drawing was fun

73 :華丸:2011/12/12(月) 02:09:20.21 ID:C73jG/nL0
今でも覚えてる板尾宅での会話。
板尾「お前も随分上手くなったよなぁ」
「ったりめーじゃん!w6月に展示会だし、一発かまさないとな!w」
板尾「調子のんなよ人体の筋肉もまだろくに知らんクセにw」
「まあ大学でも女子と上手く話せないけどさ…」
板尾「…まあ大丈夫さ。きっといいことあるよ!」
「そうかな…」
板尾「勇気出して部活入ったじゃねえかwなんとかなるよ」

これがフラグだった。

unforgettable conversation at Itao’s place
Itao “you got really good”
“of course I did! lol gotta show them all I’ve got at the exhibition! lol”
Itao “don’t get carried away when you don’t even know about human muscles lol”
“well, I can’t talk with girls casually though…”
Itao “well, you’re gonna be okay, something good will happen to you!”
“I’m not sure…”
Itao “I mean, you mustered courage and joined club didn’t you? lol you’ll figure out”

this was foreshadowing

75 :華丸:2011/12/12(月) 02:13:22.78 ID:C73jG/nL0
板尾は茶化しつつも色々アドバイスしてくれた。
俺も、なぜだか分からないけど6月の展示会にものすごく賭けてた。
今でもなんであんなに必死になっていたかはよく分からない。

そして6月の展示会の当日。
俺は慣れない風景画をデジタルで描いた。
搬入は朝、出品するその人自身で作品を会場に搬入する。

while picking on me, Itao gave me tons of advice
didn’t know why but I was so worked up about the exhibition in June
even now I don’t know why I tried that hard

and on the day of June exhibition
I had drawn a digital landscape
we gotta bring in our own works in the morning

77 :華丸:2011/12/12(月) 02:19:48.27 ID:C73jG/nL0
展示会の絵をめちゃくちゃ頑張れば、何か変わるような淡い期待をしていた。

でも、現実は厳しい。
展示会当日の朝はど緊張。
まず自分の絵を人前に初めて晒す。
そして、部員と協力して会場を設営しないとならない。
まさに二重苦。怖くて仕方ない。

入部して二ヶ月なのに大体の人が初対面w
ただ、部長が優しくて助かった。部長は女性だった。
部長「華丸君初めて見たなーwイイ絵描くね!」
「ええ、まあ…」
この時点で凄い動悸なのである。耐えられない。

I had a slightest hope that something would change if I worked my butt off drawing

but reality was a hard road
was really nervous in the morning of the exhibition
first, this was the first time for me to show my work to others
second, gotta set up the place together with the club members
literally a double whammy, too scary

two month passed after I joined yet most of them were strangers to me lol
but club pres was a nice person, I was relieved, the person was female
pres “first time seeing Hanamaru kun lol good picture!”
“w-well, yeah…”
my heart already throbbed hard, insufferable

78 :華丸:2011/12/12(月) 02:26:08.06 ID:C73jG/nL0
今日は明け方まで書こうと思います。それで終わらなければまた明日の夜に。

部長は優しい。分かってはいることである。
でもダメなのである。俺は会場のギャラリーのトイレに駆け込んだ。
どうして。
落ち込みつつ会場に戻ると
部長「華丸君今日体調悪そうだねー」
部長「シフト、午後からだから。それまで一旦大学戻って仮眠しなよ」
「はい…」
ありがたかった。俺は一旦大学に行って寝ることにした。
まったく面倒なヤツである。
午後から展示会の受付のシフトがある。二人一組。一体誰と一緒なのか…女子だったら…

I’ll be posting till dawn, if I can’t finish, tomorrow night

pres is nice, I know that
but it’s no use, dashed to the restroom of the gallery
why
feeling depressed, I went back to the exhibition
pres “looks like you don’t feel good today”
pres “your shift is in the afternoon so go back to collage once and take a nap for a while”
“okay…”
she saved me, I decided to go back to collage and rest
such a bother
in the afternoon, I had a shift of reception, two people per shift, I wonder who teamed up with me, if that’s a girl…

79 :華丸:2011/12/12(月) 02:34:31.29 ID:C73jG/nL0
午後、会場に戻るとそこにいたのは、おちゃらけたタメの一年だった。
ココリコ遠藤に似ていた。
遠藤「お!はじめましてかな?」
「(男か…よかったわ)そうだね、初めましてだね」
遠藤「おうおう!今日シフト一緒みたいだしよろしくな!」
「よろしく!」
遠藤「なんか華丸の絵けっこう人気みたいだぜーwアンケートにもけっこう書かれてるし」
「えっマジか」

in the afternoon, I came back to the exhibition and this playful guy from the same year was there
he looked like Kokoriko Endou(a comedian)
Endou “oh! guess this is the first time seeing ya?”
“(a guy huh?…, I’m relieved)yeah, nice to meet you”
Endou “yeah yeah! looks like we’re on the same shift so let’s do this!”
“yeah!”
Endou “looks like Hanamaru’s pic is doing well~, they often mention yours on questionnaires”
“what, seriously”

82 :華丸:2011/12/12(月) 02:40:14.77 ID:C73jG/nL0
これは素直に嬉しかった。
板尾以外に自分の絵を見てくれる人がいるのも嬉しかったが、
自分の絵を気に入ってくれる人がいることが嬉しかった。
そして、そこに思いもよらぬ展開があった。

受付と言っても割と暇なので、俺はせまいギャラリー内をフラフラしていた。
俺の絵の前で立ち止まってる女の子がいた。

「うわ、俺の絵の前でずっと立ち止まってる…」
そしてその子はぼそっと「これいいな」と言って
俺の絵を写真に収めた。(撮影おkなので)

I was unironically happy
I was glad to know someone other than Itao saw my paint, that was one thing, and someone liking my drawing was another
and here, things took a dramatic turn I didn’t expect

even though we were receptionists, we didn’t have much work to do so I was roaming around the small gallery
a girl standing before my work was there

“jeez, she’s been there in fron t of my picture…”
taking a picture of my work(photos allowed), in a small voice, the girl said “this is good”

84 :華丸:2011/12/12(月) 02:43:24.07 ID:C73jG/nL0
(うわ…どうしよう言いたいわ。それ俺が描きましたって言いたい…)
すごく悶々とした。こんなことは初めてだった。
目の前で自分の絵を気に入ってくれた人がいる。
でも女の子だったし俺はすごく話しかけるのに戸惑った。
制服を着ていたし明らかにJKであることは分かった。

(damn, I wanna say it, I wanna tell her I drew it…)
really frustrating, the feeling I didn’t know
a person before me liked my own picture
but she was a girl so I hesitated to talk to her really
because she wore school uniform, it was obvious she was a high school girl

88 :華丸:2011/12/12(月) 02:51:27.13 ID:C73jG/nL0
すると向こうから来た。
その子は胸が大きい子だった。なのでそに子と呼ぶ。
そに子「あの…この絵描いた人って今ここにいますか?」
「(…!!)あ、それは…自分が…」
そに子「え、あなたが…すごいですね…!何使ったんですか?」
「え、えとデジタルで…ペインターとSAIで…」
もう、頭がクラクラしてどうにかなりそうだった。
今この状況が信じられない。

then she walked up to me
she was a busty girl, so I’ll call her Soniko(from Super Sonico, a character by Nitroplus)
soniko “well…, the artist of this paint is around now?”
“(…!!)well…, it’s me…”
soniko “oh, you are…, amazing…! how did you draw it?”
“w-well, it’s digital painting, with Painter and SAI…(paint tools)
feeling super dizzy, I almost went nuts
unbelievable situation here

89 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 02:54:30.40 ID:P77FgRo90
おっぱいに癒されたのか、畜生w

so you got healed through her boobs huh? damn lol

90 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 02:55:11.22 ID:/igzkP0g0
最後まで付き合うよ

I’ll accompany you till the end

91 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 02:56:06.97 ID:3y9vRRh/0
くそ。何回漫画で出てきそうな展開やる気だ。
一回でいいから俺にも分けて。

damn, how many times will you post manga like developments here
can you share it with me at least for once?

92 :華丸:2011/12/12(月) 02:57:25.26 ID:C73jG/nL0
よく覚えていないが、信じられないくらい質問攻めにあった気がする。
向こうも自分も顔真っ赤だったんじゃないだろうか。

そに子「また、明日も来ますね…!!」
そう言ってそに子は去った。展示会は二日間だったのだ。
ちなみに俺は二日目もシフトがあるようだった。

遠藤「ちょっとなんすか今のJK~?」
ここで遠藤である。
「いや、初対面で…なんか俺の絵が良かったらしくて…」
不思議と、俺はこの時は動悸はあったが吐き気を催さなかった。
遠藤「で、連絡先聞いたんスか~?」
お前はその喋り方をどうにかしろ。
「いやいや、そこまでしないだろ普通…」
遠藤「ふーん…」

しかしこの遠藤がやってくれるのである。
ちなみに二日目のシフトもコイツと一緒だった。

don’t remember well but I guess I answered rapid fire questions from her
she and me were both blushing hard I guess
Soniko “then I’ll be seeing you tomorrow as well”
she left with the parting words, the exhibition lasted two days
just so you know, looked like I had a shift tomorrow as well

Endou “hey what was that all about? high school girl~?”
here comes Endou
“well, it was the first time seeing her…, looks like she liked my work…”
strange enough, this time my heart was throbbing but I didn’t feel sick
Endou “so you’ve got her number~?”
you better fix your way of talking
“no way, you can’t go that far…”
Endou “hmmm…”

but this Endou guy did it
just so you know, next day I was again on the same shift as this guy

95 :華丸:2011/12/12(月) 03:00:13.82 ID:C73jG/nL0
>>89 >>90 >>91 みんなありがとう。
ちなみに救われたってのはこの子はあんまり関係してないかもw
多分みんなの予想してる展開とは違うよ。

>>89
>>90
>>91
thank you all
just so you know, maybe this girl doesn’t have much to do with “I was saved” part lol
guess it’s not what you’re expecting

96 :華丸:2011/12/12(月) 03:04:39.98 ID:C73jG/nL0
展示会二日目。
二日目も割と盛況のようだった。
シフトはまた午後。
俺は一日目ほどの緊張はなく、なんだかゆったりとやれた。
でも部員の女の子と話すのは避けていた。

遠藤「おっす!昨日の子来るといいねww」
「お前はまだそんなことを…」
遠藤「なんか楽しいんだもんwってかずるいww」

exhibition day 2
looked like the second day was also bustling
again my shift in the afternoon
not as nervous as the 1st day, I could have a relaxing time
but still I avoided talking with girls in club

Endou “hey! I wish for you the girl from yesterday will come lool”
“you still on that…”
Endou “cuz it’s kinda fun lol, more like you’re dirty lool”

97 :華丸:2011/12/12(月) 03:09:38.67 ID:C73jG/nL0
その時ギャラリーは静かだった。
受付の俺ら二人と、見てる方一人だけ。

遠藤「お、あの子来たぞ…」
入り口付近で遠藤が囁く。
(うるさいやつだなぁ…)
そに子「こんにちは…」
遠藤「昨日も来てくれましたよね、ありがとう」
そに子「はい、素敵な展示なので…」
遠藤の対応は予想以上に紳士的だった。

that time, the gallery was quiet
us, two receptionists and a visitor alone

Endou “hey, that girl is here…”
Endou whispered near the entrance
(noisy guy…)
Soniko “hello there…”
Endou “you visited yesterday as well didn’t you? thank you”
Soniko “yes, because it’s a nice exhibition…”
unexpectedly Endou acted gentl

98 :華丸:2011/12/12(月) 03:13:51.67 ID:C73jG/nL0
「こ、こんにちは…」
笑ったつもりだったけど声すら出てなかった気もする、今となっては。
そに子「こんにちは、実は今日何回か来てたんですwやっと会えたw」
遠藤「そこまでして華丸に会いたいのかよーw」
そに子「い、いえ…」
正直、この時既に動悸起きすぎて氏ぬかと思ってた。

“h-hello there!”
looking back now, though I tried to smile, I couldn’t even say anything I guess
Soniko “hello, actually I visited a few times today lol finally found you lol”
Endou “you missed Hanamaru that musch~ lol”
Soniko “n-no…”
to tell the truth, I thought, this moment, I was gonna die becuse my heart was throbbing real hard”

99 :華丸:2011/12/12(月) 03:21:20.20 ID:C73jG/nL0
耐えられなかったので、とりあえず展示の中に誘導した。

「お前何いってんだよ…」
遠藤「いいじゃない、もうファンだよ、ファンw」
でもファンって響きは良かった。

そに子「それじゃ…良い展示でした。ありがとうございました…」
「あ、はい…」
遠藤「あ~ちょっと待ってよ!君高校生?」
そに子「はい…受験生です…」
そに子「でもこの〇〇大学さんの展示すごくよかったです。
ちょっと大変ですが頑張って絶対〇〇大学に来ます!」
遠藤「あ、おう、それはありがたい…」
遠藤が、ちょっとひいた。
そに子は顔を真っ赤にしている。なぜそんなことを言ったのか…

I couldn’t stand it so let her into the gallery anyway

“what was that all about, you little…”
Endou “it’s okay, she’s now a Hanamaru fan, really lol”
but fan sounded nice

Soniko “well then…, it was a nice exhibition, thank you very much…”
“oh, yeah…”
Endou “oh, wait a sec, you a highschooler?”
Soniko “yes…, I’m taking entrance exams this winter…”
Soniko “but this collage’s exhibition was really good,
it’s gonna be tough but I’ll do my best and go to this collage!”
Endou “well, oh, I’m glad to hear that…”
Endou on the back foot

Soniko blushed hard, I wonder why she said something like that…

102 :華丸:2011/12/12(月) 03:26:41.17 ID:C73jG/nL0
そに子「華丸さんの絵すっごく気に入りました。私もああいう絵描きたいです」
「あ…いや…ありがとうございます…」
遠藤「わざわざ二日間来てくれる人なんて、きっといないよねー」
遠藤「せっかく来たんだし、連絡先くらい交換したらどうなのよ?」
遠藤のぶっぱが炸裂した。
そに子「いや…でも悪いですよいきなり」
「だよね…」
遠藤が俺の足を踏む。

Soniko “I really love Hanamaru san’s work, wanna draw one like that as well”
“erm…, well…, thank you…”
Endou “no one else would come two staraight days, I guess~”
Endou “at this point, you might as well exchange your numbers”
Endou’s boldness exploded here
Soniko “well, it’s not very nice, all of a sudden…”
“you’re right…”
Endou stamped on my foot

103 :華丸:2011/12/12(月) 03:31:25.44 ID:C73jG/nL0
(いって…なんだ?)
まあその足踏みが何を言ってるのかは分かった。
「じゃあ…アドレス交換…しとく?これも何かの縁だし」
そに子「いいんですか…ありがとうございます…!!」
まさかこんな事になるとは思わなかった。
高2のあの日以来、初めて新たにできた女友達だった。

そに子「また連絡します!絵のこと教えて下さい!」
そに子は笑って帰った。
遠藤「……」


(ouch…, what was that for?)
well, I knew what the stamp meant
“well then…,wanna change numbers? I mean, you came all the way here”
Soniko “really…? I appreciate it…!”
didn’t see it coming
since the day in my second year as a highschooler, she was the first female friend

Soniko “I’ll contact you! teach me drawing!”
Soniko left us smiling
Endou “….”

104 :華丸:2011/12/12(月) 03:38:24.71 ID:C73jG/nL0
遠藤「く、俺とも連絡先交換してくれると思ったのに…」
「いやそれはねーだろ」

遠藤「だってJKだよ?いいなあ、おかしいよ…」
確かにオカシイ。今自分の身に何が起きてるかよくわかってなかった。

俺は興奮してたのか、その日の作品搬出の作業で貧血で倒れそうになったので
ほとんど力になれなかったw
結果ずっと遠藤と話していた。と言うか搬出に男が遠藤しかいなかった。

Endou “damn, thought she’d exchange numbers with me as well though…”
“no chance duh”

Endou “I mean, she’s a girl highschooler, no fair…”
indeed, it was not fair, even I didn’t firmly grasp what was going on

I was so exicted, guess that’s why I almost passed out due to anemia after carrying stuff into the gallery and couldn’t help them run the exhibition lol
I ended up talking with Endou the whole time, or better yet, Endou was the only guy available for carrying out stuff

105 :華丸:2011/12/12(月) 03:45:58.06 ID:C73jG/nL0
でもこの出会いは、すごく嬉しかった。
異性不信だった俺が凄く頑張れた、って本当に前向きになれた。

その後喜んで板尾に報告した。
板尾「やったじゃねえかwwきっとお前にとってその子は
どんな形であれ重要な存在になるよ。ゆっくり向きあっていきなよ」
「え、でもどうしようwwJKだよwww」
板尾「焦る必要はないよwwそれに来年同じ大学になるかもしれないんだろ?w
ゆっくりメールでもしてろよ」

but I was really happy about this chance meeting
considering a guy with gynophobia got to talk with a girl, it was really encouraging

so happy about this, I repoted to Itao afterwards
Itao “good for you lool I’m sure, in any way, you’ll be an important existence for her, just take your time facing it”
“what, but what should I do loool? I mean she’s a girl highschooler loool”
Itao “no rush really loool plus, she could come to your collage next year right? lol
just take your time mailing”

106 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 03:47:30.63 ID:P77FgRo90
高校部活やってて貧血とは・・・えらく作品製作に根詰めたな

anemia during high school club activity huh? you worked really hard drawing the paint didn’t you?

107 :華丸:2011/12/12(月) 03:48:52.97 ID:C73jG/nL0
>>106 そうなんだよ、とにかく大学に来てからの俺は貧弱の極みなんだよね。

>>106
yeah, after I enrolled in uni, I was weak through and through

108 :華丸:2011/12/12(月) 03:54:32.89 ID:C73jG/nL0
それからそに子と俺はちょくちょくメールをやりとりする仲になった。
割と定期的にって感じかな?でも会うことはなかった。
久しく女の子とメールなんてしてなかったけど、メールだと本当楽しく話せた。
どうやら彼女は本気で俺のいる大学を目指すことにしたらしい。

俺はといえば、板尾と一緒にコミケに申し込んで、
本格的に同人を始めることにした。
それが、大学1年の夏だった。

after that, I began texting to Soniko
kinda periodically I guess? but didn’t see her in person
didn’t text with a girl in ages but I could enjoy talking with her through mails
looks like she decided to go for my collage seriously

as for me, together with Itao, decided to apply for Comiket(biannual doujin books fair) and begin drawing doujin books officially
that was my second year in uni

109 :華丸:2011/12/12(月) 04:00:32.50 ID:C73jG/nL0
さすがに人減ってきたかな?

俺はそれから板尾と一緒にコミケに向けて頑張ることにした。
各自一冊ずつ本を刷ろうってことにした。
板尾は上手いから個人でイラスト本刷っても多分全然イケる。
でも俺はまだまだ…って感じだった。

板尾は親友だけどそれ以上に憧れや妬みもあった。
板尾くらい上手く描きたい…そう思った。

guess everyone’s leaving now?

then I decided to do my best for Comiket, together with Itao
we decidet to publish separately
because Itao was really good, he’d be okay on his own
but I was not good enough, not at all

Itao was a close friend, but at the same time, I envied and adored him
wanted to draw like Itao, I thought

110 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:01:27.16 ID:GQSvVsZpO
みてます

I’m watching

111 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:03:09.42 ID:/igzkP0g0
眠れないー


can’t fall asleep~

112 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:05:21.58 ID:P77FgRo90
いきなり一冊はきついだろ?

ページ数決めて、イラストの質上げるほうが良いと思うけど

finishing a whole book must be hard at the very first try

you better fix the number of pages and make it better in quality

113 :華丸:2011/12/12(月) 04:07:03.45 ID:C73jG/nL0
>>110 >>111 ありがとう!

この頃割と板尾に対してただの親友って感情以外も、
絵に関わると妬みとかの感情も抱いてた。
馬鹿だなぁって今になって思う。俺は馬鹿だった。
でもちょっと上手くなってきて初心者の頃と違うから、
色々分かっちゃうんだよね。それが辛かった。
大学1年の夏~秋は毎日泣いて絵を描くこともあった。

板尾に追いつきたいって、すごい必死だったとおもう。
絵を描くのが辛かったな、この時は。
もう当初の目的とかも忘れてたよ。

>>111
thank you!

around this period, other than friendship, I bore feelings like jealousy against Itao when it came to drawing
looking back now, I think I was an idiot, actually I was
but getting a litle better, I kinda started to understand various things I didn’t when I was a total novice, that was tough
from summer in the freshman year to autumn, I even drew while crying everyday

because I wanted to catch up to Itao so bad, I was trying really hard
back then drawing was not fun
I already forgot the original goal too

114 :華丸:2011/12/12(月) 04:08:51.48 ID:C73jG/nL0
>>112 まあそうなんだよね。過去の俺に言ってやりたいw

>>112
right, wanna tell my past self lol

115 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:09:58.02 ID:GQSvVsZpO
今言われてもねw

この頃は1日何時間くらい描いてたんですか?

yeah you can’t do anything now lol

how long a day did you draw this peiod?

116 :華丸:2011/12/12(月) 04:13:00.41 ID:C73jG/nL0
俺にとっては、絵に関して言えば板尾が全てだった。
板尾がいなきゃ絵に出会えなかったし、立ち直ることすらなかったかもしれない。
だからこそ壁に感じてしまった。
板尾「そんなに焦らないで、自分なりの絵を探せばイイよ」
そう言ってアドバイスしてくれた。
でもそれすらも焦れったく感じた。
よく、優等生な兄弟に劣等感抱く人とかいるだろ?
多分そんな感じだったんだと思う。
必死こいて、板尾がびっくりするような本を描こうと頑張った。

for me, Itao was everything in terms of drawing
without him, I couldn’t have met drawing and probably come back again
ironic enough, that was why he was like a wall for me
Itao “no rush, you should find your own way of drawing”
that was advice from him
but even that was frustrating to me
it’s kinda common that a boy envies his successful bros isn’t it?
guess it was like that
working my butt off, I tried to draw a work that would surprise him

117 :華丸:2011/12/12(月) 04:14:51.64 ID:C73jG/nL0
>>115 大学サボることもけっこうあったし、一日10時間は描くようにしてたと思う。
でもその割に全然上手くならないから焦ってたんだと思う。

>>115
I often skipped collage so like 10 hours a day I guess
but I didn’t get better at all so I felt frustrated

118 :華丸:2011/12/12(月) 04:18:54.21 ID:C73jG/nL0
この時、俺は辛くなった時、板尾じゃなくて
割とそに子にメールとかするようになってたと思う。
元々絵がきっかけで知った子だったし、絵のことを相談しやすかった。

そして、コミケには落ちていた。板尾は落選した。
サークル参加はできなくなった。
なので、板尾の大学の友人のスペースに委託で本を置かせてもらうことにした。
サークルチケットも3枚あるので、俺と板尾と板尾の友人の3人で
売り子はできそうだった。

that time, I came to text Soniko when I wanted someone to hear me, not Itao
I mean I met her through drawing in the first place so she was easy to talk about drawing with
and I didn’t qualify for Comiket(you gotta be chosen through the lottery to sell your books)
Itao didn’t either
we couldn’t join Comiket as circle(a group of people selling their books, they are allowed to have their own booths)
so we asked an Itao’s friend to sell our books at his booth
we got three circle tickets so looked like we could sell in there

120 :華丸:2011/12/12(月) 04:25:06.76 ID:C73jG/nL0
初めての同人誌制作はなかなかキツかった。
板尾に色々教わりながら、印刷所のことや原稿の形式とかを覚えた。

ジャンルは創作だった。これは絵を描き始めた時から決めてた。
オリジナルの女の子を描く。
俺は20ページ、オンデマンドでフルカラーのイラスト本を刷った。
50部。果たしてはけるのか。
板尾はオフセットでフルカラーのイラスト本を100部。
お互いはけるかどうか凄い不安だったと思う。

I had big trouble making my first doujin book
I learned many things from Itao like printing offices or manuscript formats

genre was fiction, I settled for this when I bagan drawing
drawing my own original girls
I made a 20 page full color book through on demand printing

50 copies total, I wonder if it’ll be sold out
Itao prepared 100 copies of full color illustration book through off set printing
guess we both were really worried about if we’d be sold out

121 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:27:05.00 ID:P77FgRo90
三桁はよほどいい絵が描けないと無謀

three digits is recless unless you can draw really well

122 :華丸:2011/12/12(月) 04:28:15.52 ID:C73jG/nL0
今思うと、なんでこの時二人で合同本を出さなかったのか
それが今でも分からない。
自然にそうなってしまって…この時は二人で個人本を出すことになっていた

そに子は、なんとコミケに来てくれると言った。
実はあれから一度も会っていない。
こっちは絵を描くのに必死だし、こっちから会おうなんて言わないし…
向こうは向こうで受験勉強ですごく忙しそうだったからだ。

looking back now, I’m still not sure why we didn’t make a joint work
going with the flow, we decided to draw separately

surprisingly Soniko told me she’d come to Comiket
to tell the truth, I hadn’t seen her since then
I mean, I was desperate to draw and I wouldn’t try to see her myself…
plus she looked super busy studying for entrance exams

123 :華丸:2011/12/12(月) 04:29:52.08 ID:C73jG/nL0
このへんでエピソードのやっと3分の1終わったくらいです。
すいませんこの話けっこう長いです。

now it’s about one third of the whole story
sorry but this is kinda long

124 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:30:10.78 ID:6vWNeKvei
頭痛くなってきたからねるるノシ

now my head hurts so I’ll go to bed

125 :華丸:2011/12/12(月) 04:34:42.06 ID:C73jG/nL0
5時まで書き続けたら一旦休憩して、また明日の夕方くらいに再開します。


コミケの直前、12月の終わりくらいに嫌なことが起こった。
俺はコミケムード、そに子のこと、完全に浮かれていた。
アイツから連絡があったからだ。
1年半も音信不通だったのに。

today I’m gonna post till 5am then take a break before resuming tomorrow evening


right before Comiket, around the end of December, something nasty happened to me
with the upcoming Comiket and Soniko, I was totally elated
but suddenly, the woman made contact with me
even though she had been silent for one and a half year

126 :華丸:2011/12/12(月) 04:37:12.44 ID:C73jG/nL0
美保「久しぶり、元気?」

メールだった。
ちなみに俺は中3の頃からアドレスを変えていない。

なぜこのタイミングで…?
俺はとにかく嫌な予感がした。
返信を返すべきか、2日くらい迷ったと思う。

Miho “it’s been a while, you good?”

she texted me
just so you know, I haven’t changed my email address since 9th grade

why now…?
it was really ominous
spent like 2days wondering if I’d be replying

128 :華丸:2011/12/12(月) 04:41:22.44 ID:C73jG/nL0
それと同時に、コミケ前だというのに凄く体調を崩した。
メシが食えなくなった。あの時と同じである。
トラウマって、やっぱすげーんだね。

さらに、知ってる人は知ってると思うんだけど
この年のクリスマスイブにフジファブリックってバンドのボーカルが亡くなったんだよ。
すっごく好きなバンドだったから俺はそれも凄いショックで、
クリスマスは家で一人で寝込んでたんだよ。
本当この年のクリスマスは色々と最悪だった。

at the same time, I got sick ahead of Comiket, just my luck
couldn’t eat, just like that time
trauma was really somehing after all
plus, I guess some of you know it but this year on Christmas eve, the vocalist of a band called Fujifabric(a Japanese band) passed away
I really loved the band so that was totally shocking to me as well, I was sick in bed alone on Christmas
really, this year’s Christmas was a nightmare in many ways

130 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:43:50.16 ID:P77FgRo90
しかし、怖ええ女だな


well, such a scary woman

131 :華丸:2011/12/12(月) 04:47:56.79 ID:C73jG/nL0
とりあえず俺は、
「元気にしてるよ」
とだけ返しておいた。返信しないならしないで角が立ちそうだったからだ。
でもこの選択でのちのち色々面倒なことが起こるのだが…

俺はこの時初めてそに子に電話してみた。
勇気を出して電話したと思う。それほど何かにすがりたかった。

書くほどでない内容のことを話しただけだと思う。
勉強頑張ってる?とかコミケなんて来て平気?とか。
そに子はひたすら、「なんとかなるんだよ」
としか言わなかった。
この時のこの一言にすごく元気づけられたのは今でも覚えてる。

“I’m good” I just replied anyway
I mean, I thought not replying to her would be kinda rude to her
but later, this call ended up causing tons of trouble for me…

then I called Soniko for the first time
guess I mustered up courage to call, that’s how much I wanted to rely on someone

think we just talked about random stuff not worth mentioning
like how’s your studying coming along? you okay with coming to something like Comiket? or something like that
Soniko just repeated “it’s gonna be okay”
I still remember how the words of her encouraged me

132 :名も無き被験体774号+:2011/12/12(月) 04:50:24.00 ID:ze7E89Fc0
稀に見る良スレだな
俺も1とタメだが女にストーカーされたのはトラウマだな

a good thread you wouldn’t see everyday
I’m the same age as OP but being stalked by a woman sure is traumatic

133 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:51:06.75 ID:IDvoJwKJ0
追いついた。
がんばれ

caught up to you
I’m rooting for ya

134 :華丸:2011/12/12(月) 04:52:01.57 ID:C73jG/nL0
>>132 >>133 ありがとう、ありがとう。最後まで頑張るからどうか付き合ってくだされ

>>132
>>133
thanks thanks, I’ll do my best till the end so pls accompany me

135 :華丸:2011/12/12(月) 04:54:40.07 ID:C73jG/nL0
「異性不信」だった俺を、そに子が現れたことによって
ただの「美保不信」に変えてくれたのかもしれない。

とにかく俺の中でそに子の存在はどんどん大きくなっていった。
そう、もうこの時点でだいぶ異性不信はイイ方向に向かっていた。
あの時、美術部に思い切って籍を入れて良かった。
展示会に出て良かった。

maybe Soniko showing up changed my “gynophobia” into just “Miho-phobia”

anyway Soniko was getting more and more important to me
yes, at this point, my gynophobia was really changing for the better
I was glad taking a chance and joining the art club that time
I was glad joining the exhibition

136 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 04:54:53.70 ID:CQ6F6M0FO
1の文章が上手い故にトラウマ女に吐き気をもよおして来たが最後まで見るぞー

cuz OP’s sentences are good the woman is so traumatic that I almost puked

137 :華丸:2011/12/12(月) 04:58:55.81 ID:C73jG/nL0
>>136 ありがとう。

俺はそに子のお陰でなんとか点滴を打つまでにならずに済んだ。
病は気からとはまさにその通りだ。
今は板尾もいるしそに子もいる。なにせ絵だってある。
俺は意気揚々とコミケ当日を迎えた。

自分の本が早く見たい。苦労して描いた。
どれくらいの人が俺の本を見てくれるかな。
憧れの作家さんに会える。
そに子は本当に来るのかな。

もう、なんていうか楽しみなことしかなかった。

>>136
thank you

thanks to Soniko, I didn’t have to take IV drips this time
indeed your mind controls your body
now I’m with Itao and Soniko, and drawing of course
Comiket finally came with me feeling chipper

realy wanna see my books early, wroked my but off drawing
I wonder how many people will see it
can see illustrators I adore

like, only fun tings were there
138 :華丸:2011/12/12(月) 05:06:33.56 ID:C73jG/nL0
ビッグサイト到着。
みんな大好き国際展示場である。

俺、板尾、板尾の友人の三人は、サークル参加。
サークル入場だからスムーズに入れるのである。
やぐら橋の前にはものすごい数の人の群れがある。

板尾「うはwwwこれ全部一般参加かwwwすごいなwww」
友人「あっちにはホストっぽい集団もいるよ…あれオタク?」
「色んな人がいるんだね…w」
見た目完全なオタクからホストっぽいイケメン集団まで、なんていうか本当に
色んな人がいた。なにより人の多さに圧倒された。

and it’s Tokyo International Exhibition Center(aka Tokyo big site, Comiket venue) everyone loves
me, Itao, and Itao’s friend, the three of us joined as circle
thus we could get in without a hitch
a huge crowd of people was seen in front of the Yagura bridge

Itao “wew lool so they are all general visitors loool amazing loool”
friend “a host(guys entertaning women at bars or clubs) like guys out there…, are they otakus too?”
“various people are here… lol”
from completely otaku looking otakus to host looking handsome guys, I found really different kinds of people out there
more than anything, I got overwhelmed by the huge crowd

140 :華丸:2011/12/12(月) 05:12:27.80 ID:C73jG/nL0
スペース…!!俺達のスペース…!!
俺たちは創作ジャンルだったから西だった。
とりあえず机の上にあるビラをどけて、椅子を下ろして…
スペース作り。俺も板尾も興奮気味。
板尾「ちょwwwダンボール来てるww俺の本www」
「落ち着けよwwあ、俺のもあるよ!ww」
友人「…w」
板尾の友人は経験者なので、至って冷静だった。

booth…!! our own booth..!!
because we were fictional, it was in the west disrict
putting the flyers on the desk aside anyway and putting down the chairs…
setting up the booth, Itao and I were both really interested in it
Itao “hey loool cardboard boxes here loool my books loool”
“just calm down lool oh hey, my books here as well!! loool”
friend “…lol”
Itao’s friend was experienced so he wasn’t freaking out

142 :華丸:2011/12/12(月) 05:17:37.32 ID:C73jG/nL0
コミケ行ったことない人は分かりにくいかもしれないけど
コミケはサークル参加者ってのがいわゆる本を売る側。
スペースって言って自分たちの場所が与えられてそこで本を売る。

一般参加者の人たちはそれを購入しに来る人達のこと。
ちなみに俺と板尾はこのコミケの前の夏コミに二人で一般参加した。
板尾はひたすら創作を、俺は創作ととらドラとかの同人を漁った。

maybe it’s kinda hard for inexperienced guys to understand but circle participants are guys selling books
they are given their own booth to sell books

general visitors are people coming to the booths to buy books
just so you know, Itao and I joined the summer Comiket before this one as general visitors
Itao was just searching for fictions and I was looking for fictions and doujins of manga like toradora!

143 :華丸:2011/12/12(月) 05:24:48.83 ID:C73jG/nL0
初めて自分の本を見た時の感動はすごかった。言葉に出来ない。
これが…これが俺の初めての本…呆然とした。

その後俺は、コミケが開場する前の準備時間にひたすら憧れてる
作家さんのところに挨拶へ行った。
絵を描く上で影響になった人は数多い。

そして、スペースに戻って
「おい、板尾」
板尾「お、どした…今ポスタースタンド立てるのに手こずって…ハァハァ」
「いつもあなたの絵見てます、憧れです。これ、僕が描いた本です、良かったら…」
板尾「なにそれwwww」
「」
板尾「はいはい、ありがとう。これ、俺の本。俺だって華丸の絵は好きだよw」

俺たちは何やってんだw

seeing my book for the first time was really overwhelming, couldn’t describe it with words
ths…, this is my first book…, I was left speechless

later I went to greet as many artists I adored as possible in prep time
many people affected me in terms of drawing

then going back to the booth,
“hey Itao”
Itao “what’s up, now I have trouble setting up the poster stand…”*pantpant*
“I’m a fan of your drawing, I adore you, this is my book, if you want…”
Itao “what’s that all about lool”
“”
Itao “yeah yeah thanks, and this is my book, here, I like Hanamaru’s drawing as well lol”

what are we doing here lol

144 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 05:26:24.94 ID:GQSvVsZpO
師とライバルと友人全て兼ね備えてる板尾いいなぁ

Itao is a god guy with all the coach, rival, and friend elements

146 :華丸:2011/12/12(月) 05:27:05.55 ID:C73jG/nL0
さて、みんなありがとう。さすがにもう見てる人は減ったよね?
そろそろ、今日の夕方に持ち越しますか…

well then, thanks guys, guess now no t so many guys are watching right?
I’ll carry it over to evening…

147 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 05:30:47.20 ID:Speg+5ny0
>>146
お疲れ様ー
楽しみに待ってるね

good work, I’m looking forward to it

148 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 05:33:16.39 ID:GQSvVsZpO
乙です

good work

149 :名も無き被験体774号+:2011/12/12(月) 05:35:19.75 ID:ze7E89Fc0
お疲れ
続き楽しみにしてるノシ

good work, I look forward to it

150 :華丸:2011/12/12(月) 05:45:46.74 ID:C73jG/nL0
みんなありがとう、では一旦休憩します。
また今日の夕方あたりに~ノシ

thank you guys, I’ll take a break here
wll be seeing you again today’s evening~

151 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 11:00:12.07 ID:NcucXF050
やっと追いついた!また見にきます。続きが気になる…文才もある>>1の同人誌読みたくなってきたw


finally caught up to you! I’ll come again, really look forward to it, such a skilled writer, also wanna read OP’s doujin books lol

152 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 12:38:14.97 ID:V7u3SwGI0
寝る前に見かけて気になってたので昼休みに一気に読んだよ!
続き楽しみにしてます!

found this thread before bed and got interested in it so I went through all the posts in lunch break!
I’m looking forwrd to the next chapters!

153 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 16:19:16.61 ID:C73jG/nL0
みんなこんにちは~ >>151 >>152 ありがとう。是非最後まで付き合ってください。
今回から名前にトリップをつけることにしました。

ではぼちぼち続きを書いていきましょうか。

>>151
>>152
thank you, pleas accompany me till the end
I’m gonna put on trip starting this post

then I’ll start soon

154 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 16:23:35.35 ID:C73jG/nL0
とにかく、俺と板尾にとっては初コミケってこともあって本当に緊張だった。
スペースの準備が終わると、いよいよコミケ開始である。
「…只今より、コミックマーケットを開催致します」
パチパチパチパチ…!!
場内アナウンスと共にコミケが始まった。

板尾「うおお…始まるんだな…」
「こええ…」

anyway, it was the first Comiket for both Itao and me so we were really nervous
finished set up of the booth, Comiket was finally underway
“we announce the Comic Market starts now”
*clap clap clap clap…!!*
with the announcement, Comiket began

Itao “woah, so it’s finally starting…”
“getting cold feet…”

155 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 16:28:35.17 ID:C73jG/nL0
「…ォオオオオ……!!」
遠くから地鳴りのようなものが聞こえる。
板尾「これが…俗に言う…!開幕ダッシュ…!!」
友人「なんだよそのテンションw」

こういったものを味わえるのもサークル参加の面白いところであった。
果たして、俺たちの本を買ってくれるお客さん第一号はどんな人なのか。

ドキドキ…女性がいるわけでもないのにやたら動悸がした。
正直けっこうしんどかったけど、板尾たちには黙っていたのはいい思い出だ。

“…oohhhhhh…!!”
a rumbling noise was heard from a distance
Itao “this is…so called…!opening dash(Comiket visitors dashing to their target booths with the opening announcement)…!!”
friend “what’s up with the tension lol”

being able to enjoy this kinda thing as well was a good part of being a circle participant
I wondered what kind of person would be the first to buy our books
though it was not like women were around, my heart was throbbing hard
to tell the truth, it was kinda tough but didn’t tell Itao and his friend, a nice memory

157 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 16:39:30.67 ID:C73jG/nL0
開幕して5分、10分…くらいだったか。板尾は割と自身のサイトでも宣伝していたことがあり
早々に一発目が売れた。
俺・板尾・友人「ありがとございます!」
人のよさそうなお兄さんが買っていった。

板尾「おお、お…売れたぞ…この手で…直接…売った…」
板尾は感極まっているようだった。

5 minutes into the event, or maybe 10 minutes, because Itao made some publicity on his website beforehand, his first was sold soon
me, Itao, friend “thank you for your patronage!”
a modest looking guy bought it

Itao “oh, he bought it, my own book…, in person
he seemed deeply touched”

158 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 16:44:18.55 ID:C73jG/nL0
俺もただ感動していた。
本当に、自分の絵を気に入ってくれた人に
直接向い合って、直接自分の作品を渡す…

板尾はやっぱり繁盛で、すぐに二人目が来る。
「板尾さん…ですか?いつもサイト拝見してます…」
俺たちと同年代くらいの、若い男の子だった。
板尾「マジですか…ありがとうございます…!」

その時の板尾の笑顔がとても嬉しそうで、今でも時々フラッシュバックする。


me as well, just imressed through and through
giving your work to a person who really loves it face to face, in person
Itao was popular as expected, second customer came before long
a young boy around my age
Itao “you seriously…thank you for your patronage…!”

the smile on his face, so happy that even now I rember it

163 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 16:57:31.26 ID:C73jG/nL0
俺は予想以上に落ち着いた。
このまま仮に一部もはけなくてもいいな、なんて思い出したのを
今でもよく記憶してる。

でも、そんなことはなかった。
俺はこの時サイトやPIXIVで雀の涙ばかりの宣伝をしていた。
それが功を奏したのか。

俺より一回りの歳の離れた男性だった。
客「あなたが華丸さん…ですか。新刊一部お願いします」
「え、おお…は、ハイありがとうございます…!」

unexpectedly I calmed down
even now I remember well how I started to think I didn’t have to be sold out
but that wasn’t the case
I also made a little pulicity on my site and PIXIV, just a drop in the bucket though
maybe that did the trick

it was a man like ten years older than me

customer “so you are Hanamaru san, a copy of the latest issue please”
“wha…, oh, ye-yes! thank you for your patronage…!”

165 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:02:15.55 ID:C73jG/nL0
客「楽しみにしてました(ニコッ」
そう言ってその方は去っていった。
記念すべき、初めてのお客さん。
この記憶はもう一生忘れられないだろう。

「ちょちょ…み、見た!?俺の本!!売れた!売れたよ!!」
板尾「良かったなあ。ほんと、俺たち頑張ってよかったなあ」

自分の描いた絵を、誰かが確かに見ていてくれた。
その事実が本当に嬉しくて、感極まった。

この時の体験が、のちの俺を支える本当に貴重な体験だった。

customer “I was looking forward to it(smile”
with that coment, he left
the commemorative first customer
I wouldn’t forget this moment forever

“he-hey, you see that? my book! it’s sold! it’s sold!”
“I’m happy for you, really, it’s worth our efforts”

surely, someone was seeing the pictures I drew
I was so happy about that fact, I was really impressed

this experience was so precious, it’s still supporting my life

168 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:08:24.62 ID:C73jG/nL0
なんやかんやで、板尾の本はペースを保ち続けて売れていった。
流石である。
俺はといえば鳴かず飛ばずかと思えば、案外ぼちぼち売れていった。
昼過ぎ…くらいだったか。

そに子が来た。本当にきてくれるなんて…
実に半年ぶりの再会であったが、すぐに気付いた。
ドキッとした。でも普段の動悸とは違うものだってすぐ分かった。

Itao’s books were constantly sold after all
nothing less expected from you, Itao
as for me, I expected no one to buy it, but I was wrong, actually it was sold occasionally
guess it was around past noon

Soniko stopped by, she actually did…for us…
it’d been 6 months since we last saw each other but I recognized her on sight
my heart raced, but it was different from throbbing I always had, I was sure of it

171 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:13:56.43 ID:C73jG/nL0
彼女自身、けっこうなオタでコミケには来ようか迷っていたらしい。
そして俺もいるし、結局来る決心をしたんだとか。

そに子「新刊一部、ください」
彼女は笑いながら言った。
俺も吹き出して、
「いやいや、お金はいりません」
なんて言ってそに子に本を渡した。
そに子「うわ、すいません…ありがとうございます…」
急に真面目になるそに子。

seemed like she herself was a kinda hard core otaku, so she was on the fence about going to Comiket before meeting me
she decided to come because she would meet me as well

Soniko “a copy of the latest issue please”
she said while laughing
I followed suit
“no money needed”
then gave it to Soniko
Soniko “woah, I’m sorry…thank you very much…”
suddeny an all reserved Soniko

172 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:19:31.82 ID:C73jG/nL0
板尾「これはこれは、可愛らしいお客さんだね。知り合いなの?」
「いや、ほら、いつも言ってる…」
板尾はすぐに察してニヤッとした。
そに子は赤いマフラーを巻いていたが、そのせいか顔も赤くなっているように見えた。

板尾「あなたがそに子さんか…!話は聞いてるよ。
これ良かったら俺の本、あげるよ」
そに子「あ、とっても上手い…!!」
俺は少し嫉妬したw

Itao “well well, such a cute little customer, an acquaintance of yours?”
“well, you know, I’m always talking about…”
Itao got my drift in no time then grinned
probably because of the red scarf Soniko wore on her neck, she seemed to blush

Itao “so you’re that Soniko san! I heard a lot from him
here, my book if you want”
Soniko “woah, you’re really good…!”
I was kinda jelly there lol

175 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:25:03.48 ID:C73jG/nL0
板尾「そに子さんは、この後ヒマなの?」
そに子「ええ、まあ…w適当に見て回って、帰ろうかなって。
今まで勉強詰めだったので、今日くらいは少しだけ遊んじゃいますw」

そういうと板尾がコッチをぎろっと見た。
言いたいことは分かっていた。

Itao “so you free from now, Soniko san?”
Soniko “well, kinda…lol just gonna look around and go home
cuz I was just studying these days so gonna enjoy myself only today lol”
then Itao glared me down
I knew what he was trying to say

176 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:29:41.45 ID:C73jG/nL0
この日、俺たちはコミケが終わったら
俺と、板尾と、友人の三人でメシを食おうってことになってた。

それで俺と板尾は地元が一緒。
時分は年末も年末。
なのでそのまま二人で帰郷しよう、という流れになっていた。

そして、板尾はそのコミケ終わりの三人のメシに
そに子も呼べ、と言いたかったのだろう。

this day, we were supposed to go outside to eat, me, Itao, and his friend, three of us

plus me and Itao were from the same city
it was the end of the year through and through
so we decided to return to the city together after Comiket

so I think Itao tried to tell me to invite her to the 3 man meal after Comiket

178 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:35:32.28 ID:C73jG/nL0
そに子は元々私大志望だったし、センター試験があまり関係ない。
なのでまだそれなりに余裕があったんだろう。

「あ、あのさ…そに子ちゃん」
そに子「…はい?」
顔が見れない。色々と辛かった。

「コミケ終わったらさ、俺たちメシ食いに行くんだけど…
良かったらさ、そに子ちゃんも来ない?…ほ、ほら勉強とかも教えられるじゃん」
最後の一言は余計だった。でもこうやって言い訳したのを覚えてる。

Soniko was aiming for private collages so didn’t have to do worry about Center exams(University Center Exams, national tests you gotta take before secondary tests of national universities)
so I guess she had some time

“he-hey, Soniko chan”
Soniko “…what is it?”
couldn’t look at her face, it was tough in many ways

“after Comiket, we are supposed to go out to eat…
you wanna join us…, if you want…? I mean, I can be some help for you studying
no need for the last sentence, but this was how I asked her, I remember that

179 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:43:02.56 ID:C73jG/nL0
そに子「いいんですか…是非ご一緒したいです!」
嘘みたいに笑ってくれた。
ビックリして心臓止まるかと思った。

そに子「それに…一応勉強道具とかもあるんですよね
なんか必要ないけど普段から持ち歩いちゃう…この気持ちわかりません?w」
(マジか…そこは冗談だったんだけど…さすが受験生…)
板尾「決まりじゃん。じゃあ閉会までまだ時間あるし見たいとこまわっておいでよ」
「そうだね…寒いし、風邪引かないように暖かくしてね」

そに子「閉会時間頃にまたここに来ますね!」

Soniko “is it okay…? I’ll take you up on the offer!”
she laughed like crazy
it was so surprising that my heart almost stopped

Soniko “plus, I brought some study materials with me, just in case
actually I don’t need them but kinda wanna carry them, don’t you get this feeling? lol
(seriously…, I was just kidding though, she really is a collage prep student…)”
Itao “it’s setled then, still some time before its closing so go look around”
“yeah, it’s cold so be careful not to catch a cold”

Soniko “I’ll drop by again around the closing time!”

180 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:47:48.00 ID:C73jG/nL0
そういえば板尾の友人は何をしていたかと言うと
彼は新刊を落としてペーパー頒布だったので、終始俺らの売り子を手伝ってくれていた。

板尾「すっげえいい子じゃん、顔赤くしちゃって」
「そうだね…」
板尾「お前にはもったいないな。で、トイレ行かないの?」
「いや、全然快調。吐き気とかしないよ」
板尾「成長したな」

by the way, if you wanna know what the friend of Itao was doing, I’ll tell you
because he didn’t make the deadline for his laest issue and just passed out flyers, he helped us sell books all the time

Itao “such a good girl, she blushed”
“yeah…”
Itao “wasted on you, then don’t you go to the restroom?
“nope, I’m just fine, not nausey”
Itao “you got better huh”

183 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:52:09.39 ID:C73jG/nL0
午後も2時くらいになった頃だったろうか。
板尾の本が完売した。
あいさつ回りにも行ったから、実質80部くらいだったと思う。

板尾は泣いていた。ぐしゃぐしゃになってた。
俺も泣きそうになったが耐えた。

俺の本も実質40部弱、そろそろ完売しそうだったからだ。

guss it was around 2pm
Itao was sold out
because he greeted other authors and gave away so it was about 80 copies technically

Itao was crying, his face all crumpled with tearsI almost cried as well but didn’t

you know, about 40 copies, I was almost sold out

184 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 17:56:32.88 ID:C73jG/nL0
板尾は昔から熱い奴だった。
高校で出会って、バレー部で3年間共にして。
自分の感情には素直な奴だった。

間違いだと思ったら、例え相手が先輩でも食い下がるし。
試合に負けたりしたら大泣きして、勝ったらお祭り騒ぎをする。
そんなヤツだった。

完売したら板尾は泣くだろうなあと予想していたけど
やはり俺もつられて泣きそうになる。
でも頑張って耐えた。

Itao was such a hot blooded guy from long ago
together with him three years on the same volleyball team in high school, he was always true to his feelings

when he thought it was wrong, he used to cross even senpais
crying out after defeats and having a riot after victories
that kind of guy

I thought he’d cry when he was sold out,
but when he actually did, that mede me almost cry too
but I did my best not crying

189 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:07:41.79 ID:C73jG/nL0
その直後だったかな…けっこう時間経ったのかな…
よく覚えていないけど
俺の本もその時を迎えた。

俺の最後の一冊を買ってくれたのは
俺より一回り小さいくらいの女の子だった。
名刺を渡してくれたのを覚えてる。

「あ、ありがとうございます…!最後の一冊です…!」
女の子「本当に?やった、ラッキー。これからも頑張ってくださいね」
か、完売した…!?


it was right after that? or maybe some time passed? I don’t remember well but
my books also hit the moment

the last to buy my book was a little girl, probably like 10 years younger than me
I remember she geve her business card to me

“th-thank you for your patronage…! it was the last copy…!”
girl “what, really? lucky me, all the best to you and your next works”
a-am I sold out…?!

191 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:13:34.17 ID:C73jG/nL0
「か、完売しました…」
パチパチパチ…!
周りのスペースの人たちが拍手をしてくれた。
隣の方「若いのによくやったねえ。おめでとう」
「あ、ありがとうございます…うえ…」
「い、板尾ぉ…」
板尾「おう、よくやったな…俺たち…うええ…」
二人で大泣きした。
よく覚えてないけど、けっこうな時間泣いてた気がする。
でも一瞬だった気もする。
もうよく覚えてないなあ…

その間板尾の友人が笑いながらスペース片付けたり、
「スケブする?」とか聞いてきた気がする。

“I-I’m sold out”
*clap clap clap clap…!*
circles around our booths clapped for me
person next to us “you’re so young but did a good job, congrats”
“th-thank you very much, uee…”
“I-Itaooo…”
Itao “yeah, we did it… ueee…”
we cried together like crazy
don’t remember well but I think we were crying for long
but maybe it was not that long
don’t remember well…

during that, the friend of Itao was closing the booths while laughing, and he asked us if we’d do sketchbooks(to draw some pics for customers who bought works for free)

192 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:18:57.68 ID:C73jG/nL0
俺はこの時、
コミケ前に絵が上手くいかなくて板尾に少しイライラしていたのを悔いた。
やっぱり板尾はすごいし、憧れ。
でも俺は俺なりの絵を描けばいいんだと、思えた。
そうなるともう嬉しくて仕方なかった。

それ以上に、こんなにも一緒に感動を共有できる板尾のことを
一瞬でも「アイツはずるい」とか「邪魔だ」と感じてしまった
自分が情けなくて仕方なかった。

もう自分でもなんで泣いてんだかよく分からなかった。

this moment, I regreted that I felt frustrated with Itao before Comiket when my drawing was not going well
Itao was amazing and I adored him after all
but it was okay for me to draw my own pictures, I could bring myself to think like that
so I was happy through and through

more than that, I felt really miserable considering how I thought, even for an instance, he was dirty or he was a bother even though he was the existence I could really share the joy and emotions with

at this point, I didn’t know anymore why I was crying

194 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:26:39.75 ID:C73jG/nL0
そのあとは、スペースを片付けて
俺達も少しフラフラした。

スペースでは板尾の友人がスケブを描いていた。
友人「俺はここにいるから、二人は色々見てきなよ」
いいやつすぎる。
コミケも佳境に差し掛かっていたが、作家も、買い手も目を輝かせていた。
この時見た景色は今でも忘れらない。

ビッグサイトの、あのバカ広い会場の中で板尾と二人で歩いた。

then we closed the booth down and looked around a little

at the booth, Itao’s friend were doing sketchbooks
friend “I’ll be here so you can go on ahead without me”
such a nice guy
though Comiket was nearing its finale, both creators and visitors’ eyes were glistening
still unforgattable scenery for me

the ridiculously vast square of Big Site, I walked in there together with Itao

196 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:33:10.96 ID:C73jG/nL0
この日に見たもの、感じたものは、本当に大きかったんだなって
今でも思う。

「以上をもちまして、コミックマーケットを閉会します…」
パチパチパチ…!!
板尾「終わったなあ…」
「いやー気持ちいい」
友人「お疲れさん、二人とも」

even now I think things I saw or felt that day mean a world to me

“now, we declare the end of Comic Market…”
*clap clap clap clap…!!*
Itao “it’s finished…”
“well, feels good”
friend “good work both of you”

197 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:39:39.70 ID:C73jG/nL0
スペースでマッタリしていると、そに子がやってきた。
そに子「ごめんなさい…みんな撤収しちゃってて、迷っちゃいました…」
相変わらず顔を真っ赤にしていた。
「いや…全然大丈夫だよ」
板尾「面白い子だなwそれじゃみんな揃ったし、ここにいるのもアレだから
とりあえずビッグサイトから出るか?」
「腹減ったーメシいこうメシいこう。」

そに子を交えて晩飯タイム。俺は意気揚々としつつ、
いつも通りでいられるか不安だった。

when we were taking a breather at the booth, Soniko visited us again
Soniko “sorry, everyone was closing down so I got lost…”
she blushed, typical
“well, no prob at all
Itao “an interesting girl lol, okay everyone’s ready now and staying here would be a bother so why not get out of Big Site?”
“I’m starving~ let’s grab some food”

dinner time with Soniko, feeling elated yet nervous, can I stay calm as usual?

198 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:44:16.32 ID:C73jG/nL0
俺は、この晩飯のレストランに着くまでの間に一つの事を確信してしまう。

ビッグサイトを出る。
りんかい線に乗る。駅に着く。

俺はその間ずっとそに子を見ていたし、そに子を気にかけていた。
コミケの帰りって、ビッグサイトから国際展示場駅まで、怒涛の人の流れなんだ。
俺はその中で絶対はぐれないようにそに子だけを誘導していた。

自分でも確信してしまった。

on our way to a restaurant, I realized one thing with 100% certainty

getting out of Big Site
hopped on a train of Rinkai Line(a train line with the nearest station to Tokyo Big Site)

during that, I was watching Soniko all along and caring about her
on your way back home from Big Site to Kokusai Tenji-jo Sta.(the nerarest station to Tokyo Big Site), you gotta go with a huge flow of people
in the turbulence, I only tried to lead Soniko not to lose track of her

I myself noticed it

199 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:51:00.95 ID:C73jG/nL0
「ああ、俺この子のこと好きなんだな…」
間違いなかった。動悸がすると言っても今までの異性不信からくるものではない。
異性不信だった俺が、恋である。
俺はそう確信して、ビッグサイトからメシの場所に到着するまでの間、
すごく嬉しくなってしまった。

下手したらもう2度と無理かもしれないと思ってた恋に、
今自分は落ちたんだなあと思うと、ワクワクして、急に嬉しくなった。

それくらい、今までの異性不信にずっと悩んでいた。
そに子にまた直接会って、色々とはじけた気がした。

“so, I like her afer all…”
no doubt about it, indeed my heart throbbed but it wasn’t because of the same old gynophobia
a guy who had gynophobia now fell in love
100% certain of that, I was being really happy from Big Site all the way to the restaurant

considering how I fell in love which seemed imposiible for me, I got excited and elated

that showed how bad I was worried about gynophobia
felt like meeting Soniko in person set me free, in many ways that is

200 :華丸 ◆vk8BsG8fow :2011/12/12(月) 18:56:39.13 ID:C73jG/nL0
着いた先はサイゼリヤ…w
まあ大して時間もなかったし、板尾も疲れてたから
安く、たくさん食べたかったんだろう。

板尾「そに子さんも、絵を描くの?」
そに子「ええ、少し…でもまだまだ下手っぴですよw」
俺「頑張って練習してるもんね。絶対すぐ上手くなる」
板尾「ふーん…なるほど…」

最初のうちはわりと板尾も穏やかな感じで会話を始めた。

our destination was Saizeriya(a popular Italian family restaurant in Japan) lol
I mean, not much time for us plus Itao was beat,
so he wanted to eat much with low budget I think

Itao “you draw as well Soniko san?”
Soniko “yes, a little, but still not any good lol”
me “you working on it real hard right? I’m sure you’ll get better soon”
Itao “hmmm, so that’s how it is…”

at first Itao started talking kinda calmly

201 :名も無き被検体774号+:2011/12/12(月) 18:58:51.53 ID:jc7CDBvS0
なんか雲行きが怪しくなってきたな・・・。

things are getting kinda ugly now…

NEXT THREAD: Keeping on drawing pictures saved my life part2

LINEで送る
Pocket
Share on reddit

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *